かしま┃ヘルシーな働き方

キャリアアップや転職・副業に役立つ情報を発信してます┃【経歴】ブラックな求人広告営業→人事→HR系ホワイト企業でまったり事業開発+副業でSNSマーケなど┃仕事もプライベートも健康的にコスパ良く過ごしたいアラサー

かしま┃ヘルシーな働き方

キャリアアップや転職・副業に役立つ情報を発信してます┃【経歴】ブラックな求人広告営業→人事→HR系ホワイト企業でまったり事業開発+副業でSNSマーケなど┃仕事もプライベートも健康的にコスパ良く過ごしたいアラサー

    最近の記事

    • 固定された記事

    【完全無料】AIがあなたの天職を診断!自分に合う業界・職種をランキングで教えてもらった話!

    ◆あなたの天職を無料診断! こんにちは!かしまです! 新卒から長く人材業界におり、自分自身でも転職を2回ほど経験したため、様々な診断テストを人事側・求職側の両面から使ってきました。 そんな私ですが、先日とある診断テストを受けてみたら非常に精度が高く、当たりすぎて思わずニヤニヤしてしまうサービスに出会えたので、勝手ながらここで紹介させてください!! 「転職やキャリア形成に役立つ診断テスト」といえばストレングスファインダーが有名ですが、個人的にはこちらの診断テストの方が満

    スキ
    188
      • 今日わかってもらおうとするから喧嘩になる

        「どうしてわかってくれないの?」 「なんでこんなことも出来ないの?」 「普通、こうするのが当たり前じゃない?」 恋人や同僚に対して、このような感情を抱いたことはないでしょうか? でも、そもそも全く別の人間なんだから言葉で伝えずに理解して動いてもらえるわけがないんですよね。 自分の考えていることだってきちんと言語化できている人は少ないのに、他人の考えていることをくみ取って言語化して、さらにそれに沿って動いてあげられる人なんてほとんど存在しないのではないでしょうか。

        スキ
        78
        • 価値は常に強みから生まれる

          「苦手な数学を克服しよう!」 「好き嫌いせずに食べなさい!」 「クラス全員と仲良くしましょう!」 日本の教育は「強みを伸ばすこと」ではなく「弱みをなくすこと」に、「好きを伸ばすこと」ではなく「嫌いをなくすこと」に重きを置いています。 学校の通知表や受験などの仕組みを考えればわかりやすいですが、もともと90点だった教科を100点にするより、もともと30点だったものを60点にする方が簡単にもかかわらず全体の平均点が大幅に上昇するよう設計されています。 学校でも受験でも、

          スキ
          127
          • 上司や顧客はダメ出ししないと仕事した気になれないので、ちゃぶ台返しされる前に早めに何か言わせておきましょう

            こんにちは、かしまです。 突然ですが、「ボスマネジメント」という言葉をご存じでしょうか? ボスマネジメントとは、その名の通り”ボスをマネジメントすること”です。つまり、日本で一般的に使われるマネジメント「管理職が部下を管理する」という意味ではなく、「部下が仕事の目的達成のために上司に働きかけをして望ましい言動を引き出す」という意味です。 海外(特にアメリカ)ではよく使われる単語だそうで、ボスマネジメントに関する書籍なども多数出版されているとのこと。 一方、日本では「マ

            スキ
            56

            今の働き方、70歳まで続けられますか…??

            こんにちは、かしまです。 突然ですが、皆さんは現在の働き方を定年まで続けられそうですか? 2013年に政府が改定した「高年齢者雇用安定法」により、定年は60歳から65歳へ引き上げられました。 現在は経過措置期間ですが、2025年4月からは定年制を採用している全ての企業において65歳定年制が義務化されます。 言わずもがな日本は超高齢化社会ですので、定年年齢は65歳からどんどん引き上げられていくでしょう。(そして年金の支給は後ろ倒しになり、金額も減少していくかもしれません…

            スキ
            63

            【60分のキャリア相談が無料!】プロのカウンセラーに仕事の相談をしたら超スッキリした話

            こんにちは、かしまです。 コロナ禍の昨今、今後のキャリアに悩んだり、転職活動を始める方も多かったのではないでしょうか。ただ、今までのように気軽に人に会って相談できないため、1人で悩みを抱え込んでしまう人も多いはず…。 そこで今回は、「1人でキャリアについて悩んでいる人」に向けて、僕も実際に体験したおすすめキャリア相談サービス「マジキャリ」を紹介させていただきます!  ※リアルの友達にも無料体験をおすすめしていて、かしま調べでは9割以上の方たちに満足してもらっています…!

            スキ
            449

            「非効率な業務」や「社内のめんどくさい人間関係」から解放されて、普通に働きたい人に評判の転職サービス「識学キャリア」!

            ★識学キャリアの無料面談登録はコチラから★ こんにちは、かしまです。最近、20-30代のビジネスパーソンから仕事や転職のお悩み相談をされる機会が増えてきました。終わらないコロナ禍の中、本格的に今後のキャリアについて考え始める方が増加しているのかもしれません。 実際、様々な方のお話を伺ってみたところ、「若手ビジネスパーソンが会社に抱きやすい不満」は以下のような点が多いようです。 「今後のキャリアのために、市場で評価されるスキルや経験が身につく仕事をしたい」 「ムダな業務

            スキ
            349

            「努力の天才」などいない。「努力できる環境」があるだけ。

            努力は必ず報われる 何かを成し遂げるために「努力」は必要不可欠な要素であり、その重要性は今更語るまでもないでしょう。最近では、白血病を克服してオリンピック出場を決めた池江璃花子さんの言葉で、改めて努力の大切さを痛感した人も多いのではないでしょうか。 「まさか、100(メートル)で優勝できると思ってなかったですし、5年前のオリンピック選考会よりも、ずっと自信もなかったし、自分が勝てるのは、ずっと先のことだと思ってたんですけど。勝つための練習もしっかりやってきましたし、最後は『

            スキ
            440

            無料で利用可能!社会人向けOB訪問サービス「キャリーナ」がオススメな理由5選と登録方法を徹底解説!

            社会人になってから現在まで人材業界に身を置き続け、人事としてもたくさんの求職者に会ってきましたが、20~30代前半の社会人からよく聞く悩みに「社内でキャリアの見本にできる先輩がいない」「仕事の悩みを相談できる相手がいない」「転職相談できる相手がいない」といったものがあります。 就活生ならOB訪問として各企業の先輩や大学の先輩が快く相談に乗ってくれるでしょうし、OB訪問の仲介サービスも多数存在します。また、キャリアセンターの職員さんやゼミの先生などに相談したりも出来るでしょう

            スキ
            94

            就活生に知っておいて欲しいこと

            どうも、かしまです。2022年卒の就活が解禁されたそうなので、過去を振り返りながら就活生時代の自分に伝えておきたいことをまとめていきたいと思います。個人的なメモではありますが、就活生や大学生の方の参考になれば嬉しいです。 社会人はただの人間まずはこれ。学生のときは同世代の人たちと絡む機会が多く、触れ合う大人は学校の先生、バイト先の社員さん、親戚のおじさんくらいなものでした。 しかし就活になった途端、急にたくさんの大人と触れ合うことになって正直ビビりました。OB訪問に行くだ

            スキ
            287

            「断れば1分、断れなければ1時間」

            どうも、かしまです。 最近、「断れば1分、断れなければ1時間」という言葉を耳にしました。 あまり気が乗らない誘いを受けたときに「ここで断ったら嫌な顔をされるんじゃないか…」と思って嫌々OKしてしまったり、無茶な仕事を振られたとき「残業して頑張ればやれないこともないかな…」とついついOKしてしまった経験がある方は結構いるんじゃないでしょうか。(僕もあります…) でも、嫌々引き受けたことって大抵の場合、時間もお金もメンタルもすべて無駄にすることが多いんですよね。 「若いう

            スキ
            228

            何を言えるかが知性で、何を言わないかが品性

            どうも、かしまです。 今日も今日とてインターネットの海を徘徊していたところ、スピードワゴン小沢さんのインタビュー記事にたどり着き、素敵な言葉に出会いました。 「何を喋れるかが知性で、何を喋らないかが品性」 自分の人生を振り返ると、年齢を重ねていけばいくほど、知性と品性の違いにハッとさせられることが増えてきた気がします。年齢を重ねるほど知性(知識)は増えていきますが、それらをその場面ごとに引き出し、適切な形で人に伝えることの何と難しいことか…。 子供のころは新しく手に入

            スキ
            351

            人間の疲労度合は「行動量」ではなく「意思決定量」で決まるらしい

            どうも、かしまです。先日、「人間の疲労度合は、行動量ではなく意思決定量で決まる」という話を聞きました。 コーネル大学の研究によると、人間は無意識のものを含めて1日に35,000回も何かしらの決断をしているそうです。また、食事に関してだけでも1日に平均226.7回も決断しているとのこと。 例えば、平日の朝を思い返してみてください。「今日は朝ごはん食べなくてもいいかな…。いや、軽くでも食べといた良さそうだな…。」「軽く食べるにしても今食べるもの何かあったかな…。」「まぁ、朝ご

            スキ
            162

            「最高の会議」とは「一言もしゃべらない会議」のこと

            先日、「amazonのすごい会議」という本を読みました。 本書によると、amazonにおける最高の会議とは「一言もしゃべらない会議」のことだそうです。 "会議開始から15分間ほどは、配布された会議資料を各自で黙読する時間を取り、一通り目を通し終わるまでの誰の質問も受け付けない"とのこと。そして、全員が読み終えた後に質問や追加のアイデアなどがあれば発言し、特になければ「これで行きましょう」で会議終了。 これがamazonにおける最高の会議なのだそうです。 ※前提として、

            スキ
            113

            金曜夜に行く5000円の居酒屋より、土曜の朝に行く3000円のモーニングが好き

            どうも、かしまです。 アラサーになって気付いたんですけど、金曜夜は仕事を終えたらサクっと夕食を済ませてからゆっくり湯舟に浸かり、お風呂上りに濃いめのカルピスをイッキ飲みしてさっさと寝て、土曜朝にぐっすり寝て体の元気を取り戻した状態でモーニング行く方が圧倒的に満足度高いんですよね。 体力があり余っていた20代前半までは、金曜夜に同僚や友人と飲みに行ってどんちゃん騒ぎしたり、仕事の愚痴を言うことが良いストレス発散になっていました。上司や取引先と飲み行くことで、仕事のアドバイス

            スキ
            160

            「やってみたけど、ダメだったから、やめる」 ではなく 「検証したけど、仮説がズレていたから、修正する」と考える

            どうも、かしまです。先日、マッキンゼー出身のお笑い芸人 石井てる美さんの著書を読んでいたところ、とても素敵な言葉に出会ったので紹介させてください。 「失敗は成功のもと」は、老若男女知らない人がいないほど有名な言葉ですよね。その一方、失敗を仮説検証の材料にして、次の成功のために活用できている人は少ないんじゃないでしょうか。 挑戦した結果が思っていたのと違うというのは、『失敗』ではありません。本当の失敗とは、「やりたいことがあるのに挑戦しないこと」です。 挑戦した結果が思っ

            スキ
            195