新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

公民館・児童館・全国のフリースペースでもカタリバオンラインが利用されています!

3/4(水)〜プログラムを開始した「カタリバオンライン」。全国のフリースペースでも、みんなで身体を動かしたり、コンテンツを楽しんだりする時間に活用されています。

〇公民館での活用例

新型コロナウイルスの影響で子ども達が近所の公民館・児童館などに集まり、急な対応に追われている施設も数多くあるのではないでしょうか。

子どもたちを受け入れてはいるものの、急な対応に何かコンテンツを用意することも難しく、子どもたちは集まってゲームに明け暮れて…。

そのような公民館・児童館・民間の方々にも、カタリバオンラインを活用していただけたらと思い、岩手県大槌町の事例をお伝えします。

画像2

岩手県大槌町にある、とある共生ホームでは、新型コロナの影響による休校措置を受けて、臨時で町の教育センターで子どもたちの受け入れを行っています。

上の写真は、公民館に集まったみんなでヨガのプログラムに参加してくれているところ。公民館でも運動はできますが、いつもとちょっと違うところを使って、体もすっきりほぐれたようです。

画像2


一方こちらは、英会話のプログラムに参加してくれている様子です。

子どもたちだけではなかなか英会話に取り組むことは難しいし、ネイティブの先生が近くにいる場もなかなかないですよね。

カタリバオンラインの英会話プログラムは、フィリピンのネイティブの方々と英語でコミュニケ―ションを取ることができます。

〇どんな人でも過ごしやすい居場所です

カタリバオンラインは、全国のたくさんの子どもたちに届けたいという想いで活動しています。公民館・児童館・フリースペースを運営されているみなさまにも、ご活用いただけたら嬉しいです。

たとえ普段からおうちで過ごすことが多い子でも、発達に凹凸を持っている子でも、学校が苦手な子でも、カタリバオンラインが過ごしやすい居場所になるよう、魅力的なプログラムを届けていきます!



●認定特定非営利活動法人カタリバについて
どんな環境に生まれ育った10代も、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会を目指し、2001年から活動する教育NPOです。高校への出張授業プログラムから始まり、2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供するなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組んでいます。
《団体概要》
設立   : 2001年11月1日
代表   : 代表理事 今村久美
本部所在地: 東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
事業内容 : 高校生へのキャリア学習・プロジェクト学習プログラム提供(全国)/被災地の放課後学校の運営(宮城県女川町・岩手県大槌町・福島県広野町・熊本県益城町)/災害緊急支援(西日本豪雨)/地域に密着した教育支援(東京都文京区・島根県雲南市・島根県益田市)/困窮世帯の子どもに対する支援(東京都足立区)
公式HP: https://www.katariba.or.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/katariba
カタリバオンライン公式サイト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
学校に行けないけど集まろう“カタリバオンライン”!大人と子ども、みんなが集まるオンラインの広場です。webでおしゃべりできるシステム「zoom」を使用し、様々なプログラムを行います。オープン時間は、平日の朝9時半〜16時半。 https://katariba.online/