風ラボの活動場所にFacebookを選んだ理由
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

風ラボの活動場所にFacebookを選んだ理由

ローカルコミュニティ 風わらうラボ八戸

風ラボでは、「楽しく生きていくための3つのチカラ」を軸に活動しています。

しかし今はコロナ禍。
オフラインで集うことがまだまだ憚られます。

というわけで私たちは、オンラインで交流できる場として、会員限定のFacebookグループを活用しています。


オンラインコミュニケーションの場をどうするか、とても悩みました。

Facebookを使っていない方もいらっしゃるかもしれません。
noteのサークル機能もいいかも?
オンラインサロンのプラットフォームを使うのもアリ?
Slackもいいかも?

などなど、いろんな可能性を考え、徹底的に比較検討する日々。

その中で、今一番参加の敷居が低いのはFacebookだと結論付けました。

Facebookはユーザー数が少なくなったり、もう使ってないよという方も増えてきてはいるものの、アカウントを持っていらっしゃる方は圧倒的に多いSNSです。

今流行りのオンラインサロンのプラットフォームも、新たに使い方を覚える必要が出てきてしまう。
それに、流行で終わらせたくなかったんですよね。
私たちは、ちゃんと地に足をつけて活動したいという思いがあります。

また、noteのサークル機能やSlackなど新たな機能を使うのも、ITが苦手な方にとってはハードルがグンと上がります。

というわけでFacebookグループにコミュニケーションの場を設けることにしたのでした。

え? 今どきFacebook? と言う人もいました。
が、やはり会員さんの参加のしやすさを考えると現段階ではFacebookグループが妥当でしょう。


2021年2月現在、あまり活発な書き込みがあるわけではありませんが、会員さんの自己紹介や講座イベント紹介、月イチで開催している勉強会のアーカイブ動画の掲載など、とても重宝しています。

会員さんの中にはグループの見方が分からない方もいらっしゃいますが、そこは逐一フォローしながら進めているところ。

会員さんを見るともともと活発にSNSをやる方々ではないので、Facebookグループもゆるりとつながりつつ、必要な機能を働かせながら、楽しく育てていこうと思っています。

もちろん、将来もっと使いやすいツールが出てきたらそちらの乗り換えも検討しながら、ですね。


ワラビ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^^
ローカルコミュニティ 風わらうラボ八戸
「より自分らしく、楽しく働きたい。この地域で、イキイキと楽しく暮らしたい」 当ラボは、自分らしい働き方・生き方を実現したい人たちがつながり、学び、力をつけていくための、青森県八戸市発のコミュニティです。https://kazewaraulab.net/