見出し画像

Manslaughter...

Prologue

橙色、緑色、茶色、赤色。ぼやけた光は段々と形を結び、アンティークの照明、革張りのソファ、椅子を引きずった跡の残る床に変わった。

「オッ、目覚めたかい。」

赤色のハットはメニュー表から顔を上げた。

「ここは…。」

椅子から立ち上がれない──俺は両手が縛られていることに気付いた。左を見ると眉間にステーキナイフが刺さった男が座っている。

ハットが嬉しそうに揺れる。右手には真新しいナイフが握られていた。

「やめてくれ…。」

「驚いた!お前からそんな言葉が聞けるとは!人喰いギムレットの名が泣くぜ?」

俺が?人喰い?身に覚えのない話だ。

「人違いだ!」

「弟を殺してよく言うぜ。人喰いさんよォ!」

ハットがナイフを投げる。
俺は歯で受ける。
ナイフを手に滑り落とす。
紐を切る。
踏み込んでハットのこめかみに刺す。

全工程僅か20秒。俺は無意識の殺戮に戸惑った。記憶にない。これは過失致死だ。
その思いと裏腹に鏡に映る俺の顔は笑っていた。

(続く)

#逆噴射プラクティス #逆噴射小説大賞 #記憶喪失 #人が死ぬ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ここに送られたお金は全て電楽のビスコ代として利用させていただきます。

🎍🎍🎍🎍
9
お話を投稿したり、趣味の話をしています。 時折、お肉仮面の写真をまとめています。みてみてね。