見出し画像

ルールの向こう側にあるもの。

河瀬大作

 ルールは守るものです。
 でも疑問をもつこともとても大切なことです。

 ルールを守るなということではありません。集団生活においてルールはもちろん不可欠です。信号を守らなければ事故がおきるでしょうし、お店でお金を払わずに物を持ち出せば、警察に突き出されるでしょう。

 ルールとは、集団が混乱なく過ごすためにあるものです。

 しかし同時に、実は大変やっかいなものにもなり得るのです。ルールを盲目的に守ることは、思考停止を引き起こしがちです。しかもこの変化のスピードが速い時代には、常に自分の頭で何が正解なのか、考え続けていないといけません。

 かつてこんなことがありました。

 ここから先は、やや踏み込んだことを書くので有料にさせてくださいね。

この続きをみるには

この続き: 728文字

記事を購入

500円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
河瀬大作

あなたからのサポート、すごくありがたいです。