見出し画像

みな同じひとつのエネルギーで・・・

近所の緑地で、みずみずしい新緑のエネルギーを満喫してきました。

一年で一番すがすがしくさわやかな季節ですね。

大きな樹の根に腰をかけたり。

そこでであった小さな昆虫にレイキをすることになったり。

思いがけない体験ができたのでHPに記事としてつづりました。

その流れの中で、久しぶりに、自分がレイキを始めたばかりのことを思い出しました。

レイキを習い始めたばかりのころ、人だけでなくいろんな対象にレイキをしていく中で、みな同じ一つのエネルギーで生かされているという氣づきを得たこともあり、今でも縁があれば小さな虫にもレイキさせてもらいます。

元氣な昆虫は、もちろんヒビキはありません!

今までの経験だと、足が一本ないバッタとか、羽の一部が欠落した蝶とか、見た目に傷をおっている様子の個体にはヒビキが出やすいようです。

今回の白い蛾は、縁あってレイキをさせてもらいましたが、こんなにヒビキが出るとは思いもしませんでした。レイキ中は、もう最期かな・・・。と感じるほどだったので、また飛び立つ姿が見られたのは驚きでした。

そうそう、昔の手当療法の本で、お蚕さんにレイキをすると、絹の質が良く量も増えるという記述を読んだことがありますよ。
(「場のエネルギーと昆虫へのレイキ」より抜粋)

人だけでなくいろんな対象にレイキをしていく中で、みな同じ一つのエネルギーで生かされているという氣づきを得て以来、それまであまり親しみを感じていなかった動植物、虫も仲間なんだなぁと素直に感じられるようになりました。

特に花や緑は大好きになりましたね。同じ命なんだとわかると、それまで氣嫌いしていた虫に対する意識も変わりました。

この意識の変化だけでも、わたしがレイキを始めた意味は大きかったなぁと思います。

みなさんは、レイキを始めてご自身の中で変わったことはありましたか?

記事全文はこちらです。
よかったらご覧くださいね。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうざいます!嬉しいです💛
10
風の城☆かおるです。役立つ上に奥深いレイキ(日本発祥の手当療法・ヒーリング)の普及を願い、川崎でレイキサロン&スクール~風の城~を主催。レイキ的な感性を生かしてしあわせに生きています。氣軽にお声がけくださいね(*^o^*)https://www.reiki-circle.jp/