月刊かわせひろし

15
記事

バカにつける薬はない 第二回

三 人妻と

「あ……あの、おはよう、アディ君!」
 朝、学校へ向かう道中。道路脇の家から、アディは不意に呼びかけられた。
 テレネだ。庭に出て、花の手入れをしていたらしい。朝の冷気のせいか、少し頬が赤い。
 トラルとテレネ、二人の新居は、アディの家の近所に構えられていた。アディの通学路脇だ。大工のトラルお手製の小さな可愛い家で、庭の草木は二人の要望を聞いて、近所の人たちも手伝って用意した。料理や

もっとみる

バカにつける薬はない 第一回

一 幼なじみ

「アディ……」
 サリルが顔を上げ、手をそっと重ねてきた。
「アディ、あなたは決めなくてはいけない。あの村に戻るか、こちらに来るか」
 サリルの柔らかく温かい身体が、アディを優しく包む。
 慈愛にあふれた、その身体が。
 だが今、彼女から突きつけられた選択は、それとはうらはらに冷たく厳しいものだった。背筋が震えたのは、今いる薄暗い部屋がじっとりと冷え込んでいるからだけではない。
 

もっとみる

リトル・ビット・ワンダー「邂逅」「この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件とは関係ありません。」

邂逅

 暗く冷たい宇宙空間で、「彼」は不満を募らせていた。
 それも生半可なものではない。数十年じっくり熟成させた、年代物の逸品だ。
 とにかく暇だ、とディスカバリー51号は考えていた。
 D51は深宇宙探査機のシリーズの一台だ。ディスカバリーシリーズは、太陽系から放射状に、あらゆる方向に打ち出された。恒星間を漂う浮遊惑星の発見と探査を目的としている。
 恒星系から放り出され、自ら輝かない浮遊惑

もっとみる

リトル・ビット・ワンダー「こんにちは赤ちゃん」「究極の美食」

こんにちは赤ちゃん

「ふやああああ」
 どこか気の抜けた声でその子は泣いた。
「あー、よしよし、まあくんどしたのかなー、ウンチかなー、おなかすいたのかなー」
 マリコは声をかけながら、赤ん坊を優しく抱き上げ、慣れた手つきで確認する。
 うん、おなかがすいているみたいだ。ミルクの時間だ。
 こちらも手早く用意すると、哺乳瓶をそっとまあくんの口元に差し出す。まあくんはすぐさま吸い口をくわえ、もにゅも

もっとみる

リトル・ビット・ワンダー「吾輩は猫である」「銀河欲望対決」

吾輩は猫である

 吾輩は猫である。
 名前はまだない。
 そう書き出すのはこの地の古典小説である。
 だがこの話は違う。
 名前はある。
 タリン・マリン・ハッセルホッスル一七八五という。
 一七八五は出自の確かさを示す。
 自慢である。
 なのにこの家の主は吾輩のことをタマと呼ぶ。
 略し過ぎである。
 しかも分かっていて略したのではなく偶然なのである。
 なぜなら主は吾輩は猫ではないことを知

もっとみる

アンナ・アップルトンの冒険 第四回(最終回)

八 トビィ、気がつく

「新聞ー! 新聞ー! 連続殺人の容疑者が捕まったよう!」
 新聞売りが、道行く人に声を張り上げている。
「一部ください」
「あいよ!」
 トビィは新聞を一部買った。アンナにお使いを頼まれたのだ。第一面に、連続殺人事件の容疑者が捕まった、と大きく出ている。記者に答えているギブンス警部の写真付きで。
 容疑者はショーン・ウォルター。三人の被害者と顔見知りで、前科持ち。まあ、こそ

もっとみる

アンナ・アップルトンの冒険 第三回

五 アンナ、聞き込みに行く

「聞きこみに行くわよ!」
 昨日、死体置場で死体を見たアンナは、帰ってからも、それを思い出してか今ひとつ元気がなく、食欲もわかない様子だったが、翌日にはすっかり調子を取りもどし、朝からやる気満々だ。
「聞きこみって、どうするんですか?」
「やあね、ちゃんと本読んだ?」
 アンナは、仕方ないわねえ、という顔でトビィに説明を始めた。
「聞きこみは捜査の基本! たくさんの情

もっとみる

アンナ・アップルトンの冒険 第二回

三 トビィ、探偵助手になる

 雇われたばかりで一番下っぱの召使いのトビィの仕事は、みんなの仕事を色々と手伝う事だった。
 そういう意味では、市場で働いていた時と変わらない。台所仕事を手伝って皿洗いとか、銀の食器を磨いたりとか、屋敷中のランプを掃除したりとか。それに、買い物につきそって荷物持ちしたり、お使いに行ったり。仕事はたくさんあって、休むひまもなかった。
 最初の印象と違って、執事のアルフレ

もっとみる

アンナ・アップルトンの冒険 第一回

一 トビィ、アンナに出会う

 時は十九世紀末、所は大英帝国の首都、ロンドン。公園に面して立ち並ぶ大きな建物の中の、とある屋敷の一室。がっしりとした本棚に並ぶ書籍。壁にかかる世界地図。そのとなりにある移動式の黒板に、書き残された英単語のつづり。
 どうやらそこは勉強部屋のようだった。背の高い窓から、柔らかな午後の日差しが差し込んでいる。
 その部屋の中央に置かれた円卓で、一人の少年がノートに向かっ

もっとみる