見出し画像

週刊金融日記 第73号 NLPに基づくデートでのラポール形成と誘導、シリア情勢は緊迫感が薄らぐ、汐留の浜離宮〜水上バス〜浅草お散歩コース、メダカのモテ・スパイラル、読者から名古屋のレストラン・リスト、他

// 週刊金融日記
// 2013年9月2日 第73号
// NLPに基づくデートでのラポール形成と誘導
// シリア情勢は緊迫感が薄らぐ
// 汐留の浜離宮〜水上バス〜浅草お散歩コース
// メダカのモテ・スパイラル、読者から名古屋のレストラン・リスト
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 さて、もう9月になってしまいましたね。本当に時間が経つのは早いです。特に今年はあまりの猛暑で、外を歩く気がせず、自宅、オフィス、レストランをタクシーで移動し、運動はジム、みたいな感じだったので、涼しくなるのはとても嬉しいですね。それで、今週号では、ちょっとオススメのお散歩コースの紹介をしてみました。

 また、新潮社の有料サイト"Foresight"で「結婚と離婚の経済学」という連載をスタートさせました。

『全財産払っても離婚できない?』 http://www.fsight.jp/20224

ちょっと、結婚と離婚のファイナンス的な側面をいろいろ分析して本にしようと思っていて、いま原稿を書いているところです。

 あと、週間Spa!で「半沢直樹」をちょっとディスっておきました。

『半沢直樹の何が面白いかわからない』 http://nikkan-spa.jp/499756

 さて、先週ぐらいから、心理学を本格的に恋愛工学に融合させようとしているのですが、今週号でさらに一歩進めていきます。これは、かなり強力な武器になるのではないでしょうか。

 人生相談コーナーでは、「女子からの告白をいかにコントロールするか」「メダカのモテ・スパイラル」「デートプランはセックスから逆算された合理性が必要」などは、よく読んでおいたほうがいいかもしれません。
 今週号も、ものすごく盛り沢山です。

1.NLPに基づくデートでのラポール形成と誘導

 ディナーでワインでも飲みながら、女子の話を共感してる振りしてうんうんと頷きながら聞いてあげて、そのあとは手をつないで、キスして、あとはホテルなり自宅なりに連れ込んでやっちゃえばいい、というのはまさにその通りで、わかる人には感覚的にわかって、実際に多くの読者が成功体験を投稿してくれているんですが、これは長嶋茂雄さんが「来た球をスーッと引いてパンと打て」とバッターにアドバイスしているようなもので、わからない人にはさっぱりわからないですよね。
 しかし、アメリカで発達した、セラピーの実践的体系であるNLP(Neuro:神経、Linguistic:言語、Programming:プログラミング)の方法論を使えば、こうした秘密のベールに包まれていた、成功するデートのプロセスが、驚くほどすっきりと言語化できます。NLPとは、1970年代に、当時、催眠療法や臨床心理学などで傑出していた3人の天才セラピストを、言語学と情報工学の専門家が徹底的に分析し、誰にでもこうした卓越したセラピーができるようにマニュアル化したものです。
 基本的なコンセプトは非常に簡単で、C言語のようなプログラミング言語の関数と同じように、人間は、Xというインプットがあれば、それを無意識のプログラムで一瞬の内に判断し、Yという反応を示すと考えます。たとえば、高所恐怖症の人は、自分が高いところにいるという情報を得ると、それを無意識の内に非常に危険だと判断し(実際は安全にもかかわらず)、大きな恐怖を感じる、というわけです。よって、こうした心理的な問題を治療するために、セラピストはこの無意識のプログラムを書き換えるわけです。
 その際に、セラピストが患者にセラピーを施していくわけですが、そのプロセスが「女を口説いてセックスを了承させる」というデートの目的と非常に似ているわけです。よって、NLPは恋愛工学にとって非常に有用なツールとなりえます。
 NLPは、想像の通り、性格を改善するための自己啓発にも使える(少なくとも使えそうな感じがする)わけで、アメリカではNLPに基づく多くの高額な自己啓発セミナーが流行り、こうした背景から、伝統的な精神科の治療法に関わっている多くの医師や医学研究者が、NLPは実際には治療効果が全く証明されていない疑似科学だと批判しています。
 こうした批判はありますが、天才セラピストのやり方をマニュアル化したNLPの方法論そのものは、やはり恋愛市場での天才的なプレイヤー(彼らの多くは感覚的に女を口説いているのであり、必ずしも、なぜ自分のやり方で女とセックスできるのかを説明できない)のやり方をマニュアル化するのに極めて有効なのです。つまり、NLPは、心理学の膨大な研究成果を、恋愛工学に取り入れるためのブリッジになると僕は考えているわけです。恋愛工学にとっては、NLPが心理療法や性格改善に本当に効果があるかどうかは重要ではなく、まるで息を吸って吐き出すかのように出会ったばかりの女たちを口説いてベッドに誘う卓越した恋愛プレイヤーたちのデートでの振る舞いを正確にモデリングすることに意味があるからです。

この続きをみるには

この続き: 46,638文字
記事を購入する

週刊金融日記 第73号 NLPに基づくデートでのラポール形成と誘導、シリア情勢は緊迫感が薄らぐ、汐留の浜離宮〜水上バス〜浅草お散歩コース、メダカのモテ・スパイラル、読者から名古屋のレストラン・リスト、他

藤沢数希

220円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
134
藤沢数希。金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。著書:『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『反原発の不都合な真実』『外資系金融の終わり』

こちらでもピックアップされています

週刊金融日記
週刊金融日記
  • ¥864 / 月
  • 初月無料

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。

コメント (1)
アプローチ方法
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。