見出し画像

沖縄の空に

こないだ、沖縄の北部にある東村、高江に住んでいらっしゃる石原さんという方のお話を聞いてきました。
 私は2016年に高江にお邪魔させてもらいました。やんばると呼ばれる森に囲まれている地域で、大自然のなかにはたくさんの生き物が生息しています。人口は約140人、住んでいる方々もまたその自然の一部として調和しているような印象を抱きました。森の小道を進んでいくと木々や草木が生き生きと生い茂っていて、海辺に近づいていくとヤドカリたちが横切っていきました。透き通る青い海、パパイアの木、写真や映像で見てきたそのままの沖縄の綺麗な風景。夜の砂浜にはウミガメが産卵するためにあがってくることもあると聞きました。

けれど、轟音と共に黒い影を落としていく存在を目の当たりにします。ニュースでよく聞く、あの、オスプレイ。森のすぐ真上を低空飛行していきました。

真っ先に”怖い”という感情でいっぱいになったのを覚えています。この高江という地域は米軍の訓練場と隣り合わせに位置しています。1957年から使用が始まり、ベトナム戦争での訓練にも使われました。そして90年代後半、日米間で訓練場の一部を返還をする代わりにヘリパッド建設が合意され、これまでに6箇所が完成しています。反対の声やゲート前の座り込みも押し退け、工事は強行されました。住宅や森の上空を飛んでいくので、騒音と低周波に晒されながら生活するのはどれだけ不安だろうか、計り知れません。
 そして石原さんのお話を聞いて、ニュースや新聞で得る情報や外から見えている印象とのギャップに驚かされます。”反対””反対派”という言葉には何故か無意識のうちに過激なイメージがつきまといますが、無防備に座り込みをし続けた人のほとんどはそこで生活し、森での生活を守りたいだけの住民の方々で、活動のための資金やお弁当をどこからか用意されてるわけではありません。そして知れば知るほど、問題が複雑に絡み合っていて、一概に結論付けるのは困難に思えました。平成は戦争がなかった時代と言われるけれど、本当に平和だったかどうかはわかりません。沈静化していただけで、戦いの名残が、戦いの火種が、日本の末端に潜んでいるような気がします。日々、自分が生きていくことだけで精一杯で、知らないことが多すぎるけれど、悲しみを繰り返さないように、美しいと思える自然を残していけるように、時間をかけて見て聞いて知って伝えたいです。そして私にも教えてください。こんな話が誰とでも気軽にできるような世界になればな。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

111
KATAHIRA RINA

この記事が入っているマガジン

コメント3件

ほんとに。そぉ思う、同感です。
里菜さんが、先日読んでた小説を私も以前読みました。
『忘れられた巨人』
過去の物語、他国事、他人事、ではなく火種を抱えている怖さを覚えました。同時にたくさんの人々に知って欲しいと思いました。意見や主義主張は、それぞれだろうから、知ってもらうだけでも良いとも。
ただ私も、戦争んをなくし世界中で平和を話しあえる暮らしを祈ってます。
漫画からの引用ですがw、
『世界中の人間が100%毎日ミルクを飲めば世界から犯罪が消えるって………
信じる⁉️』by ワンピース エンポリオ・イワンコフ
同じように、毎日のミルクで戦争がなくなれば…と
願い、祈るばかりですが。
わたしは今アメリカに留学していて、アメリカ側の視点から日米関係を勉強していますが、
私が日本で聞いていた表現とはまた違う教え方をされたり、何が本当なんだ?と疑うことばっかりで、、、利害がどうとかばっかり、じゃなくて、ちゃんと「人間的に正しい」見方、行動、ができるような人になりたいなっておもう最近です。
里菜ちゃん、かっこいいです、「こんな話が誰とでも気軽にできるような世界になればな」本当に私もそう思います。戦争の話、人権の話、友達にしてもマジメだね〜のひとことで一掃されます、それがとても悔しい。
いつかあなたが兵役に呼ばれる可能性だってあるんだよ、って、
私たちの問題でもあるのに、他人事に捉えてるひとが多すぎることに危機感を感じます。。。
結局、第2次世界大戦の結果を引きずってここまで来てますよね。戦後70年以上ですが、外交の面でも現在進行形で負け続けているのだと思います。
日本を守るためでもあり、アメリカの防衛戦略上欠かせない要塞となっているのが現状。そこを優先するあまり沖縄の人々の気持ちは置き去りです。
本土の分まで沖縄にお願いしているのだから関係ないからではなく考えないといけないですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。