見出し画像

【大学生の呟き】【#32】ジョークの定義


ジョークが相手を笑わせる目的で使われているとするのならば、世の中、間違ったジョークが蔓延っているように感じる。


例えば、自分だけが楽しいジョーク。他人を無碍に扱うことで笑いをとったり、場にそぐわない下品さで笑いをとったりするジョークのことだ。

この場合、相手は笑っていることが多いが、それは雰囲気笑いであり、楽しいから笑っているとは言えないような気がする。


また、自分の常識を押し付けるジョーク。僕はこれをKYジョークと勝手に名付けた。

相手にとっては真剣な問題を、場の雰囲気を優先し軽く扱うことで笑いをとるやり口である。

この場合、一つ目の自分だけが楽しいジョークとは違い、その場は盛り上がるのかもしれない。

しかし、真剣な問題を軽く扱われた張本人にとってはどうであろう。どう考えたって無礼極まりない。質が悪いジョークである(ジョークというべきでない)ことは間違いない。


では、これら間違ったジョークを踏まえた上で、正しいジョークとはどのようなものなのか、考察していきたい。


まず、機知に飛んだ富んだジョーク。知識を力に変えたジョークは誰も傷つけることがない点において優れている。

また、わかる人にはわかるという点も面白味があるだろう。わかりづらすぎるものはどうかとは思うが…。


次に、自分の体験を踏まえたジョーク。失敗談などがあてはまる。これもまた、誰も傷つけることがない。

さらに、自分の体験を自身で口にして振り返ることで、失敗なら成功に、成功なら糧に、ブラッシュアップさせることができると思うのだ。

ただし、失敗談に笑いを求めすぎると、自分のことを卑下しすぎて中身のないものになってしまうので注意が必要である。


最後に、相手との掛け合いで生まれたジョークである。コミュニケーションに台本はないからこそ、ひょんなところから笑いが生まれたりする。

そんなジョークは、相手のことを思いやっているから出るものであり、やはりこれも誰も傷つけることがない。


ここまで論じてくると、ある共通点に気が付く。良いジョークとは、誰も傷つけない、空気の読めたものであるということだ。


笑いをとるのに、誰かの笑いを失わせてはいけない。


ハッピーな毎日を送るために、いつでも頭に刻んでおく必要があると思う。



#かねけんの毎日投稿 #毎日投稿 #日常 #雑記 #発見 #大学生の呟き #大学生 #呟き #笑い #心理





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

共感していただけたり、面白いなと思っていただけたら、まずは"スキ♡"をよろしくお願いします😌😌 共感しまくり、面白すぎと思っていただけたら、つぎにフォローをよろしくお願いします🥺🥺 最後に、そんな想いが溢れたら、サポートよろしくお願いします😆😆

毎日投稿頑張ってます🔥
2
早稲田大学に通う大学生です。フォローしてくれたら嬉しいです😆😆心理学を勉強中🖋大学生の呟き、ランキングシリーズ、その他日常や旅行の話等を毎日更新しています〜【夢はオリジナルカードゲームのプロデュース🃏】

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。