見出し画像

週刊金融日記 第197号 ベッキーショックで恋愛市場はリスクオフの局面へ、原油先物30ドル割れ、西麻布のフレンチ鉄板焼き、レーシック眼科医からコメント、他

// 週刊金融日記
// 2016年1月20日 第197号
// ベッキーショックで恋愛市場はリスクオフの局面へ
// 原油先物30ドル割れ
// 西麻布のフレンチ鉄板焼き
// レーシック眼科医からコメント
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 ベッキーショックに引き続き、最近は、SMAP解散問題が、話題ですね。僕には、才能あるタレントが事務所やテレビ局の政治に振り回されているのが、滑稽に見えます。しかし、芸能人のジョブマーケットは興味深いですね。
 第194号で、ピーター・ティールの本 http://amzn.to/1NSJOac を紹介したときに、ベンチャー投資はたっとひとつの成功した案件が、その他全ての投資案件の収益を上回るのがふつうだということを述べました。べき乗則の世界なのです。これは芸能人もまったく同じでしょう。稼ぎ出す金額は、一握りの売れた芸能人が、その他全ての芸能人の収益を簡単に上回ってしまうのです。つまり、芸能事務所の事業は、ベンチャーキャピタルといっしょなのです。
 ほとんどの芸能人は売れないのに、売れた芸能人が勝手に独立したり、他の事務所に高額なオファーで移籍されては、ビジネスが成り立ちません。かといって、法律は職業選択の自由を認めています。そこで日本の芸能界は、村の掟を作ることにしたのです。
 独立しようとしたり、売れてから他の事務所に金で移ろうとしたりする芸能人を「干す」という掟です。

『芸能人はなぜ干されるのか?』星野陽平
http://amzn.to/1PflEgf

 僕は、ある意味で、こうした日本にはびこる村社会の論理を、インターネットの力でぶち壊したい、という思いを持っているのかもしれませんね。

 さて、今週も多くの読者からの投稿がありました。見所は以下のとおりです。

―レーシック眼科医からレーシックとコンタクトに関してコメントに対してのコメント
―2000年前の恋愛工学
―セフレに「つきあう」カードを使うべきか
―アラフォー勤務医ですが20歳年下のOLとヤれました
―恋愛工学のモテスパイラル理論が強烈にワークしました

 それでは今週もよろしくお願いします!

1.ベッキーショックで恋愛市場はリスクオフの局面へ

 年明けに、日本を代表する女性タレントのベッキーと紅白に出場したロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん)との不倫を週刊文春が報じた、いわゆるベッキーショックは、SMAPの解散問題などで一時は収束の兆しを見せていました。しかし、恋愛市場には、大きな爪痕を残したようです……。

『週刊文春 1月14日号 ベッキー禁断愛 お相手は紅白歌手』 http://amzn.to/1mUCELA
『週刊文春 1月21日号 川谷絵音の妻 独占告白』
http://amzn.to/1nvGMlV

 今週も多くの投稿が、このベッキーショックに関わるものでした。

===============================
―最近、女子たちがリスクの高い恋愛から手を引いています

毎週、楽しくメルマガを拝見しております。
田中フェノメノンと申します。
さて、引き続きベッキー問題についてです。
当問題は情報が限られるなか、藤沢先生の見解しかり色々な見方があるわけですが、その是非は一旦置いておきまして、ここでは恋愛市場のリアクションについて少し思うところがあり相談させていただきます。
それは端的にいうと、ベッキーショックを受けて、不倫リスクが改めて女子たちの間で認識され、女子が新たな恋を始めることに臆病になっているのでは、ということです。
マーケット風にいえば、恋愛市場がリスクオフ地合いへと変化しているのでは、と危惧しています。
そう思うにいたったきっかけは先週末の三連休でした。
僕は年始のスタートダッシュを切ろうと張り切り、新規女子3人とデートしたのですが、結果はなんと全敗。
某アダルトサイトに入り浸り、オナニーに耽るという最悪のスタートになってしまいました。
別に連敗そのものは、よくあることで特筆してもしょうがないのですが、今回だけは、単純な確率の偏りというよりは、背後のヒットレシオ自体がガクンと低下した印象を受けたのです。
そして、連休3日目でオナニーのし過ぎで賢者モードになり、あれこれ思いを巡らせているうちに前述の考えに辿り着きました。

この続きをみるには

この続き: 22,177文字
記事を購入する

週刊金融日記 第197号 ベッキーショックで恋愛市場はリスクオフの局面へ、原油先物30ドル割れ、西麻布のフレンチ鉄板焼き、レーシック眼科医からコメント、他

藤沢数希

220円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
藤沢数希。金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。著書:『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『反原発の不都合な真実』『外資系金融の終わり』

こちらでもピックアップされています

週刊金融日記
週刊金融日記
  • ¥864 / 月
  • 初月無料

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。