見出し画像

東洋文明におけるホモ・サピエンスの分類

 人種や宗教や文明が異なるとき、ホモ・サピエンスに対する定義や認識それ自体が異なる。例えば、オバマ前大統領がネグロイド人種になったり、ユダヤ教徒の白人がユダヤ人になる。この時、俺らはホモ・サピエンスに対する俺ら自身の認識をきちんと持つ必要があると感じる。

以下で、俺らは「東洋文明におけるホモ・サピエンスの分類」を提示しよう。俺らはホモ・サピエンスに対する西側白人の定義や認識の奴隷になるべきでない。俺らは俺ら自身に認識に基づいて、世界を自己認識する必要がある。

まず始めに、俺はホモ・サピエンスの分類手法を提示する。そのあと、俺はホモ・サピエンスを分類して、次にコーカサス人種とモンゴロイド人種とネグロイド人種を分類する。さらに、俺はそれぞれの小人種を分類して、最後に民族を分類する。

(地図は「ここ(出典 総務省統計局「世界の統計 2020」)」から)

0章 目的と前提

 俺らがホモ・サピエンスの分類を提示する前に、俺らは目的と前提を前もって提示する。

1節 目的

 ホモ・サピエンスの分類の目的とは、俺ら自身が誰であるかを知るためである。ホモ・サピエンスの分類の二番目の目的とは、俺ら自身が異人種や異教徒や異なる文明の視点の奴隷にならないことである。以下の分類は完全には科学的でなく、それには政治や文明や宗教、領土が関係する。

2節 前提

 前提は次である。人種や文明や宗教が異なるとき、ホモ・サピエンスに対する認識や定義それ自体が異なる。だから、俺らはホモ・サピエンスに対する俺らの視点を俺ら自身で獲得する必要がある。

たとえ科学的な事実が西洋と東洋と中東で一致するとしても、もし事実に対する定義や認識が異なるならば、ホモ・サピエンスに対する認識や把握の仕方は一致しない。加えて、人種が異なるとき、脳の遺伝的な性質それ自体も異なるので、ホモ・サピエンスに対する認識や把握も異なる可能性がある。

さらに、宗教、創造主の意志の存在を仮定するとき、一部のホモ・サピエンスは科学的な事実も事実に対する認識や把握も拒否して、創造主の意志を優先するだろう。なぜなら、ホモ・サピエンスという生物種やコーカサス人種という人種も創造主の意志によって創造された。

1章 ホモ・サピエンスの分類手法

この続きをみるには

この続き: 21,811文字 / 画像46枚

東洋文明におけるホモ・サピエンスの分類

とある人工世界の創造主

300円

この記事が参加している募集

名前の由来

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ここから、投げ銭をしよう。下記の「気に入ったらサポート」欄を押せ。

心と体の健康を
とある人工世界の創造主。ここでは、宗教や信仰、文明に関係した話題(意図や悪意)を提供する。 東洋文明を再興させ、アメリカ大陸を取り戻すモンゴロイド人。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。