河瀬大作

NHK → 株式会社Days 代表。よりよい世界をつくる。プロデューサー「突撃 カネオくん」「ズームバック×オチアイ」「おやすみ日本」。「FUKKO DESIGN」代表理事。「design-DesignMuseum」理事。https://daysinc.jp

河瀬大作

NHK → 株式会社Days 代表。よりよい世界をつくる。プロデューサー「突撃 カネオくん」「ズームバック×オチアイ」「おやすみ日本」。「FUKKO DESIGN」代表理事。「design-DesignMuseum」理事。https://daysinc.jp

    マガジン

    • プロデューサー 仕事の流儀

      「突撃 カネオくん」「あさイチ」「おやすみ日本」「アナザーストーリーズ」など数々の番組を手がけてきたプロデューサーの仕事術。考え方を変えれば世界はかわる。嫌われる勇気と愛される理由。明日からのあなたの仕事を面白くするために。

    • FUKKO DESIGNはこんなことしてます。

      • 77本

      被災地の復興支援を考える団体「FUKKO DESIGN」の活動記録です。

    • 暮らすように旅をしたい

      時には世界の果てまでも。見知らぬ場所に行き、見知らぬグルメに舌鼓をうち、見知らぬ人に出会う。傍にはいつもカメラ。そんな旅を記録していきます。

    • 東京日々日記

      人の笑顔のために、日々はたらくプロデューサーの日々日記。写真を撮りながら、旅するように。

    • アイデアの宝箱

      社会を良くするアイデアを見つけたら、ここに入れます。

    記事一覧

    固定された記事

    もし火事にあったなら、読んでほしい。

     誰にでもおきる可能性があります。あるサイトによると、住宅火災が起きる確率は、0.024%なんだそうです。確率はあくまで確率。火事の当事者になれば、その瞬間から人生が…

    河瀬大作
    2年前

    旅にでると、いつも早起きする。ホテルの窓から朝日が差し込む。文字通り目が覚めるような美しい光景がそこにある。

    河瀬大作
    8日前

    愚痴るぐらいなら、仕事をつくる。

     仕事をしていると「なぜこんなプロジェクトに参加させられるのか」とか「こんな仕事意味ないのに」とか、そんな愚痴をよく聞きます。果たしてそれは本当に意味のないプロ…

    300
    河瀬大作
    10日前

    旅はトローリーにランニングシューズを詰めて。

     旅は断然、スーツケース派である。トローリーをごろごろ言わせて津々浦々旅している。ぼくは旅のかなり荷物が少ない。数週間の海外ロケでも機内持ち込みができるサイズの…

    河瀬大作
    13日前

    変わり続けていないと、大きな何かを見失う。

     転がる石に苔はむさない、というけれど、変わり続けることって大事です。変化を受け入れていくのって、歳をとるごとに難しくなるんだけど、それを諦めちゃうと、ぼくらの…

    300
    河瀬大作
    2週間前

    愛おしくて切ない、その刹那を残したい。

     いつも人を撮りたいと思っている。  きっかけは家が火事になって家族の記録を残しておきたいとおもったこと。悲しさとうれしさが毎日、洪水のように押し寄せてきた。そ…

    300
    河瀬大作
    4週間前

    誰でも15分、世界的に有名になれる時代、ぼくらはどう生きていけばいいのだろう(無料記事)

      押入れで歌っていた少女がYoutubeで歌を発信し、国民的歌姫になる。その一方で人気者がスキャンダルで一夜にして転落する。インターネットが人間の”光と闇”を可視化…

    河瀬大作
    1か月前

    旅は、思わぬことがおきるし、それは面倒なことが多いし、でも人はそれを望んでいる。

    河瀬大作
    1か月前

    みえない場所での素振り。

     いきなりですが、素振りって、ぼくは苦手でした。中学に入り、テニス部という名の、軟式庭球部にはいった時に、とにかく素振りをさせられました。ラケットを握って、フォ…

    300
    河瀬大作
    1か月前

    みんな、ナポリタンが大好きだった。

     先日、名古屋にいった折に、ひょんなことからナポリタンを食べることになった。食事の約束をしたのは名古屋に住んでいる妹だった。彼女が待ち合わせ場所に指定したてきた…

    河瀬大作
    1か月前

    はっきりさせておきたいことがあるんだが、オレは戦争が大きらいなんだよ。

    河瀬大作
    1か月前

    会社を辞めるって考えたことがあったら、立ち止まって考えてみたほうがいいこと。

     会社という、人の輪をはなれて独立するということは、誰にも頼らずひとりで生きていくこと、そんなふうに考える人がいるかもしれません。ぼくもそうでした。でもそれは違…

    300
    河瀬大作
    1か月前

    よく晴れた原宿。

     中学生の時、原宿は憧れの街だった。  アイドルの生写真、竹の子族、クリームソーダという髑髏のマークのファッションブランド。テレビや雑誌から情報を仕入れて、いつ…

    河瀬大作
    1か月前

    他人の評価を気にしなければ、人生もっと楽しいんじゃないか問題。

     他人の評価って気になりますよね。アドラーの「嫌われる勇気」を始め、書店にはたくさんの書籍が並びます。多くの人が他人の評価に振り回されているからだと感じているか…

    300
    河瀬大作
    1か月前

    アウトプットの量(無料記事)

     フリーランスになってまもなく1ヶ月、仕事に対する意識が、少しずつ変わってきている。毎月、ちゃんとサラリーをもらえる会社づとめの時とは違い、働いた分だけが稼ぎに…

    河瀬大作
    2か月前

    イヤなことを我慢しないために、やってきたこと。

     イヤなことを全力でさける。当たり前に聞こえるけれど、なかなかできないですよね。でもイヤなことが減れば、毎日は楽しくなるはずです。人生は大きく変わります。だから…

    300
    河瀬大作
    2か月前
    もし火事にあったなら、読んでほしい。

    もし火事にあったなら、読んでほしい。

     誰にでもおきる可能性があります。あるサイトによると、住宅火災が起きる確率は、0.024%なんだそうです。確率はあくまで確率。火事の当事者になれば、その瞬間から人生が大転換します。何をしていいのか、まったくわからないほど混乱します。そして、助けになる情報はほとんどありません。だから僕の場合、何がどうだったのかをできる限り具体的に記しておきます。家はほぼ全焼でしたが、近隣への延焼はほぼなく死傷者もあ

    もっとみる

    旅にでると、いつも早起きする。ホテルの窓から朝日が差し込む。文字通り目が覚めるような美しい光景がそこにある。

    愚痴るぐらいなら、仕事をつくる。

    愚痴るぐらいなら、仕事をつくる。

     仕事をしていると「なぜこんなプロジェクトに参加させられるのか」とか「こんな仕事意味ないのに」とか、そんな愚痴をよく聞きます。果たしてそれは本当に意味のないプロジェクトなのでしょうか。こうしたモチベーションの持てない状況を好転させるにはどうしたらいいのでしょうか。

     ぼくは仕事は自分でつくるものだと思っています。その大元になるものこそが「企画」です。すべてはここから始まります。新製品のキャンペー

    もっとみる
    旅はトローリーにランニングシューズを詰めて。

    旅はトローリーにランニングシューズを詰めて。

     旅は断然、スーツケース派である。トローリーをごろごろ言わせて津々浦々旅している。ぼくは旅のかなり荷物が少ない。数週間の海外ロケでも機内持ち込みができるサイズのスーツケースで十分だ。荷物それだけですか?っていつも驚かれる。一方で一泊二日の出張でもやはり同じスーツケースででかける。荷物少ないのに、なぜかって?それは、どこにいくにもランニングシューズを持って行くからである。

     20代、30代の頃は、

    もっとみる
    変わり続けていないと、大きな何かを見失う。

    変わり続けていないと、大きな何かを見失う。

     転がる石に苔はむさない、というけれど、変わり続けることって大事です。変化を受け入れていくのって、歳をとるごとに難しくなるんだけど、それを諦めちゃうと、ぼくらのようなメディアでの仕事は続けられないです。

     アウトプットだけをし続けていると、自分のなかの”何か”が消しゴムみたいにすり減っていく感覚があります。だから人に会ったり、本を読んだり、映画をみたり、美術館にいったり、旅に出たり、貪欲にインプ

    もっとみる
    愛おしくて切ない、その刹那を残したい。

    愛おしくて切ない、その刹那を残したい。

     いつも人を撮りたいと思っている。

     きっかけは家が火事になって家族の記録を残しておきたいとおもったこと。悲しさとうれしさが毎日、洪水のように押し寄せてきた。そんな日々の感情を忘れないように記録したいと思った。

     それから毎日、カメラを持ち歩くようになった。最初に持ったのは、ワタナベアニさんが大作戦してくれたSONYのRX100Ⅴ。夢中になって、日々のできごとを記録した。すっかり日常にもどった

    もっとみる
    誰でも15分、世界的に有名になれる時代、ぼくらはどう生きていけばいいのだろう(無料記事)

    誰でも15分、世界的に有名になれる時代、ぼくらはどう生きていけばいいのだろう(無料記事)

      押入れで歌っていた少女がYoutubeで歌を発信し、国民的歌姫になる。その一方で人気者がスキャンダルで一夜にして転落する。インターネットが人間の”光と闇”を可視化し、増幅し、現実を侵食していく時代、人々は何を学べばいいのだろう。

      昭和の時代、いい大学にはいっていい会社に勤める、という価値観は揺るぎなかった。しかし経済は行き詰まり、大企業は大きな変革を迫られた。

     そして今、誰もが世界に

    もっとみる
    みえない場所での素振り。

    みえない場所での素振り。

     いきなりですが、素振りって、ぼくは苦手でした。中学に入り、テニス部という名の、軟式庭球部にはいった時に、とにかく素振りをさせられました。ラケットを握って、フォームを固めるための素振り。あれが本当に意味があったのか、と思って、ググってみるといろんな意見があるようで、ここではその有用性について、言及することはさけておきます。ちなみにぼくはテニスという名の軟式庭球はあまり上手にはなりませんでした。

    もっとみる
    みんな、ナポリタンが大好きだった。

    みんな、ナポリタンが大好きだった。

     先日、名古屋にいった折に、ひょんなことからナポリタンを食べることになった。食事の約束をしたのは名古屋に住んでいる妹だった。彼女が待ち合わせ場所に指定したてきたのは、名古屋人の誉れ、松坂屋だ。
     「ここのナポリタン最高なのよ」と彼女が連れて行ってくれたのが、地下二階にあるシェ・コーベという洋食屋さんだった。ハンバーグやカレーなどもあったが、妹にいわれるがままに注文をした。

     正直に言えば大した期

    もっとみる

    はっきりさせておきたいことがあるんだが、オレは戦争が大きらいなんだよ。

    会社を辞めるって考えたことがあったら、立ち止まって考えてみたほうがいいこと。

    会社を辞めるって考えたことがあったら、立ち止まって考えてみたほうがいいこと。

     会社という、人の輪をはなれて独立するということは、誰にも頼らずひとりで生きていくこと、そんなふうに考える人がいるかもしれません。ぼくもそうでした。でもそれは違います。

     フリーランスになれば、先の保証はありません。今ある仕事がずっとつづくことはないし、病気になって働けなくなれば、収入ははいってきません。かなり厳しい世界ですよね。

     だからこそフリーランスで成功している人には、ある共通点があり

    もっとみる
    よく晴れた原宿。

    よく晴れた原宿。

     中学生の時、原宿は憧れの街だった。

     アイドルの生写真、竹の子族、クリームソーダという髑髏のマークのファッションブランド。テレビや雑誌から情報を仕入れて、いつも想像に胸をふくらませていた。

     ある時、父の東京出張についていくことになった。どこか行きたい場所はあるかと、父に聞かれた。
     「原宿にいってみたい」
     当時、ぼくが知っているほぼ唯一の東京の地名だった。
     するとなぜか、父の取引先の弁

    もっとみる
    他人の評価を気にしなければ、人生もっと楽しいんじゃないか問題。

    他人の評価を気にしなければ、人生もっと楽しいんじゃないか問題。

     他人の評価って気になりますよね。アドラーの「嫌われる勇気」を始め、書店にはたくさんの書籍が並びます。多くの人が他人の評価に振り回されているからだと感じているからでしょう。もちろん他者から自分はどう見えているのかというメタ認知がなければ、「王様はハダカだ!」って、笑われてしまいます。でも本質的には、他人の評価なんて気にしない方がいいです。特に会社という場所においてはなおさらです。

     突然、話は変

    もっとみる
    アウトプットの量(無料記事)

    アウトプットの量(無料記事)

     フリーランスになってまもなく1ヶ月、仕事に対する意識が、少しずつ変わってきている。毎月、ちゃんとサラリーをもらえる会社づとめの時とは違い、働いた分だけが稼ぎになる。仕事の質と量、そのバランスは重要だ。

     世の中から認められる天才たちは、多作な人が多い。

     手塚治虫は、凄まじい量の漫画を書き残した。彼の創作への熱情は衰えることがなく。亡くなる直前まで病床で書いていたという。ピカソは死ぬまでに2

    もっとみる
    イヤなことを我慢しないために、やってきたこと。

    イヤなことを我慢しないために、やってきたこと。

     イヤなことを全力でさける。当たり前に聞こえるけれど、なかなかできないですよね。でもイヤなことが減れば、毎日は楽しくなるはずです。人生は大きく変わります。だからイヤなことを減らす方法を考えてみるのは大切なことです。

     そもそもイヤなことってどういうことなのでしょうか。わたしたちのイヤにもいろいろあります。男女のなかでは、イヤとスキが逆転する、時空の歪みが発生する場合がありますが、そういうややこし

    もっとみる