河合一彦
営業担当の体験を再定義し、生産性を強化する「Viva Sales」を発表 (2022/6/17、ニュースリリース)

営業担当の体験を再定義し、生産性を強化する「Viva Sales」を発表 (2022/6/17、ニュースリリース)

河合一彦

※米国マイクロソフトからニュースリリースが来ました!

+++++
営業担当の体験を再定義し、生産性を強化する「Viva Sales」を発表

〜Viva Sales が、あらゆる CRM と連携してデータ入力を自動化し、Microsoft 365 や Microsoft Teams 内で AI を活用したインテリジェンスを営業担当に提供〜
+++++

※本ニュースリリースは米国時間2022年6月16日に発表された
“Microsoft announces Viva Sales, redefining the seller experience and enhancing productivity”の抄訳を基にしています。
https://news.microsoft.com/2022/06/16/microsoft-announces-viva-sales-redefining-the-seller-experience-and-enhancing-productivity/

ワシントン州レドモンド — 2022 年 6 月 16 日 —マイクロソフトは、営業担当者向けの新しいアプリケーション「Microsoft Viva Sales」を発表しました。
Viva Salesは、Microsoft 365 と Microsoft Teams の顧客エンゲージメントデータにより、あらゆる CRM システムを強化し、AI を活用して、営業担当が顧客とより密接な関係を築けるよう、パーソナライズされたレコメンデーションやインサイトを提供します。これにより、営業担当は顧客との関係をよりシームレスにパーソナライズし、迅速な成約につなげることができるようになります。

今日のハイブリッドな世界では、従業員は、使用するツール、勤務時間、勤務場所の選択などについて、雇用主により多くを求めるようになっています。これは、特に営業職について当てはまります。
Viva Sales により、営業担当は、Microsoft 365 と Teams からインサイトを取得し、手動でのデータ入力を排除しながら、仕事の流れを中断することなく、AI によるレコメンデーションやリマインダーを受け取ることができるようになります。
Viva Sales は、営業担当がすでに使用しているツール内の適切なコンテキストでインサイトを表示することにより、営業担当の体験を合理化し、時間を節約すると共に、組織に総合的な顧客視点を提供します。

マイクロソフトのチーフコマーシャルオフィサーでエグゼクティブバイスプレジデントのジャドソン アルソフ(Judson Althoff)は次のように述べています。

「未来の営業にとって重要なのは新しいシステムを構築することではありません。営業担当が必要とする情報を、適切なタイミングで、適切なコンテキストで、使い慣れたツール内で提供することで、営業担当の体験を合理化することこそが重要です。
マイクロソフトは、営業担当が顧客とより多くの時間を過ごせることを目指してきました。そのために、Viva Sales によって営業担当の体験を再構築しました。」

The 56 Group の創業者で代表取締役のポール グリーンバーグ(Paul Greenberg)は次のように述べています。

「営業担当は、顧客とつながり、商談を成約するためにデジタルコラボレーションツールや生産性向上ツールを利用していますが、これらのツールで発見された多くのインサイトは CRM に反映されていません。マイクロソフトは、CRM を補完するソリューションを提供することでこの課題に挑んでいます。Viva Sales は、忙しい業務を自動化し、顧客に関する重要な情報を取得し、営業担当の仕事の達成を支援します。」

■営業担当の体験の再構築

Viva Sales は、昨年提供を開始した Microsoft Viva に基づいて開発されています。
Viva は、コミュニケーション、ナレッジ、ラーニング、ゴール、インサイトを統合した従業員体験プラットフォームを提供し、あらゆる個人とチームがどこにいてもベストを尽くせるよう支援します。
Viva Sales は営業担当に特化した初のロールベースの Viva アプリケーションです。

・Viva Sales は、営業担当が仕事をするためのツールを提供すると共に、営業に関わるリーダーシップが必要とするインサイトを提供します。営業担当が作業中に Outlook、Teams、Excel などの Office アプリケーションで顧客をタグ付けすると、Viva Sales が自動的にすべての関連データをレイヤー化した顧客レコードとして取り込んでくれます。
このレベルの顧客エンゲージメントデータの自動取得は、これまで利用できませんでした。
このデータは、CRM で入力し直したり、検索したりすることなく、Office や Teams でのコラボレーション中に、チームメンバーと簡単に共有できます。

・データと AI の活用により、Viva Sales は、顧客と商談を進めるための次のステップをレコメンドし、必要作業に優先順位を付け、営業担当が完全な履歴と顧客とやりとりした資料にアクセスできるようにします。リアルタイムの顧客インサイトにより、それぞれの顧客が購買プロセスのどの段階にいるのか、どのように関係を導いていくべきかをより深く理解できるようになります。

・また、Viva Sales が提供する AI を活用したレコメンデーションは、顧客とのエンゲージメントを強化し、次の最良なステップやリマインダーによるアフターフォローの最適化により、商談の迅速な成約を支援します。
Viva Sales は、昨年秋に発表された Context IQ を利用して、Dynamics 365 や Microsoft 365 といったマイクロソフトのアプリケーションやサービス間で関連コンテンツを連携し、営業担当の作業時間短縮に貢献し、仕事の流れの中に居続けられるようにします。

Viva Sales により、マイクロソフトは、営業担当の体験に特化した、アプリケーションの新しいカテゴリーを創造しています。マイクロソフトは、従業員がすでに使用している生産性を高めるアプリケーションやコラボレーションアプリケーションにおいて、
こうしたタイプのアプリケーションを提供できる点でユニークな立場にあります。
詳細情報は、Official Microsoft Blog https://news.microsoft.com/ja-jp/2022/06/17/220617%e2%80%90introducing-viva-sales-a-modern-way-of-selling-that-brings-together-any-crm-microsoft-365-and-teams/ をご参照ください。

製品の紹介ビデオや画像等は下記をご参照ください。
< https://news.microsoft.com/june-16-2022/ >

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
河合一彦
金沢に帰郷して、大学で「情報リテラシー」を4学科で担当。Facebook内の【情報講座 i学習】でスマホを教科書で実現。 東京時代は、出版社・ベンチャー企業を立ち上げ情報資格やネットワーク・データベース書籍企画、スマホアプリを提供。auの「auスマートパス」の立上げメンバー。