見出し画像

モチベーションは1番の敵

私のnoteを見てくださる方、ありがとうございます。

今日は、【モチベーション】というものが、社会人にとって、とりわけサラリーマンにとって1番の敵になるのではないか と思い書かせて頂きます。


【モチベーションとは?】


この言葉、よく使われる方が多いですよね。

意味は辞書をひくと、「人が何かをする際の動機づけや目的意識」というようになるそうです。

シンプルに仕事に置き換えると、

「この計画をやり遂げるぞ」

「休みの日にたくさん遊ぶから乗り切るぞ」

「お客様が喜んでくれるよう頑張るぞ」

といったような目的意識で頑張ることだと思います。


素晴らしいですね。何も目的なくダラダラ毎日仕事している人よりも私は素敵だと思います。

実際に、私もそうありたいなと思います。


【モチベーションがあれば頑張れる?】


いきなり釘を刺すような話をします。

モチベーションを持てば頑張れる ことはおおよその人が理解していると思います。

実際にその経験をしている人がほとんどで、今日もモチベーションを持って頑張れている人が沢山いると思っています。


ですが、私個人の意見はこうです↓

モチベーションは自分を苦しめます

自分を支えてくれるはずのモチベーションですが、このモチベーションで頑張り続けられる人はごく僅かです。

目的意識を持っていた中で、上手くいかないこと、どうにもならないこと、実現可能性が無くなること、などが起こると途端に人はネガティブになります。

目的を見失います。喪失感に襲われます。(大袈裟に言います)

これほどまでに、心理的にアップダウンの激しいものがモチベーションです。このモチベーションに頼ること、期待することほど大きく心の負荷になることはありません。

そのまま上手くいけば別です。ですが、モチベーションを持って上手く行き続ける人はきっと目的が小さいと思います。大きい目的を持つことが素晴らしいなんて言いません。

幸せの価値観は人それぞれです。

些細なことに幸せを感じる人や、大きいことを成し遂げることが幸せの人もいます。

私はあくまで後者であるから書いてます。


【 気分 が1番大切ではないか?】


何か大きなことを成し遂げたい。

簡単ではないものに挑戦したい。

それが自分の目的だと言う方は多いと思います。

モチベーションはアップダウンが激しいが故に、底に落ちると簡単には戻れませんし、毎日は良い様に続きません。


では何が大切だと思うか?

気分】です。

単純ですが、これほど良い薬は無いと思います。

天気が良い、可愛い子がいた、髪の毛がうまくセットできた、上司に褒められた。


なんでも良いです。これだけで気持ちはポジティブになります。ポジティブになった人は、承認欲求を求めて自ら動きます。

モチベーションも細かく分解すれば、この気分という要素も含みます。

私も営業する際は、

「天気が良いから頑張ろう」

「あの人に今日は会いに行こう」

「新しいスーツカッコいいから嬉しい」

こんなことで毎日ポジティブな気持ちを作っています。

ですがそれが毎日頑張るための秘訣です。

「お前はモチベーション高いよな」

違います。だけれども理想は高いです。

理想を追うにもポジティブな気持ちありきです。

ポジティブな気持ちは、その日その時の気分からです。気分は自分ですぐに良くできます。

モチベーションなんていうハードルをあげて、期待して先に起こる結果に一喜一憂しないでください。

もっと楽に考えましょう。ポジティブな毎日は簡単に作れます。


そんな私は、天気が良い から今日も頑張ります。










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
はじめまして。どこにでもいる24歳の社会人です。サッカー道を切り開いてきました。プロを目指すも諦めて就職。サラリーマンを約2年経験し独立。これまでの出来事と、これからの事、日常を綴りたいと思います。