Cloverlyを使ったDXな脱炭素体験とオフセットマーケットの仕組み
見出し画像

Cloverlyを使ったDXな脱炭素体験とオフセットマーケットの仕組み

画像6

前回はCarbon InterfaceやPatchといった排出量算出やカーボンマーケットプレースのオープンAPIプラットフォームを、実際に使って日常にかかる排出量計算やそのオフセットする実験をしてみました。

さて今回は、Patchよりも少し前からあるオープンAPI型のカーボンマーケットプレースであるCloverlyを使い、同様の行動の排出量やオフセットコストを算出してみて、他プラットフォームとの比較をしてみたいと思います。

結論としては、世界中で行われ・Gold Standardなどで認証されている環境プロジェクトのオフセット購入が、デジタル上で完結してこんなに簡単にできるのだと驚きました。また、こういうプレイヤーがなぜ存在するのかを、元締めとも言える認証機関の一つであるGold Standard自体にも踏み込んでみて、その仕組みを考察してみました。

Cloverlyとは

先日紹介したPatchと同様の、カーボンオフセットを行うマーケットプレースであり、オープンなAPIを提供しています。創業はPatchよりも少し早く2018年で、調達状況は網羅的に確認は出来ていないものの、少なくともアトランタのエネルギー関連会社であるSouthern Companyから$2Mを調達しているようです。また同記事によると、2020年2月時点で150,000回の取引と10.9百万ポンドのを扱ってきたとのことです。

画像1

プロダクトのフィーチャーとしては、上記のように排出量の算出〜オフセットまでをカバーしていることと、レポーティングや認証といった企業利用で必要な管理面に力を入れていることが分かります。では、それらが実際どうなのかを、APIを触ってみてみましょう。

排出量計算・オフセットしてみる

以前にCarbon InterfaceやPatchで行ってみたように、21MPGの燃費の車で60マイルの走ってみたこととします。

画像2

結果は上図の通り、排出量は25.396kgとなり、Carbon Interfaceで出た25,800gという結果と非常に近い値となりました。

さて、ここでもう一つ興味深いのは、このリクエストでは排出量の計算を行うのみなのですが、レスポンス(下図)としてはオフセットするプロジェクト/ディベロッパーも指定され、情報としてついてくるところです。つまりこれもPatchと同じく、あくまでオフセット販売の付属として計算機能が付いていることとなります。また、もう1つ重要と思われる背景は、単位排出量あたりのオフセット金額はプロジェクト/ディベロッパーによって異なるので、それを指定しないと見積もりもできないということでしょう。ここではトルコのプロジェクトが指定されてますが、購入時はこのマッチングのプリファレンスも指定できるようです。

{
   "slug": "20210617-05a28f115ad112ae1c99d8fa74d5cf49",
   "environment": "sandbox",
   "state": "estimated",
   "renewable_energy_certificate": {
       "slug": "bandirma-wind-power-plant-project-12-months-starting-01-2016-27d156",
       "name": "Bandirma Wind Power Plant Project - 12 months starting 01/2016",
       "city": "Bandirma",
       "province": "Balikesir",
       "country": "Turkey",
       "renewable_type": "wind",
       "total_capacity": "60 megawatts",
       "latlng": {
           "x": 40.3657972,
           "y": 28.1479911
       },
       "technical_details": "East of the seaport of Bandirma in northwestern Turkey, rugged mountain ridges run along the coastline, catching the breezes from the Sea of Marmara. The sea separates the Asian part of Turkey from the small corner of the country that lies in Europe. It’s a major international waterway, connecting to the Aegean Sea via the Dardanelles strait on the west and to the Black Sea via the Bosporus strait that runs through Istanbul on the east.\r\n\r\nSeveral wind farms rise along the ridges, including the Bandirma Wind Power Plant Project. Others sprout atop elevated areas to the west and south. With demand for energy rising but domestic production meeting only about a quarter of the nation’s needs, Turkey is aggressively pursuing renewable energy. In 2018, it set a target of generating 50% of its electricity through renewable means by 2023.\r\n\r\nThe Bandirma project can produce 60 megawatts of power from its 20 turbines, each rated at 3 MW. It began generating electricity in September 2009. The 2,000 carbon offsets in the Cloverly portfolio are from 2016, a year when the project generated a total of 123,310 offsets.\r\n\r\nCloverly buys offsets that meet accepted standards for being real, measurable, verifiable, permanent, and additional. \"Additional\" means that the carbon savings would not have happened without the offset project and that the project would not have happened unless it got certified to sell carbon offsets. The Gold Standard for the Global Goals oversees verification of the Bandirma project. You can find verification documents at https://registry.goldstandard.org/projects/details/1170.\r\n\r\nProjects can produce many offsets during a year. So a project may appear more than once in the Cloverly portfolio. You can tell the year of the offset by the date in the web address for each project: \"12-months-starting-[month]-[year].\" For a list of all the projects in our portfolio and an interactive map, see https://dashboard.cloverly.com/offsets. Learn more about Cloverly at https://cloverly.com.",
       "deprecated": "Use the offsets attribute. The renewable_energy_certificate attribute will be removed in the next version."
   },
   "micro_rec_count": 25396,
   "micro_units": 25396,
   "offset": {
       "slug": "bandirma-wind-power-plant-project-12-months-starting-01-2016-27d156",
       "name": "Bandirma Wind Power Plant Project - 12 months starting 01/2016",
       "registry_name": "Gold Standard",
       "pretty_name": "Bandirma Wind Power Plant Project",
       "city": "Bandirma",
       "province": "Balikesir",
       "country": "Turkey",
       "offset_type": "Wind",
       "offset_type_slug": "wind",
       "total_capacity": "60 megawatts",
       "latlng": {
           "x": 40.3657972,
           "y": 28.1479911
       },
       "technical_details": "East of the seaport of Bandirma in northwestern Turkey, rugged mountain ridges run along the coastline, catching the breezes from the Sea of Marmara. The sea separates the Asian part of Turkey from the small corner of the country that lies in Europe. It’s a major international waterway, connecting to the Aegean Sea via the Dardanelles strait on the west and to the Black Sea via the Bosporus strait that runs through Istanbul on the east.\r\n\r\nSeveral wind farms rise along the ridges, including the Bandirma Wind Power Plant Project. Others sprout atop elevated areas to the west and south. With demand for energy rising but domestic production meeting only about a quarter of the nation’s needs, Turkey is aggressively pursuing renewable energy. In 2018, it set a target of generating 50% of its electricity through renewable means by 2023.\r\n\r\nThe Bandirma project can produce 60 megawatts of power from its 20 turbines, each rated at 3 MW. It began generating electricity in September 2009. The 2,000 carbon offsets in the Cloverly portfolio are from 2016, a year when the project generated a total of 123,310 offsets.\r\n\r\nCloverly buys offsets that meet accepted standards for being real, measurable, verifiable, permanent, and additional. \"Additional\" means that the carbon savings would not have happened without the offset project and that the project would not have happened unless it got certified to sell carbon offsets. The Gold Standard for the Global Goals oversees verification of the Bandirma project. You can find verification documents at https://registry.goldstandard.org/projects/details/1170.\r\n\r\nProjects can produce many offsets during a year. So a project may appear more than once in the Cloverly portfolio. You can tell the year of the offset by the date in the web address for each project: \"12-months-starting-[month]-[year].\" For a list of all the projects in our portfolio and an interactive map, see https://dashboard.cloverly.com/offsets. Learn more about Cloverly at https://cloverly.com.",
       "available_carbon_in_kg": 567026.384,
       "pretty_url": "https://dashboard.cloverly.com/offsets/bandirma-wind-power-plant-project-12-months-starting-01-2016-27d156"
   },
   "total_cost_in_usd_cents": 31,
   "estimated_at": "2021-06-17T22:02:16.893Z",
   "equivalent_carbon_in_kg": 25.396,
   "electricity_in_kwh": 0,
   "rec_cost_in_usd_cents": 6,
   "transaction_cost_in_usd_cents": 25,
   "cost": {
       "currency": "USD",
       "total": "0.31",
       "transaction": "0.25",
       "offset": "0.06"
   },
   "pretty_url": "https://dashboard.cloverly.com/receipt/20210617-05a28f115ad112ae1c99d8fa74d5cf49"
}

では続いてオフセットしてみましょう。

画像3

はい、出来ました!なんだか呆気ないですね。。。計算時と同じように見えますが、JSONレスポンスのところでProduction(本番)環境で行っていることと、StateがPurchasedとなっていることがわかると思います。

金額は見積もりと同じで、合計$0.31(内、Cloverlyへの手数料は$0.25)でした。逆にオフセット分は$0.06です。安い。。。Cloverlyはトランザクション毎に固定で$0.25のフィーをとるので、ここはPatchと異なる点ですね。エンドユーザーの個々のトランザクションに付け加えるよりは、マーチャントがまとめて購入するなどの用途の方がモチベーションが働きそうです。

画像4

Cloverlyのダッシュボードで確認したところ、先ほどのオーダーの詳細をわかりやすい形で確認できます。

また、ちょっと面白いのが、このダッシュボードからサステナビリティレポートというものを発行でき、外部公開できます。そのままTwitterと連携する機能もあり、こちらのようにレポートを見ることができます↓

元締めのマーケットプレイスと何が違うのか?

ここから先はあまり踏み込むと専門的になってくるので、あくまでさわりの議論に留めておきたいと思います。

このCloverlyで購入したオフセットはGold Standardで認証されているものです。Gold Standardとは、カーボンクレジットを生成するプロジェクトを第三者検証機関を用いて認証し、クレジットの発行・登録・管理などを行っています。同組織のWebサイトを見てわかる通り、その中ではマーケットプレイスもあり、誰もがオフセットを購入することができます。 

では、CloverlyやPatchとの違いって何なのでしょう。

それを知るために、Gold Standardからもオフセットを購入してみました!

画像5

なんとこのような証明書まで発行されました。他にも、ダッシュボードからはプロジェクトのVERの取引履歴など、詳細な情報が載っていました。

1つ目に止まった点は、この証明書発行された時点で、このプロジェクトから発行される1-VER分のクレジットは「リタイア」したということです。リタイアと言うのは「無効化」とも言われているようですが、要するにこのクレジットが他で使われないように無効化されたということだそうです。一方で、先ほど引用したのCloverlyのダッシュボードで見た取引詳細では"Not yet retired"となっています。これはどういうことでしょう?

あくまで深く調査せずの想像です。Gold Standardではその代わり1-VER(=1トン)毎の購入しかできない一方で、CloverlyやPatchでは数g, kmなどの単位で購入できます。つまり、CloverlyやPatchは小口での取引を許容し、その分の一時的なバランスリスクを彼らが取り、その分をフィーとして得るというビジネスモデルではないでしょうか。あとは加えて、Gold Standardを使いやすいAPIでラップし多くのサービスで使われるようにすることや、Gold Standarad以外の認証機関も対応できるということがバリュープロポジションにしているのだと思われます。

ちなみに、今回は自動車の炭素排出量がすごく多いと調査でわかり、自責の念から炭素をたくさん吸収するニカラグアの熱帯雨林を支援するものを、Gold Standardにて少し割高でしたが購入しました。

1トン分購入したので、2020年4月に立ち上げ後から完全リモートワークの当社DISは、現在のところカーボンニュートラルかもしれません!そんな環境に優しいDISで働いてみたい方、特にプロダクトマネージャーエンジニアの方は、ぜひお気軽にご連絡ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンフランシスコ・ベイエリア在住。Dentsu Innovation Studio Inc. COO。日系SIer米国法人VPを経て、現地にて事業売却・新会社設立。エンジニア→ミシガン大学MBA。技術と経営の両立を目指しています。