見出し画像

cotreeコーチングを語る会、やってみた! 振り返りと次回告知 #cotreeユーザー会

cotreeの性格特性診断+コーチングを受けてくださった方にオフラインで会う企画を作ってみました。今回は1週間前の募集だったのですが、3名の方(オフライン2人、オンライン1人)と密な話をさせてもらいました。

一言で言うと、とても有意義な会になり、終わった後の運営の振り返りも議論が止まず、夜遅くまで盛り上がりながら話していました。


(身を乗り出しながら話を聞く、もぎコーチ)

お互いのアセスメントシートを見ながら、それぞれの特性を共有したり、コミュニケーションスタイルが近い人が共感しあったり。なかなかない貴重な場になりました〜!

以下に、話したことと平山の感じたことを記載。(話したことは公開できる内容に絞っています。本当はもっとディープで具体的な話もしたのですが、それは来てくれた方だけのお楽しみ。)

受けた感想

・新しい発見があった
・強みと弱みがわかった
・コミュニケーションのずれをスタイルの違いで理解できるようになった

相談したこと

・やりたいことに踏み出せない
・キャリアをはっきりさせたい
・自分の特性への理解を深めたい

ユーザーさんがやってみてよかったこと

・最初は、キャリアの相談だったけど、実はマネジメント方針の悩みだった。話しながら気づけた。コミュニケーションのスタイルの違いを理解して、メンバーとコミュニケーションできるようになった。
・一人で内省するだけでは限界があるから、フラットな目線で壁打ちさせてできることは、場の中で新しい気づきが生まれる
・プロのコーチにコーチングしてもらえることはセルフコーチングよりも学びが多い
・自分の弱みがわかる。弱さを補填してくれる人と一緒にやればいいことがわかる。
・自分の特性を知って、苦手を理解できる。苦手を普段からがんばってる自分偉い!と思えるようになった。
・今までよりも深く自己理解ができた
・自分の性格特性を把握している人に的確なアドバイスをもらえることは嬉しい
・自分で場を設定することで普段はできない集中ができる

話を聞いてひらやまが思ったこと

・考えるきっかけになる、思考の枠組みを提供できることの価値がある。
・枠組みを知ることで、考えるフレームを得たことを考えることができる。内省の質が高まる。
・自分の状態に関わらず定期的に受けるニーズがある。
・問題はいつでもあるから、優先度がつけられるだけでも価値がある。
・家族や友人は良くも悪くも自分の味方で、フラットに意見をもらいづらい。目標達成に真摯なコーチからの意見は信頼できる。
・cotreeの社内でも使い方はかなりディープなのでコンテンツにできそう。(これあとでnoteにします。)

(我慢できずにコーチングの解説を始める、もぎコーチ)

まだまだカイゼン中のサービスなので、これからもオフラインでユーザー会しながら、お声を聞かせてほしいです〜!

***

ということで早速6/21(金)に第2回コーチングを語る会を実施します〜!今回来れなかった方、ぜひぜひご参加ください〜!

引き続き、何卒よろしくお願い致します。

TOP画像は、お互いのアセスメントシートを見ながら話している様子。象徴的なシーン。(写真の許可はみなさんからいただいております。)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。みなさんからの感想やコメントをいただけると大変うれしいです。 サポートしていただいたお金は、自分が応援したい人へのサポートに回す予定です。note内ですてきな循環を生めたらいいなぁと思います。

スキって言われると、スキになりそうです。
36
株式会社cotreeCOO兼CN(note)O◀︎上場ITベンチャー/人の心と物語を支えるサービス作りと持続的なプロダクトグロースをしたい/カフェラテがすきなアドレスホッパー/9ヶ月でnote207本執筆なう
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。