見出し画像

某ハンバーガーチェーンタイプ。あなたはどっち?美容室経営者が陥りやすい罠、そして分かれる2種類のタイプとは?

小林 圭

こんにちは小林です。

今日お伝えするのはとても大切なこと。

美容室の経営者さんについてです。

あなたは美容室の経営を経てお金持ち、もしくはお金に不安の無い生活を、今後していきたいと思っていますか?思っていなければブラウザバックし、他の方の記事を読むことをオススメいたします。



では続きます。



世の中の美容室の経営者さんには2種類のタイプが存在しています。

それは

【美容師経営者さん】

【美容室経営者さん】

です。


そのままですね笑 ではひとつずつ説明させていただきます。


言葉の通り美容師経営者というのは、サロンでプレイヤーとして美容業に励んでいる方です。美容をこよなく愛し、サロンやお客様のために、日々美容業務に勤しみ、新しい技術や新しい商材を追い続けている。

そんな美容師の鏡のような向上心の塊な素晴らしい経営者さん。


もう一つ。美容室経営者とは、美容業務からは一旦離れ経営者という視点でサロンを見守っている経営者さん。


どちらも立派な経営者さんだと思いますが、ある視点で考えた時に両者には大きな違いがありその違いが〝罠〟となります。それは・・・


美容室経営をビジネスとして捉えた時です。


ビジネス視点で考えると【美容師経営者さん】はどうしても不利になってしまします。


「なんでだよ!しっかり利益出してるし、お客様のためになって単価も上がってんだぞ!!」


って思う方もいらっしゃると思うのですが、ビジネス視点で考えると技術や接客を売りにしてはいけない理由があるのです。

それは

モ○バーガーがマクドナ○ドに勝てない理由と同じ

です。

そもそもモ○バーガーはマクドナ○ドと戦ってないのかもしれませんが笑


両者とも言わずも知れた大企業ですが、決定的な違いがあります。

モ○バーガーは日本生まれ。

マクドナ○ドはアメリカ生まれ。だということです。


もちろんモ○バーガーはとても美味しいですし、素晴らしい企業です。私はリスペクトしています。


話はそれましたが、【美容師経営者さん】はモ○バーガー。【美容室経営者さん】はマクドナ○ド。に当てはめる事ができるんです。


勘の良い方はもうお気付きかもしれませんね。

この続きはまた明日。ぜひフォローしていただき続きをお待ちいただければと思います。


※例え話のために2つの企業を出させて頂きましたが、どちらが悪いというお話では無い事をご理解いただければと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小林 圭
美容サロン経営11年で得た経験を元に、この世に一人しか居ない「人」に焦点を当て「人」のための【パーソナルサロン】が誕生!「美容室は水商売」と昔から言われてきた真意とは?賛同してくださる仲間を見つけ一緒にパーソナルサロングループをフランチャイズ展開していく夢を見ています。