猛毒の花、夾竹桃(キョウチクトウ)
見出し画像

猛毒の花、夾竹桃(キョウチクトウ)

kawabe

植物紹介

常緑小高木 : 樹高約3~5m                      開花時期   : 6月~9月

夏の代表的な花木の一つで、砂地ややせた土地でもよく育ち、暑さにも強い、日本各地の学校の校庭、公園、工場の敷地などでよく見られる綺麗な花

別名 : オレアンダー

花は枝の先端に群がってつき、初夏から秋にかけて開花します。多数の園芸品種があり、花色は、白、ピンク、黄色などさまざまで、八重咲きもあります。庭木としてはもちろん、大気汚染にも強いことから高速道路の植栽などにも用いられています。

それが夾竹桃(キョウチクトウ)

南国の海沿いでよく見かけるオレアンダーと同一種です。         一般的にオレアンダーの呼称の方が馴染みがあるかもね。

夾竹桃は、インド原産で江戸時代中期に中国経由で日本に伝来し、葉が竹、花が桃に似ていることからその名が付けられました。

園芸用樹木として非常に優秀で樹体も強く丈夫、肥料や水やりも不要。インド原産ですが、根付けば寒冷地でも生育可能。

用途としてはシンボルツリーや生垣など。

キョウチクトウの増やし方はさし木が簡単で、さし穂も古枝でもよく、時期、用土も選ばず、水に漬けているだけですぐに根が出てきて増やすことが出来ます。

特徴 : 猛毒

夾竹桃は優れた園芸植物ですが、有毒な防衛物質を持つために食害する昆虫が少ない、というかいないに等しい。

毒性 : オレアンドリンという強心配糖体

花、葉、枝、茎、根、種子の全てが猛毒。                落ち葉も最長で2年間は毒性を保持する。                夾竹桃を燃やしたは灰も猛毒で、燃やして出る煙も毒性があるので危険。  夾竹桃が生えている根元の土壌も同じように毒化して、昆虫も居なくなり、 切り花として花瓶に入れれば、花瓶の中の水も猛毒扱いになるので注意が必要。

剪定枝としては自治体も引き取らず、”高熱処理”が出来る燃やすごみとして出す決まりになっている。枯れ枝や枯れ葉などで焚火をすればそれだけで中毒を引き起こし、夾竹桃を触った手で目を擦れば涙が止まらなくなり、樹液などが間違って口に入ってしまった場合、嘔気・嘔吐、四肢脱力、倦怠感、下痢、非回転性めまい、腹痛、最悪は心臓発作を引き起こして中毒死する。

 1980年に千葉県の農場で牛に与える飼料の中にキョウチクトウの葉が混入する事故があり、この飼料を食べた乳牛20頭が中毒をおこし9頭が心臓発作で死亡した。混入した量は、牛1頭あたり、乾いたキョウチクトウの葉約0.5g程度。家畜がキョウチクトウを食べることで中毒症が問題になる。致死量は乾燥葉で50mg/kg(牛、経口)という報告がある。

 オレアンドリンは、キョウチクトウに含まれる強心配糖体で、ヒトの場合、オレアンドリンの致死量は0.30mg/kgで、青酸カリをも上回る。

青酸カリ(シアン化カリウム)の経口致死量は、成人の場合150~300mgと推定されている。

見た目も美しく、よく見かける常緑樹ですが、一番目にする場所は高速道路。

首都高にある樹木の36%がこの夾竹桃、オレアンダーになります。

乾燥や大気汚染、有害物質に強くて丈夫で、長年の公害で他の樹木が衰えたり枯死したりする中で、キョウチクトウだけは耐えて生育したため、現在に至るまで緑化樹として広く植栽されていて、交通量の多い都市部の高速道路沿いでは、葉が大きくて生い茂るため遮音壁と併用しての利用が多く見られる。

広島市はかつて原爆で75年間草木も生えないといわれたが、有毒物質に強い夾竹桃は被爆焼土にいち早く咲いた花として原爆からの復興のシンボルとなり、広島市の花に指定された。

首都圏で交通量の多い千葉県千葉市や、関西圏で交通量の多い兵庫県尼崎市の市の花にもなっている。

肥料不要で水やりも不要、昆虫による食害も無く、綺麗な葉の状態で維持でき、花期も6月から10月と長く、土壌も毒化するので地面にも虫が居なくて手間いらず。それでいて綺麗な花が咲く。

虫食いのオレアンダーなんて見たことないでしょ?

日本の場合、花粉を媒介する昆虫も居ないので自然に種子が実って実生で増えることはほぼなく、現在みられる夾竹桃はその殆ど全てが挿し木のクローン樹になる。

覚えておくべきこと : 猛毒であるが不用意に怖がる必要は無いということ

アジサイの葉もチューリップも猛毒です。ジャガイモの新芽も       トリカブトなどは有毒で有名ですが口にしなければ中毒にはなりません。  ただ夾竹桃の場合、生垣等にしておくと、火災により燃えて有害ガスが発生し風下が危険である。

夾竹桃の花言葉 : 注意、危険、用心

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
kawabe
Fearless