見出し画像

【自己紹介No.10】 加藤 章太朗


こんにちは。RELATIONSの加藤 章太朗(@katoshow)です。

おじさん競馬エンジニア…もとい久原さんから自己紹介バトンをいただきました!久原さんを大学から誘拐した犯人です。

RELATIONSには創業時から在籍しているのでかれこれ11年目...。現在のメインの仕事は、全社の戦略策定、純ホラクラシーの導入・運用、です。

ホラクラシーのツールで自分のロールを確認してみたところ、現在は以下のロールにアサインされてました。

・全社戦略
・事業の進退
・予算管理
・新規事業
・ホラクラシー
・ピープルマネジメント
・コンプライアンス
・フィードバック
・利用規約
・立て替え経費
・評価の最終確定
・評価報酬制度(業務委託)
・選考担当

RELATIONSのホラクラシーはこちらから。

趣味は格闘技、漫画、アニメ、パスタづくり、たまに麻雀です。格闘技は高校から大学の5年間ほどボクシングをやっていました。社会人になってからもちょいちょいボクシングやキックボクシングをやったりしてます。

1, 経歴

2000年 サレジオ学院高等学校 入学
2002年 サレジオ学院高等学校 中退
2003年 都立新宿山吹高校 入学
2004年 都立新宿山吹高校 卒業
2004年 慶應義塾大学経済学部 入学
2008年 慶應義塾大学経済学部 卒業
2008年 株式会社ベンチャー・リンク 入社
2009年 RELATIONS株式会社(当時はリレーションズ株式会社) 設立

生まれも育ちも東京都です。実家は、株式会社加藤組という建設会社をやっていました。今のご時世だと勘違いされそうな会社名ですね。

幼少期は、週に1回だけ通う「世田谷幼児生活団」という不思議な幼稚園に所属していました。

幼稚園の理念が「よく教育するとは、よく生活させることである」ということらしく、家での生活も教育と捉えるそう。なので、基本は家で教育し、幼稚園に行くのは集合日と呼ばれる週1日でした。今考えるとすごい変わってて親は大変だったんだろうなと思います。

そして、経歴を見ると2つの高校に通ってますが、決して悪さをして退学になったわけではありません。

ガチガチの進学校の校風が合わず。進路をゼロから考えるために高校2年生で退学。単位制の高校に編入しました。結果、高校4年生を経験。人生のモラトリアム期間でした。

さて、趣味の話に移ります。

趣味その1:格闘技

一番の趣味は格闘技です。PRIDEや旧K-1の崩壊で一時期は暗黒時代だった格闘技ですが、実は今熱いんです...!

総合格闘技、キックボクシング、ボクシングと比較的何でも見ます。会場での観戦は年に10回くらい。去年、一昨年は福岡まで見に行ってます。RIZIN.13のボブサップ VS 大砂嵐は現地で見て大爆笑しました。

メイ_jpg

(RIZIN.14のフロイド・メイウェザー)

好きなファイターは那須川天心、原口健飛、ロッタン、ペトロシアン、堀口恭司、石渡伸太郎、コナー・マクレガー、ネイト・ディアス、ダニエル・コーミエ、デメトリアス・ジョンソン、井上尚弥、マニー・パッキャオ、大砂嵐、ボブサップなどなど。

観戦だけでなく自分も競技者として高校1年生から5年ほどボクシングをやってました。社会人になってからもボクシング、キックボクシングをちょこちょこ。きっかけはベタに「はじめの一歩」を読んだこと。あと当時の格闘技ブームも大きなきっかけでした。

高校に入学した2000年は格闘技ブームのまっさかり。PRIDE.1の高田延彦 VS ヒクソン・グレイシーは1997年。旧K-1のピーター・アーツ、アンディ・フグ、アーネスト・ホースト、ジェロム・レ・バンナなどの選手が全盛期でした。なお、当時好きだった選手はジェロム・レ・バンナでした。

魔娑斗が出ていたK-1 WORLD MAXも2002年に始まり、めちゃくちゃ盛り上がってた。

趣味その2:漫画、アニメ

以下の漫画がお気に入り。

・サンクチュアリ
・アルキメデスの大戦
・インベスターZ
・親愛なる僕へ殺意をこめて
・カイジ
・賭博覇王伝 零
・ハンターハンター
・鬼滅の刃
etc...

趣味その3:麻雀

昔はよくやっていたけどやめてしまった麻雀を、最近たまーにやるようになりました。と言っても年に2〜3回くらい。「Mリーグ」ブームもあり、会社でたまに開催されるようになりました。

実は、大学時代に麻雀店で雀ボーイとしてアルバイトしてました。最近はAbema TVで「Mリーグ」が始まって健全性が高まってきた麻雀ですが、自分が大学生だった10数年前は健全性とはかけ離れた世界だったように思います。

お店のメンバーやお客さんは、ギャンブル好きな人が多かったです。僕はギャンブルで身を滅ぼすタイプではないのですが(多分)、ア●ムやゼ●ファーストで数百万円の借金を抱えて、いつの間にか地元に帰ってしまう人も多かったです。リアルカイジの世界。

そのうち、リアルカイジの世界は世知辛いなーと思うようになり、麻雀やギャンブルが嫌いになりました!そして、卒業。

ただ、最近はインターネット麻雀の普及のおかげもあって、リアルカイジの世界から(一部)では健全な頭脳ゲームに進化を遂げています。あとは、年をとって見方が少し変わりました。

意外かもしれませんが、麻雀とベンチャー企業の経営ってけっこう似てるんじゃないかと思っています。麻雀は不完全ゲームで運の要素が必ず絡みます。

そのため、実力があるからと言ってすべての半荘で勝てない。その中でやるべきことは、メンタルを保ちながら期待値が高い選択をし続けること。確からしい一打を積み重ねることが重要です。そうすれば、1半荘勝負では負けることはあるけど、100半荘、1,000半荘、やれば勝てるゲーム。

ベンチャー企業の経営も似ている部分があるかなと思います。大企業と比べ実力が劣るベンチャー企業だとしても、まだ誰も気づいていない期待値を計算し、ベットし続ければ勝てる可能性がある。持っている実力だけで勝負が決まるゲームは、フェアだけど面白くない気がします。

趣味その4:パスタ作り

特にカルボナーラを極めてます。乳化させる時間が好きです。

2, なぜRELATIONSを選んだのか

RELATIONSの創業の経緯は、他のメンバーの記事にも色々載っているので短めで!

当時所属していた会社で、顧客の事業立ち上げを支援していたのですが、業績悪化により、支援を継続することが難しくなりました。

「じゃあ会社を創って自分たちで支援しよう!」という話になりました。

また、当時のチームは働いていて楽しかったし、起業はそのうちしようと思っていたのも大きな理由です。リスクテイクはどんどんすべきという性格なので、特に迷うこともなく話が出て1ヶ月以内には起業していた気がします。

ただ、色々と理由は後付けできますが、要するに「ノリ」です.....今同じような状況の人がいたら「もう少しちゃんと考えようよ」と止めると思います。

3, RELATIONSでの業務内容

さて、RELATIONSでの現在のメインロールは、全社戦略の策定・浸透やホラクラシーの導入・浸透です。

以前のRELATIONSは、多角化の方針を取っており、事業領域もかなり広かったのですが、2017年にミッションを再定義しました。

これにより、多角化をやめミッションに向けて複数事業を統合し、推進力を出していく必要性が強まりました。

そのために必要性が増したのが「事業戦略」に加え「全社戦略」です。

戦略とは目的へのシナリオ。簡単に言えば「やることとやらないこと」を決めること。全社戦略は様々な背景を鑑みて、全社レベルで定義するといった仕事になります。

もう1つの大きなロールであるホラクラシーの導入・浸透については、会社の自己組織化を実現するための施策です。

ホラクラシーとは2007年に生まれた組織を管理運営する新しいテクノロジー。Zappos.comが導入し注目されました。目的に向かって自律的に変化をし続ける組織を作るためのフレームワークとなります。

画像2

(RELATIONSのホラクラシー)

ホラクラシーに関するSELECKの記事はこちら。

日本でもティール組織やホラクラシーという言葉は広まりつつありますが、ホラクラシー憲法に則った純ホラクラシーを運用している会社は自分が知る限り、数えるほどしかありません。

2019年7月頃より導入を始めましたが、きっかけは「権限分散をより促進し、それぞれのメンバーの判断によって、自律的に変化し続ける組織を創りたい」という思いからでした。

2017年のミッション再定義によって「権限を分散し自律的な組織を創っていく」という方向性は決まっておりました。「じゃあ実際にどう実現しようか?」という時にホラクラシーは最適なフレームワークだと判断しました。

ホラクラシー組織では、役職単位ではなく、ロール単位で組織が設計されます。CEO、COO、CFO、CTO、といった役職は不要であり「全社戦略の策定」や「ホラクラシーの導入・浸透」のようにロールが定義され、そこに最適な人がアサインされます。様々な役職に暗黙的に紐付いていたロールが明文化され、分散されます。

例えば、事業責任者であっても、マネジメントが苦手であったり、人の評価が苦手ない人はいます。ホラクラシーではロールに最適な人がアサインされる仕組みなので、役職に引っ張られ苦手なことをやり続け、組織的なひずみが解消されず大きくなってしまう事態を防げます。

導入から5ヶ月程経ち、ある程度全社で回り始めてきました。今後はより高いレベルでの運用や本当の意味での自己組織化の実現をしていければと思います。

自分もまだまだロールを手放せてないので、もっとロールを手放し権限分散を進めていきます!

4, 次のバトンは…?

ということで次のバトンは、福濱伸一郎(@s29802980)です。

彼は2019年卒の新卒で、Less is Plusのセールスチームで活躍しているとっても面白い関西人。いつも社内のみんなを大爆笑させているお笑い担当です。彼の自己紹介をお楽しみに!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。