見出し画像

仕事日記2019.06.20 編

以前、インドのMRFシリーズに参加していた時にやたらめったらレース好きのカッコイイ フレンチジェントルマンドライバーと知り合った。

バーレーンWECのサポートレースの時にそのジェントルマン〜マリオットはスーツを着てあらわれた。その姿があまりにも決まっていてカッコ良かったので「銀行員みたいだね!」と言ったら周りの人もやたらツボって大笑いになった。マリオットは『え?おれ銀行員だよ?』と言ったので余計に皆笑った。
するとマリオットは『違う違う!ホントに銀行員なんだよ!』と名刺を出してきた。

そこには"BNP paribas"と書いてあり、さらに肩書きはU.A.E.の支店長だった。笑いは一気に驚きに変わったが、とにかく楽しい出会いからその関係はスタートした。

日本の方だとBNP?なにそれ?と言う感じだろうがこの写真を見たら分かるだろう。

現在、鮨店としゃぶしゃぶ店に加え、鮑の養殖水産加工会社の売却…と言うよりリセッションかな?がある。

岩手の海岸に拡がる陸上養殖。

ココにいま480万匹の鮑がスクスクと育っている。身がふっくらと柔らかい最高の蝦夷鮑だ。またこの産地の鮑を干したモノが吉浜鮑と呼ばれ、中国では高級食材として販売されている。

いま最高にカネが必要で何だかんだで四億円は必要。で、マリオットにメールをしてみたら直ぐに香港のBNPの同僚やシンガポールやサウジの友人にトスしてくれていま動きだした。

持つべきものは友達だなぁ…と思った次第。世界中に友達がいるってどんだけ大事か?って事だよね?

いまプチ炎上ナウのホリエモンなんか見てると香港で日本人だけの中でWAGYU Mafiaやってるでしょ?コーディネートとかで香港人はいるだろうけど、香港人がカネ出してるのかな?
日本人のビジネスに外人がカネ出さないとホントに海外出てる事にならないよ?
六本木でやってる事を九龍でやってるだけの違いでしか無いから。本当のインターナショナルのビジネスってそう言うモンじゃない。

ともあれ、せっかく紹介して頂けたのですぐに会わないとなりませぬ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

モータースポーツに関わって30年。国際感覚は誰にも負けないと自負しております。国内外のモタスポに関する問題を常に提起していきます。

ありがとうですぅ〜
4
ビジネスクリエイター。海外移住12年。マカオで2011年にレーシングカンパニーを立ち上げ、現在では世界各国にネットワークを持ちプロジェクトを展開。その他、飲食業やビジネスソリューションを提供するクリエイターにいつの間にか成っている不思議…

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。