スクリーンショット_2019-07-05_2

インド経済調査発表 世界第3の経済大国を目指すと宣言


財務大臣のNirmala Sitharamanは、予算発表日である7月5日の前日に、国会で2019年の経済調査を発表した。

財務省の主力文書である経済調査は、過去12ヶ月間のインド経済の動向を概説したものである。

この調査は基本的に主要な開発プログラムの成果の要約であり、政府の政策イニシアチブと経済の見通しを短中期的に示す。


2019年の経済調査のテーマは、世界で3番目に大きな経済国とするため、2024年から25年までに5兆ドルの経済規模を目標に掲げ、持続的な経済成長につなげることへの宣言だった。

ビジョン達成のためには、実質8%のGDP成長率を達成する必要があると強く述べた。


今回の経済調査の発表で配られた資料から一部抜粋


2019年の経済調査の内容で注目する内容をいくつかピックアップする


- 需要、雇用、輸出、生産性の同時成長の「重要な原動力」への投資を強化していく

▷中国と東南アジア諸国を例にした調査では、高い成長率は、好調な人口相によって促進され、貯蓄、投資、輸出の好循環によって推進されるモデルによってのみ支えられてきたと述べている。民間投資が需要の拡大、労働生産性の向上、雇用と能力の創出が重要な推進力であるとし、これに向けて、積極的な輸出戦略も検討する。


▷政府は、インドの高齢化社会の未来も視野に入れる

インドは中国に次いで世界で2番目に人口の多い国で13億人以上の人々が住んでいる(世界銀行2018年の推定)また非常に若い国であり、その人口の半分は25歳未満だ。これは、消費の鍵としてインドの若い人口ボーナスを活用しようとしてきた大手消費財メーカーにとっては大きなビジネスチャンスでもある。

しかし2019年の経済調査では、一部の州で2030年代までに高齢化社会への移行が開始されると指摘した。

調査によると、0〜19歳のインドの人口は、全国の総出生率(TFR)が急激に低下しているため、すでにピークに達しているとした。2041年までに、この人口年齢層は2011年の41%から25%に低下すると予想された。

インドの高齢者、すなわち60歳以上の高齢者の割合は、2011年の8.6%から2041年までに16%へと、ほぼ2倍に着実に上昇し続けるとされる。


▷エネルギー投資へ2500億ドルの意欲

インドの再生可能エネルギーへの投資は、2022年までに約800億ドルになるとされ、さらに2023年から2030年の期間はその3倍近い2500億ドルの投資が検討されている。

インドは世界の風力発電と太陽光発電の設備容量でそれぞれ4番目と5番目となる。しかし一方で、現在米国と中国に次いで温室効果ガスの最大の排出国であり、気候変動の影響を最も受けやすい国の1つである重要な国だ。2015年にパリの195カ国で採択された国連気候変動枠組条約へのコミットメントの一環として、インドは2030年までに2005年のレベルから33〜35%の二酸化炭素を削減する計画を掲げる。


▷深刻な衛生状況への改善

Swachh Bharat Mission(SBM)が世界最大の清浄度向上策の1つとされており、このプログラムによって死産、下痢、マラリアによる死亡が大幅に減少したと発表。

SBMを通じて2014年10月2日以降、9500万以上のトイレが564,658の村に建設され農村の99.2%のトイレがカバーされたとされた。


その他経済調査の要約はこちらの記事にまとまっている。

https://www.livemint.com/budget/expectations/economic-survey-2019-highlights-outlines-steps-to-achieve-pm-modi-s-vision-1562219071038.html


更に今回の注目は、この経済調査がノーベル賞受賞者のリチャード・タラーの行動経済学理論を用いて展開されている点だ。行動経済学では、心理学の研究を経済的な結果につながる意思決定プロセスの分析に取り入れている。

行動経済学を通じ、規範が人々にどのように行動に影響を与えるかを理解するだけでなく、具体的にどのように人の行動に変化が起こるか、行動変容をもたらすかまで分析できるため、施策の内容をより現実的にできると、Modi首相は述べている。

第2モディ政権の予算は明日、発表される。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆さんのサポートはインドブログ運営費用にあてさせていただきます。「いいね!」だけでもポチッとしてくれたらメッセージ届きます。いつも応援してくださって本当にありがとうございます!

またいつでも遊びに来てね!
3
2016年9月からインドで働き、ブログとTwitterでインドのビジネス情報発信をしています。https://kayoreena920.com/ 2018年10月からはメルカリのエンジニア組織の人事も担当。インド情報を毎日更新。#インドメモ #ブログ

この記事が入っているマガジン

KayoreenaのIndia Note
KayoreenaのIndia Note
  • 49本

インドビジネスのトレンド・ニュースを日本語訳したものをまとめています。主にスタートアップ、テック情報。リクエストあればお答えします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。