見出し画像

お金、マネー、貨幣、紙幣、資本の話

前置きしますがお金は欲しいです。今から一律給付金を目当てにしているくらいです笑。ただあるに越した事はないのですが、お金のためだけに生きるってのも、いささか虚しい感じもします。お金について考えた時、思考停止している自分もいます。なんというかお金についてはあまり考えるなというロック機構が働いているような感じです。なのであえてお金の価値、本質について改めて考えてみました。

貨幣の誕生

そもそもお金ってなんでしょうか?すぐに想像できるのは、しっかりとした500円玉であったり、もらえると嬉しい諭吉さんが印刷された紙ですがこのお金は時代とともに形を変えています。まずは古代の時代においては物々交換が商取引のはじまりとされています。Aさんのお魚とBさんの毛皮を交換するという感じです。

物々交換にはデメリットがあります。一つは「持ち運びに不便」です。布や毛皮ならまだ軽いのでいいですが、石であったり肉などは一度に持ち運べる量が限られています。二つ目は「時間とともに価値が目減りする」です。これは食品であれば時間とともに腐っていくし、植物であれば枯れていきます。このように扱いにくいものは物々交換には向いておらず、公平なものではありませんでした。

画像1

そこで共同体の人たちは貝殻を使って取引をするようになりました。これは「貝貨」と呼ばれており。貝の種類によってその価値は変動したとされています。当時は貴重であったキイロタカラガイが使われていたというのが通説です。古代においての貝というものは貴重な存在でおり、みんながそれに価値を置いていましたので、おそらく自然発生的に貝を使って取引が始まったと考えられます。

形を変える貨幣

その後、時代の変化とともに貨幣は形を変えていきます。日本においては中国の銅貨「開元通宝」を真似した出来た「和同開珎」があります。銅を加工したもので、今ではコレクターアイテムにもなっています。ここで重要になてくるのは、「腐らない」「持ち運びに便利」「複製可能」「希少価値がある」など貨幣に必要な機能を満たした貨幣が世界で次々と誕生しました。

画像2

世界においては銅よりも希少価値の高い、金や銀を使った貨幣が誕生していました。世界の貨幣の歴史は日本より古く古代ギリシャ時代から金や銀を細工した貨幣が流通していました。ここで重要になってくるのは、貨幣は市場価値の高いものであり、希少であるという事が前提で存在していたという事実です。デザインや彫刻の精巧さはもちのんの事、重さなどあくまで貨幣が「モノ」としての側面があったという事です。

画像3

銀行の誕生

時代は進み多くの貨幣は誕生しましたが、それは姿、形は変えどもその本質は同じでした。貨幣の本質を大きく変えたのは銀行の誕生により大きく変化します。銀行の起源になるのは、中世のゴールドスミス(金細工師)の存在です。16世紀後半~17世紀の初頭のロンドンでは主にゴールドを使って取引していました。治安もよくなかったので、商人たちはゴールドを預かってくれないかとゴールドスミスに持ち掛けます。

ゴールドスミスは金細工師なので、自分の持っている金庫の一部を貸し出す事にしました。そこで預かり証を発行しました。「Aさんから金1オンス預かりました」と書かれた預かり証です。そのような事を繰り返しているうちにゴールドスミスはある事に気付きました。

「ほとんどの商人がゴールドを引き出しにこない。このゴールドを貸して、金利を取ったらいいのではないか」

これが銀行の貸付の元になっています。さらに面白い事にゴールドスミスが発行した預かり証は市場に流通し始めていました。というのもゴールドはかさ張るし持ち運びが面倒なので、預かり証で取引が広がっていたのです。これが現代の紙幣の始まりだと言われています。

画像4

裏付けが変わった現代の紙幣

ゴールドスミスが発行した預かり証はあくまで金の裏付けがある預かり証でした。しかしゴールドスミスはマネーを生み出す錬金術を発明します。何もないところからマネーを生み出す錬金術を発明したのです。こんな事していいのか?倫理的に考えるといけない事のように思いますが、現代ではそれが当たり前になっています。

預かっているゴールドは全体の10%しか引き出しに来ない事を踏まえて残りのゴールドは貸し付けに回せると説明しました。そこでゴールド貸し付けるのではなく、架空の預かり証を貸し付ける事を考え付きます。世の中の人たちは預かり証1に対して、金の準備は1あると思い込んでいましたが、実際は市中に出回っている預かり証の10%程度の金準備しかありませんでした。ゴールドがないと噂が立ち、取り付け騒ぎが起きて破産するなんて事は当時、度々起きていたようです。

現代では預金準備制度と呼ばれており、独自の預金準備率が決められています。言葉の通り預金を準備している割合です。例えば預金準備率1パーセントとして仮定すると100万円の預金があれば、9900万円まで貸し出していいという仕組みになっています。この9900万円は「実態のない紙幣」です。まさに実態がないのでただの紙なのです。

こうやって考えると紙幣や貨幣の価値なんてないのだとお分かり頂けると思います。

お金そのものには価値はない

以上から分かるようにお金そのものには価値はありません。あくまで交換価値があるだけの話しです。それを日本銀行が信用を担保しているだけです。(正確には国債)そうやって考えると今見えてる世界はガラリと変わってくると思います。ちなみに現代の紙幣は金の裏付けがあるわけではありません。日本銀行が発行している日本銀行券は国債の裏付けで発行されています。

日本という国が存在している限りは価値があるものといったただの商品券みたいなものですね。

僕も家をローンで購入したのですが、そのお金は銀行が信用創造で貸してくれたものって考えるとなんだかありがたみも湧いてきません笑




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

全て無料の記事なので、皆さまのサポートだけで成り立っています。面白いと思ってもらえたらよろしくお願いいたします。

9
サラリーマン、頑張って日々投稿。陰謀論から政治まで、物申したいことを記事にします。

こちらでもピックアップされています

マネー
マネー
  • 1本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。