見出し画像

【4/30(木)ウェビナー開催】タイムリーなデータ活用で意思決定の頻度と速度を上げる方法


こんにちは、DOMO古場です。

今回はタイトルの通り、ウェビナーのご案内です。

テーマは

「タイムリーなデータ活用で意思決定の頻度と速度を上げる方法 -データドリブン戦略の全体像-」

ということで、企業のデータ活用・データドリブンの推進において躓きやすいポイントを「システム」「人材」「戦略」の3つの観点でお話しします。

テレワーク中の情報共有・管理についてもお役立ていただける内容かと思います。


・・・と、言ってももったいぶっても仕方ないので、先に結論を公開します!(笑)


【結論】================================================
1.技術進歩により企業の成長が早くなり寿命が短くなっている中、データドリブンで素早い意思決定が必要である。

2.データ活用を阻害するシステムの課題は3つある。
①様々なシステムが導入されることにより、正しくデータを集めて管理することが難しい
②取得可能な非財務データの急増により、データの因果関係を整理・理解することが難しい
③役職・役割によって異なるデータに対するニーズに柔軟に答えることが難しい

3.これらのシステム課題に対してのソリューションは大きく分けて「データマネージメントツールを導入する」「BIツールを導入する」の2つの方向性があるため、
前段のシステムの課題のどこが原因かを見極め、自社に最適なシステムを検討する必要がある。

4.データ活用のプロジェクトの成功の為には、3者のキーパーソン(経営層、ビジネスリーダー、データスペシャリスト)の存在が必要で、
「経営層の積極的な関与」「ビジネスリーダーによるKPI/KGIの整理」「データスペシャリストのスキル」が欠かせない。

5.プロジェクト成功への一番の近道は、小さな成功体験を積み上げていくことであるが、
むやみに着手するのではなく、まずは「4Dモデル」を活用し、最も効果的なビジネス課題を発見することがとても重要。================================================

当日は、市場の変化や他社事例など含めご説明させていただきます。
初めてウェビナーという形式で行いますが、
できる限り質疑応答含め対話型を心がけて開催したいと思います。

ご関心をお持ちいただける方は改めて下記に概要を記載いたしますのでお気軽にお申し込みください。

【概要】================================================

日時:2020年4月30日(木) 11:00 – 12:15

対象者:データ活用プロジェクトを現在行われている、プロジェクト起案に向けて情報収取されている方
 ※個人の方、競合ベンダー様はお断りさせていただく可能性がございます。

当日のアジェンダ:
11時00分~:開始
11時05分~:プレゼンテーション「タイムリーなデータ活用で意思決定の頻度と速度を上げる方法」
11時45分~:ビジネスクラウドDomoのご紹介
12時00分~:質疑応答
12時15分頃:終了予定

お申し込み方法:
下記のメールアドレスまで「4/30ウェビナー参加申し込み」の旨をメッセージください。
DOMO古場(こば):kazu.koba@domo.com
その際、必ず下記の情報をご入力お願いします。
「会社名」「部署」「役職」「氏名」「メールアドレス(会社用)」「電話番号(会社・テレワーク中の方は携帯番号)」

お申し込み頂いた方には参加者用Zoomのリンクをお送りいたします。
リンクは転送不可のため、ご参加者1名様にずつのお申し込みをお願いします。
================================================

その他不明点もお気軽にご連絡ください、よろしくお願いいたします。

DOMO 古場

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
Domoの日本法人にてマーケティングと新規営業のアカウントマネージャーをつとめております。 Domoでは業界・業種・部門を問わず、様々な領域でのデジタル化をご支援しており、データ活用・デジタル化にお困りの方にとって有用な情報共有を行えればと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。