見出し画像

週刊金融日記 第144号 女の人の結婚に対する情熱を考える、米主要企業の決算発表、麻布十番の高級老舗イタリアン、ザオラル戦略のビッグデータ検証実験、他

// 週刊金融日記
// 2015年1月12日 第144号
// 女の人の結婚に対する情熱を考える
// 米主要企業の決算発表
// 麻布十番の高級老舗イタリアン
// ザオラル戦略のビッグデータ検証実験
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 それにしても時が経つのは早いものです。3年近くメルマガで恋愛工学の議論をしてきたわけですが、これぐらいの期間になると、恋愛工学を使って出会った恋人と結婚したり、離婚したり、子供ができたりする読者もいます。そして、毎週のように寄せられる人生相談や投稿される研究レポートは、本当に多岐に渡ります。そこには、人生の全てがあるかのようです…。

 さて、連載中の小説が更新されました。

Chapter3-4 フィッシュオン
https://cakes.mu/posts/7747

 今週の読者コーナーには、いくつかの重要なレポートが寄せられました。ビッグデータを分析することにより、恋愛工学の重要なパラメータが推計されています。また、出産の報告など、とてもおめでたいお便りも届きました。

―あけおめザオラル戦略のビッグデータ検証実験
―デート前に読み直したいバックナンバーリスト
―プロ女子大生の攻め方
―ちんこが勃ちません
―映画ゴーンガールから学ぶ恋愛工学について
―円の価値がなぜ大暴落しないのでしょうか
―二人目の女性との間にできた子どもが無事に生まれました

 日本は成人の日でした。このメルマガを読むのは、連休明けの通勤電車の中かもしれません。今週も、お仕事がんばってください。

1.女の人の結婚に対する情熱を考える

 僕が女性を見ていていつも思うのは、結婚への並々ならぬ情熱だ。男がセックスにこだわるように、女は結婚の二文字に異常に執着している、と思う。なぜ、日本人女性がそれほど結婚にこだわるのだろうか? それは明らかだ。生きとし生ける物、全ての生物の目的は「生存」と「繁殖」であり、女性にとって結婚がこのふたつに直結しているのだ。

 顔がちょっとばかり可愛い女の子は、これまで甘やかされて育ってきた。大学でも男子学生がチヤホヤしてくれた。テスト前にノートをくれるオタクっぽい男子もいたし、社会人の彼はいつもいいレストランに連れてってくれた。それが会社で働きはじめるとどうだろう。毎日馬車馬のように働かされる。男の人はセックスさせてくれるかもしれないときは優しくチヤホヤしてくれるが、会社ではそういうわけにはいかない。男にとっては生存に必要なものは金であり、つまり仕事だ。いくら男がセックスのことばかり考えているとはいえ、自分の仕事をリスクに晒してまで、会社の女を特別扱いする男はなかなかいない。当たり前だが、仕事では男女平等なのだ。
 こうやって3年ぐらい働くと、女の人はすっかり仕事に疲れてくる。そして、こんなことをこれからずっとやるのかと思うと、もう嫌で嫌でしょうがないのだ。ああ、結婚したい。旦那に養ってもらいたい。寿退社だ!
 男にとって自分の生存を守ってくれるものは仕事しかないが、女は男に生存の拠り所を求めることができるのだ。その上に、結婚で繁殖もできる。男にとって結婚は繁殖のためでしかないが、女にとっては、それは生存と繁殖のどちらも同時に満たせるものなのだ。
 つまり、結婚の持つファンダメンタル・バリューは、生存と繁殖にいかに役に立つか、ということであり、女の場合は結婚の価値が男のそれの倍になる。
 まあ、ここまではいい。
 しかし、僕は、日本人女性の結婚への思いは、そうした経済合理性、あるいは生物学的な合理性を超えて、何か信仰に近いものがあると思う。ある種の宗教なのだ。

 その経済的な価値を、ほとんどの女の人は正確にはわかっていないのだが、それは将来の婚姻費用をディスカウントレートで割り引き総和を取ったものに、財産分与の期待値を足し合わせたものになる。

『週刊金融日記 第23号 金融商品として結婚相手の評価』

「ストック」よりも「フロー」を見よ ―― 結婚相手の選び方 その1
http://www.fsight.jp/24070

この続きをみるには

この続き:35,318文字/画像4枚
記事を購入する

週刊金融日記 第144号 女の人の結婚に対する情熱を考える、米主要企業の決算発表、麻布十番の高級老舗イタリアン、ザオラル戦略のビッグデータ検証実験、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16
藤沢数希。金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。著書:『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『反原発の不都合な真実』『外資系金融の終わり』
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。