見出し画像

就職の履歴書を書く辛さから自由になる方法

 簡単な話です。名前などの基本情報と学歴と志望動機だけ手書きで書いて、職歴・所有資格はパソコンで作ってその都度コピーするのです。

学歴はせいぜい高校入学・卒業、大学入学・卒業の4つを手書きで
正式名称で長々と書いて、
(学歴がそれほどと言う人は小学校・中学校を入れても良い。
とにかく手書きで多少、手間をかけ努力したことをアピールできれば良い。)
職歴や資格は年齢が上がるにつれて増えて行く可能性が高い訳で、
書くのが大変になってくる訳ですから、エクセル等で予め作っておいて
その都度コピーして使えば良いのです。
その際、履歴書には職歴・所有資格は別紙参照と書いておきます。
その職歴・所有資格の別紙には(別紙)と書いておきます。

学歴・志望動機を手書きで書いたことで
手間をかけている・努力している真面目さ・勤勉さアピールができ、
比較的長くなりがちな職歴・所有資格をパソコンで作ることで
パソコンが最低限できる技術・効率の良さ・要領の良さをアピールできます。

ちなみに志望動機はパソコンで別紙を作ることもできますが、
作らなくても良いと思います。
履歴書に小さい欄にさらっと書けば良い。
志望動機は使い回せないことが多いですし、
別紙にすると長く書かなければならなくなりまとめるのが大変ですから。
それに面接時に大概訊かれますから。
流暢に答えられるようにしておけば良いのです。

いかがだったでしょうか?
履歴書をすべて手書きで書いたことのある方は、
戦略的に自身をアピールしながら、
名前などの基本情報と学歴、志望動機だけ手書きで書けば良いなんて
かなり楽に感じるのではないでしょうか。
ぜひ、試してみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます(^-^)
1
すずき ふうた。おもに自由について書くのが好きです。

こちらでもピックアップされています

自由
自由
  • 15本

自由って何? 自由はどこにあるの? 自由になるにはどうしたら良いの?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。