見出し画像

具体と抽象

かつを

会社や職場で…
この上司(先生)は言ってること毎回のように変わるな...

なんて経験をしたことは、誰もがあると思うのですが…

今日は、どこまで行っても、言葉は正確に伝わらないと言う話をしていこうかと思います。

具体と抽象

例えば、漫画家さんを例に説明します。

抽象・・・冒険ストーリー(宝探し、恋愛)

そんな感じのテーマで漫画家さんはマンガを作り始めます。

具体・・・主人公のキャラクター、性格、ヒロインのキャラクター、敵キャラクター、性格、宝の種類や価値、などなど・・・


抽象的なテーマから、ストーリーに落とし込むまでに、具体と抽象の思考を行ったり来たりして物語を固めていきます。

そして、漫画のストーリーが生まれ、キャラクターが冒険を進めていきます。

実際の社会で起こる事

これを会社で起こりそうな事を例えに、考えてみます。

ゴールからの逆算で思考する事が多い、社長や管理職の人間は、最初にゴールを設定して指示を出す事が多いです。

すると当然、抽象的な状態から指示がスタートします。

ゴールまでに必要な、パズルのピースを考えながら、上司は指示を出す為、完成の画である『抽象』を基に、パズルのピースである『具体』の部分を様々なタイミングで指示していく為…

『今は右上のパズルのピースの話し』
『前回は中央のパズルのピースの話し』

と言った感じで、実際の構造は、抽象と具体を行き来しているだけで、大枠では、上司の話は、一切間違ったことをしていませんが、指示を受けた当人からすると、『話しがコロコロ変わる』という感情に着地してしまう事があるのです。

考え方

この具体と抽象という考え方が出来ると、人の思考と発言は、どこまで行っても完璧な理解が難しいと言う事が、少しは想像できないでしょうか?

その為に、日々相手の心に矢印を向けるトレーニングをしたり、言葉を伝える努力を続ける事が、非常に重要であることが分かると思います。

それと同時にどこまで行っても、自分の言葉は100%相手に届く事はないと、理解した上で、相手とコミュニケーションを取る事も大切なのだと思います。

上司の言ってる意味が分からなかったら、『抽象』の部分を聞き出せば、少しだけ理解が進むかもしれません。

恋愛で話がこじれたら、『抽象』を聞き出したら、相手の心境が理解できるかもしれません。


どこまで行っても通じ合うことは難しい事を理解した上で、相手の事を理解する努力をして、人生を幸せに生きるコツを探してみませんか?

これは貴方と私が幸せになる為に、私の日々の気付きや学びを記したnoteです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かつを

続きは有料になります…ごめんなさい。 頂いたお金を使って、一緒に幸せになってくれる仲間を増やす費用とさせて頂きます。

かつを
1983.5.25 既婚 2児の父 2021.8月頃適応障害と診断されました。 日々の気付きや学び、趣味の事まで… 楽しく生きる、幸せに生きる を言葉にしていきます。