見出し画像

【ビジネス】増収戦略vsコストカット

人が世の中に価値を与えたがっている社会。

ビジネスマンの目標というのは多様に存在するが根本的な共通項として、売り上げに貢献したいというのが、やはりビジネスマンの素直な感覚ではなかろうかと僕は思う。

オペレーションコンサルが行うようなことは、コストカットというのはいわば何かを消すことである。消すことで得られる快楽よりも、作ることで得られる快楽を味わいたいというのが、人の根本的な原理ではないだろうか。


また、プロジェクト全体での期待利益ベースで見てもこの差は明らかである。新規事業立ち上げによる増加と、コストカットによる経費削減を見たときに、明らかに前者の方が効果は継続しやすい。というのも、組織はマーケットよりも、流動的であることが求められるため、マーケットに依拠する事業成績と、組織構造に依拠するオペレーションコンサルでは後者の方が明らかに陳腐化しやすい。

詰まる所、オペレーションコンサルというのは、大晦日の大掃除のような意味合いしかもたない。そして、パラダイムを変えるような組織デザインは、会社の役員クラスの人間だけで成立し、外部の専門家がたずさわることはできないのである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃめちゃありがとうございます!心広すぎます(笑)
3
〚毎週金曜日更新+不定期追加更新〛大学卒業後、会計士としてBIG4で金融・資産運用業界のファイナンシャルサービスに従事。ゲンロンSF創作講座第3期生。【エッセイ】【リンク集】【ビジネス】【経済学】【批評】【小説】の各項目ついて毎週末更新します!たまに英語で書きます!

こちらでもピックアップされています

Work & Economics
Work & Economics
  • 8本

【経済学】【ビジネス】に関係する項目について更新していきます!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。