見出し画像

ニセモノを身に着けると他人も不正していると考えるという面白い研究結果

米ノースカロライナ大学の「決断力センター」の驚くべき研究結果が発表されました。

ニセモノのデザイナーサングラスを付けると、心理学的にどんな影響があるかという実験で、実は「周りにみせていること」と「実際にしていること」という不一致を引き起こすという。

「なりすましているもの」と「本物の姿」とのギャップに気付いている時にもつ、不快な心の状態。この「信頼のない、不信」の感情が「行動を偽ろう」と非道徳的な判断を下す原因になる。

そしてニセモノのサングラスを着けている人は「他の人も不正をしたりごまかしている」と見る傾向があるといいます。言い換えると自分自身の「信用出来ない」という感覚や認識が他人に対しても偽った見方となって出てしまうということ。

自分がニセモノなら他人もニセモノとなります。

この偏った見方は他人との関わり方に大きく影響するといえます。

このことから物でも意識でも本物の自分を目指した考えを持つことがいかに大切かが分かります。また、誰かにこのような仕打ちや想いをされたことがあったら逆にその人が偽っていると考えると気持ちも楽になり良いかもしれません。

物も思考もニセモノのままでは害があるということを教えて頂きました。

【 参考文献 】
スタンフォードの心理学講義
人生がうまくいくシンプルなルール

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
栃木在住 人を写すフリーフォトグラファー Instagram https://goo.gl/3PxN6d Twitter https://goo.gl/Gs1Egd

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。