新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

はじめてのnote、渋谷PARCOでの写真展。

いまさらnoteをはじめて書くなんて、ネクタイの結び方を知らない大学1年生の春みたいな甘酸っぱい恥ずかしさがありますが、どうやらnoteに時効はありませんから、勝手に良しとしましょう。

市町村一周の旅をしていた間、自分のサイトを更新していましたが、なにせこれからの文章を残す場所としては中途半端なので、noteをはじめてみよう!と、思いました。noteには「気づく」という動詞の意味もありますし。言い分です。

渋谷PARCO、ほぼ日曜日さんでの写真展

書きたいことは、個展のことです。渋谷PARCO8階、ほぼ日曜日さんで「1741のふるさと」という全市町村の写真を展示した写真展を開かせていただいています。副題は「里帰りできなかった、あなたへ。」そしてあっという間に半分が過ぎました。

画像1

いまの気持ちを忘れないうちに書き残しておかないと、のちのち勿体無い気がしてまして。簡潔明瞭、備忘録でもいいですから。

”東京”は傷ついていた。

いきなり重たい話題ですみません。わたしはほんの少し前まで故郷の岡山県倉敷市にいて、展示のために東京へ来ました。こっち(地元)では「東京は新型コロナウイルスが〜」という文章に書き起こすことすらくどいような枕詞が当たり前です。特に「東京」という名前は使いやすい。誰かを特定するわけでもなく、個人を誹謗中傷するわけでもなく、遠巻きに自分たちを正当化できます。

それでも、遠巻きな言葉のはずなのに、関東、特に首都圏の方たちは、"東京"という名前で傷ついていた。会場に来てくださるお客さんとお話しをすると、「地元からは帰ってくるなと言われるの。」と何人もの方々が笑って話してくれた。心は泣いていた。新型コロナウイルスに関するいじめが地方では問題になっていますが、東京という不特定多数の大きな名前でもさほど変わらないんだと。

かなり深刻だと思いました。「里帰りできなかった、あなたへ。」という副題そのままに、今回の写真展は世相を反映して、みなさんにお届けする形となりました。東京と地方、”どちらが正しい”とかは一切の問題ではなくて、地方にお住まいの方はまだ暫く東京へはお越しになれないでしょうし、反対も然りですから、要は、お互いを理解し合えるには必然的に時間がかかるんだと思って。わたしはたまたま東京にやって来ましたから、この感覚を肌で感じています。

知らない世界を知らないから、知っていると感じていることそのものが、事実になりやすいですし、正義は紙一重な気がします。どっちも悪くないわけですから、認め合うことが、いちばんの正義なのかもしれません。

東京の人も、地方の人も、お互いの目を見て笑顔でいられるといいな。

展示に足を運んでくださるありがたさ。

本当にたくさんの方が展示に来てくださっています。年代層も幅広くて、若い方からご年配の方まで。写真を指差しながら見てくださったり、何枚も写真を撮ってくださったり、何時間も滞在してくださったり。少し暗いことを書いてしまいましたが、来てくださる方は、みなさんとても楽しそうで。一緒に日本を旅させてもらっているようで、この上なくありがたいですし、嬉しいです。

画像3

NHK「おはよう日本」さんの生中継もありましたが、”生中継”という要素の大変さを痛感しました。NHKのみなさまのプロフェッショナルさが、頭から離れません。番組をつくる熱量は、テレビ画面からは見えづらいかもしれませんが、現場にはその熱量が溢れています。早朝からお世話になり、本当にありがとうございました。

そしてこの度の展示を企画してくださった「ほぼ日」の皆様には本当によくしていただいていて、もう何度お礼をお伝えしてよいか分かりません。準備から設営から当日まで、note5本書けるくらい「お世話になりましたエピソード」があります。みなさんのお言葉やメールのやりとりひとつひとつが、大好きです。貴重なご縁をいただき、本当にありがとうございます。

展示は9月27日(日)まで。ご来場、ぜひお待ちしております。

画像2

(雨の渋谷より)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
295
写真家。日本の全ての市町村に行ったことがあります。Twitter/Instagram"@katsuo247"

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 18757本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (4)
1741枚の写真…地元や短大生の時に住んでた所や今息子が住んでる所や以前住んでいた広島や福山…まだ行った事のない場所も全部見たいんだけど行けそうにないので残念😓
かつおさんの目にはどううつっていたのか興味深いです。
たくさんの人が訪れているのをSNSで見て、なんだか嬉しいです😊
Twitterで写真展に訪れた方々の嬉しそうな、幸せそうな表情のお写真を見るたびにとてもうらやましく、行けない自分をうらめしく思っていたのですが、東京近辺在住の方々のお気持ちには考えが及びませんでした💦

緊急事態宣言下では、「帰ってくるな」と言われてしまうという話は聞いていたけど、今もまだそういう状態が続いているとは知りませんでした😥

「行きたいのに行けない」「帰りたいのに帰れない」「会いたいのに会えない」気持ちを抱えているのは、東京とか地方とか関係なくどこに住んでいる人でも、みんな同じなんですよね。

もう少し、もう少しだけ感染症の恐怖が和らいで、そして東京に住む人も地方に住む人も、お互いをやさしい気持ちで思い遣れるようになってほしいし、以前のように自由に行き来できるようになってほしいです。

かつおさんの写真、写真集で見るのと展示されているのを見るのとでは、ぜんぜん感じ方が違うと思います。
私も自分の目で会場で見てみたい、その日が来るのを心待ちにしています😊
❤ 神神は言った: コーランで ⚠️

⚠️「 人びとよ。あなたがた、またあなたがた以前の者を創られた主に仕えなさい。恐らくあなたがたは(悪魔に対し)その身を守るであろう。」(聖クルアーン 2:21)
東京での写真展のお手伝い1度だけしたことがあります。そんな時の、思い出がわいてきます。責任のないお手伝いなので、設営当日寝坊はするし・・。銀座の一等地?銀座のとある教会の一角にて。本人が用があって、会場を空ける日は、もう一人の有志の方と、交代で、お昼をとったり、休んだり。でも、なんにも、詳しいことは、説明できないし、ただ、本人の隠された話をお客様から、聞いたりして。お客様の反応を観察するだけでも、勉強になりました。近場の休憩場所を探したり、小さなハーブティショップで出された、抹茶椀での心優しいハーブティ。で、意外にも意外、同郷の近辺の人が店主やら、店員さんやらで。そういった、話をしてくれるのは男性でしたね。階段で、よろけたりすると、声をかけてくださったり・・。今では、あり得ないことかもしれません。撤収は、真面目にやりました。キャプションづくり、お客様の対応などは、前の職場の雑用業務が存分に役に立ちました。普段、会えない人との、つながりの場であったこと、思い出を共有する場であったことなど、ふつふつと、あの時気づかなったことを、今思い返しております。ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。