見出し画像

しごとの「身の丈」ってなんだろう。

河瀬大作

 はたらくことには、「身の丈」みたいな考え方があります。この仕事は君には早いよ、とか、もっと経験を積めばわかるよ、とか、上司や先輩からいわれたことありますよね。

 でも、これって本当にそうなんだろうか。

 もちろんその仕事において、最低限求められるスキルというものはあります。その習熟なしにできない仕事はたくさんあります。

 しかしその一方で、「身の丈」のなかにいつづけても成長できません。思い切って大きなジャンプをしたときに、人は飛躍的に成長します。

 ぼくは長らくドキュメンタリーを作る仕事をしてきましたが、そのなかで沢山の優秀なディレクターを育ててきたプロデューサーがいます。例えば、超大物の密着ロケが許された時、多くのプロデューサーは実績のあるベテランディレクターを起用します。しかし彼は躊躇なく、まだまだ経験の浅い若手に任せてきました。

 それはなぜか。

この続きをみるには

この続き: 396文字

記事を購入

300円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
河瀬大作

あなたからのサポート、すごくありがたいです。