見出し画像

少林寺木人拳

正月に買った
初期のジャッキー・チェン主演作品
「少林寺木人拳」(1976年、香港)の
Blu-rayを見ることにした
正月に届いたときは
テレビ放映されたあの日本語吹替を
もう一度見たくて正座して見た
日本オリジナル主題歌である
「ミラクル・ガイ」が流れたときは
感極まったぜよ

ジャッキー・チェン映画は
初期のカンフー映画は東映
ゴールデンハーベスト製作は
東宝東和が配給していたけど
どちらも版権が切れてからは
DVD、Blu-ray、
それからネットで見れるものもすべて
香港公開版だったため
感情移入しにくかった
初めて見たものとは別モノだからさ

版権を巡ってどうやったかは知らない
それで日本公開版を収録した作品が
Blu-rayとしていくつか発売された
この「少林寺木人拳」もその中のひとつ
今日はテレビ放映の吹替ではなく
映画館で公開されたヴァージョン
広東語に日本語字幕
そこに流れる「ミラクル・ガイ」
贅沢すぎてバチがあたらあ
これがAmazonで980円!

父の仇を討つという
カンフー映画の王道パターン
吹替では“だんまり”
字幕では“口なし”と呼ばれる
喋れない主人公、一龍は
基礎ばかりしか教えない少林寺で
酔いどれ和尚、尼僧、
そして洞窟で鎖につながた謎の男に
拳法を習い、やがて木人を倒し
下山を許され、仇探しの旅へ

今思えば洞窟の男は
キリストにしか見えない
香港映画にハリウッドほどの
宗教的なものはあまり感じないけどね
古い作品だから
それなりに画質も粗くノイズも多い
本作を初めて見た中二の頃に
一気に感情を引き戻してくれる映画は
そうそうないぜ
興味ある人はぜひ日本公開版を!

Kazz Yanagawa

#ジャッキー・チェン  #少林寺木人拳
#ブルーレイ #日本公開版

この記事が参加している募集

映画感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
父 Bob Dylan、母 美空ひばりの間に生まれながら世の中に認知されなかった無名のロックンローラー。 50代の地図を描き続ける為WordPress→noteに移住。 愛機はLowden O-25, Martin D-28, Yamaha APX-10S。 愛車はパジェロミニ。