新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

カタリバオンライン説明会の日程一覧(対象:利用を希望する保護者/ボランティア希望者)

NPOカタリバは、新型コロナウィルスによる休校に伴い、新サービス「カタリバオンライン」を3/4(水)より開始致します。

●カタリバオンラインとは

>カタリバオンライン

大人と子ども、みんなが集まるオンラインの広場です。webでやりとりできるシステム「zoom」を使用し、様々なプログラムを行っています。オープン時間は、平日の朝9時半〜16時半です。

カタリバオンラインは、下記の3つのポイントで、子どもたちの安全性を守りながら、オンラインで居場所とストレスケアを目指した多様な学びの機会をつくります。

①子ども達と双方向にやりとりしながら楽しめるオンラインの居場所です。
一方的に動画を再生しつづけ「情報の消費者」としてオンラインに関わる機会にするのではなく、『参加できる機会』を目指します。子どもたちが自分の言葉で語る時間は、情報を得ている時間よりも脳内がぐるぐる動いているかもしれない。発話すること、語り合うこと、これらの機会を大切にします。

②自分の可能性を広げる多様な人との出会いや機会を安心安全に届けます。
子どもたちが自由にSNSで人とつながる機会を得て、個人的なやり取りの中で見知らぬ人と出会うことは、多くの危険性もはらんでいます。カタリバオンラインでは、個人情報のやりとりは禁止、という前提の中で、ボランティアとして集まってくださる様々な方々に事前研修を行い、倫理をもって子どもたちと関わっていただきます。住んでいるエリアで出会える人の多様性は限られていますが、オンラインであれば、人生の可能性を広げる新しい可能性があるかもしれない。その可能性を追求します。

③どんな場にも子どもたちを見守る大人たち(キャスト)がいます。
ネット上でのやりとりは、リアルな場での関係構築とは少し違った特性があります。子どもたちだけに自由開放することは、時には様々なもめごとなどが起きるかもしれません。また、声の大きな子ばかり目立って、一言も発せない子も出てきてしまうかもしれません。クラブやプログラムでは必ず、キャストと呼ばれる大人たちが見守ります。キャストは子どもたちを導くとともに、子どもたちの気持ちや安全にも配慮して関わります。

NPO法人カタリバが2001年よりリアルの場で活動してきたノウハウを、オンラインでお届けする、新しいチャレンジです。日本全国の子どもたちに、安全に双方向でやりとりできるオンラインの居場所を届け、「ひとりぼっちでつまらないこども」を一人でも減らすことを目指します。

●ご利用を希望のみなさまと、ボランティアに興味のある方へ向け、説明会を実施します!

みなさまに向けて、オンラインでの説明会を開催します。

利用希望の方は、親子での参加ももちろん、保護者の方のみの参加も大歓迎です。また、ボランティアとして関わってくださる方々の参加もお待ちしています!

*これまでは別々に行っていた説明会の内容を刷新し、保護者の方もキャストの方も同じ日程で説明会を実施することになりました。

この説明会は、インターネットにアクセスする環境(パソコンやスマホなど)があれば、どなたでも無料で参加していただけます。

カタリバオンラインの開始は3/4(水)ですが、説明会はその後も随時開催しておりますので、下記リンクよりお申込みの上、ご都合のいい日にご参加ください!

カタリバオンライン説明会 日程
・4/5   (日) 10:00~
・4/8   (水) 20:00~

保護者の方はこちらからお申し込みください

ボランティアをご希望の方はこちらからお申し込みください


この説明会では、実際にZoomを使ってどんなことにお子さんが取り組むのか、どのようにZoomを操作するのか体験できます。
「Zoomを使ったことがないから不安…」
「どんなプログラムがあるの…?」
などの疑問点をお持ちの皆様におすすめです。

ご都合がつく方は親子でぜひご参加ください。
もちろん、保護者の方のみのご参加も大歓迎です。
みなさまのご参加お待ちしております。


●ボランティアをご希望のみなさまへ

保護者の方と共にサービスについてご説明をした後、詳しい役割についてお伝えさせていただきます。

カタリバオンラインは、多様な役割で参加していただける方を募集しています。※大変申し訳ないのですが、応募者多数の場合、すべての方に関わっていただけないかもしれません。その場合も、お気持ちで応援いただけると嬉しいです。


以下の役割を現在募集しております。

1)子どもたちにあなたの得意でプログラムを届ける「オンライン師匠」
 プログラムは、30分~1時間くらいの想定。
 (3月中、3回以上実施していただける方にお願いしたいです。)

2)小さなキッズたちと、手遊びや歌などであそぶ「オンライン保育士」 
 プログラムは、30分~1時間くらいの想定。
 (3月中、3回以上実施していただける方にお願いしたいです。)

3)小中高生の勉強をコーチングしてくれる「オンラインコーチ」
 子どもたちの宿題の質問に答えながら、一緒に考えてあげる役割。
 (1日2時間、週に2回以上関わっていただける方を募集します。)

4)子どもたちを支え、対話する「キャスト」
  子どもたちのお話相手になりながら、見守ってくださる方。
 (週に1度、10時~16時以上ご参加いただける方を募集します。)

皆様のご応募をお待ちしております。

※参加者が少ない回については、他の日程にご移動をお願いする場合がございます。ご了承ください。

保護者の方はこちらからお申し込みください

ボランティアをご希望の方はこちらからお申し込みください


●認定特定非営利活動法人カタリバについて
どんな環境に生まれ育った10代も、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会を目指し、2001年から活動する教育NPOです。高校への出張授業プログラムから始まり、2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供するなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組んでいます。

《団体概要》
設立   : 2001年11月1日
代表   : 代表理事 今村久美
本部所在地: 東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
事業内容 : 高校生へのキャリア学習・プロジェクト学習プログラム提供(全国)/被災地の放課後学校の運営(宮城県女川町・岩手県大槌町・福島県広野町・熊本県益城町)/災害緊急支援(西日本豪雨)/地域に密着した教育支援(東京都文京区・島根県雲南市・島根県益田市)/困窮世帯の子どもに対する支援(東京都足立区)
公式HP: https://www.katariba.or.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/katariba
カタリバオンライン公式note:https://note.com/kataribaonline

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16
学校に行けないけど集まろう“カタリバオンライン”!大人と子ども、みんなが集まるオンラインの広場です。webでおしゃべりできるシステム「zoom」を使用し、様々なプログラムを行います。オープン時間は、平日の朝9時半〜16時半。 https://katariba.online/

この記事が入っているマガジン