水島 一輝

ファンタジー小説「理想水郷 ウトピアクアの蝶」を連載中! 一文物語を2018年末までの5年半毎日更新し、2013本制作。有料noteで読めます!小説、ブロガー、Webデザイナー
固定されたノート

[小説・目次]理想水郷 ウトピアクアの蝶 / 完結

作品概要 異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険していく長編ファンタジー小説! 浅葱ほとり、14才が...

小説「理想水郷 ウトピアクアの蝶」完結しました!ありがとうございました!

エピローグ [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

▷目次へ ▷前へ 元の世界に戻ってきたほとりは、海をテーマにした絵を描いた。 出品したコンクールの展示会場で、見たことのある光景の絵があった。 そして、知っている...

6-8.理想水郷へ [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

▷目次へ ▷前へ インボルクの浄火から、三回の満月が過ぎていった。 ほとりはセリカ・ガルテンの立て直し、新しい島の調査に追われる中、久しぶりに明日架の様子を見に...

6-7.ウトピアクアの蝶 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

▷目次へ ▷前へ ほとりは、炎竜から明日架とツバメを救いたかった。しかし、宿してしまった海の力に、ほとりの手は震える。 最後に、ほとりは、自らの羽を広げて飛ぶ。 ...

6-6.インボルクの浄火 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

▷目次へ ▷前へ ほとりは十二の精霊とともに燃えさかる島へ。 そこに襲ってきた炎の巨人は、ツバメだった。炎の剣を振りかざす。 辺りには、小さな炎の蝶人(てふと)た...