Numbの"You"って誰だ(Linkin Park)

Numbの"You"って誰だ(Linkin Park)

かしい

ここ数日、Numbをへビリピしてまして。
洋楽を聴く時、歌詞を深く考えたりする事は余り多くないんですけど、まあ今回はフと気になったんですよね。

※基本めっちゃ意訳

良く言われるのはティーンエイジャーと親の関係を歌った詩だって話しですよね。MVとかを観ても、ストレートに受けとるとそう描かれています。息子なら父親へ、娘なら母親へ宛てた言葉な気がします。

特に、ラスサビからアウトロへ行く所の歌詞
"But I know you were just like me with someone disappointed in you"
は「私は知っている、あなたも私のように、あなたに失望した人に、同じように思っていた事を」と捉えるとそんな気がします。

が、個人的にyouが親を指していると仮定するといくつか腑に落ちない部分があるんですよね。

"I become so numb, I can't feel you there"
をざっくり訳すと、
「私はすっかり麻痺してしまった。あなた(の存在)を感じることができない」
になると思うんですけど。
"can't"なんですよね、"don't"じゃなくて。

束縛してくる、理想を押し付けて来る親への反抗の歌なら「もうあなたの事は無視する」って力強く言っちゃえば良いと思うんですよ。

冒頭の"feeling so faithless"と合わせて、期待に沿ってくれない子供に対して暴走気味になった親、とか捉えるとまあ分からなくもないんですが。

もうひとつ気になったのが、錆び前のコーラス部分。

"Caught in the undertow, just caught in the undertow"

これ、色々な和訳のページを観たけど意味が割れてます。

(Caught in the undertow just caught in the undertow)
(逆流につかまっている ただ逆流につかまっている)
Every step that I take is another mistake to you
俺がとるどんな進歩も 君にとってはまたそれも同じ過ちなんだ
(Caught in the undertow just caught in the undertow)
(逆流につかまっている ただ逆流につかまっている)
undertowは引き波。「目的地(岸)」に向かっているのに「それを押し戻す力(引き波)」のせいで、結局は身動きが取れなくなっていることの比喩。

https://hairtoty.hatenadiary.jp/entry/2017/04/15/001500より
(Caught in the undertow just caught in the undertow)
(心の声を聴け ただ心の声を聴くんだ)
Every step that I take is another mistake to you
俺のしてきたことは全部 お前にとっちゃ過ちなんだ
(Caught in the undertow just caught in the undertow)
(心の声を聴け ただ心の声を聴くんだ)

http://caffe.takat33.com/2010/11/linkin-park-numb.html?m=1より

「undertowは「水底の流れ」とか「心底の流れ=心の真意=心底」と言う意味になるし。」
※同コメント欄より

undertowという単語の捉え方で結構割れてる気がします。

じゃあ意味はと言うと

(水面下の)逆流,(岸から返す)引き波
Weblioより
https://www.google.com/amp/s/ejje.weblio.jp/content/amp/undertow

上記で触れられたような真意的な意味の記載は無し。

英英も見てみると、

・a current of water below the surface and moving in a different direction from any surface current.

・an implicit quality, emotion, or influence underlying the superficial aspects of something and leaving a particular impression.

Oxford Dictionary

ざっくり訳すと
・「水面の下で、表面の流れとは違う方向に進む水の流れ」
・「表面的な様子の下に隠された性質、感情、影響で、特有の影響を残すもの」
って感じですかね。今回使いそうな日本語に直すとしたら「引き波」と「隠された気持ち」などでしょうか。

なんとも言えないなぁと感じていた時に、英語話者の人はこの曲をどう捉えているのかが気になりました。

で、最初に見たいくつかのサイトは過度なプレッシャーを与える親への曲と語ってました。が、気になる記述が1点。

"Lyric Interpretation"というサイトで、ユーザーが歌詞の解釈について投稿し、共感できるものに投票する、というシステムを採用しているページです。

そこのNumbに関する1位のユーザー解釈が下記です。

Well my Interpretation isnt like the most of the others.
(私の解釈は他のほとんどの人と違うものではあるのですが。)
I Think the person who has the expactions of him is himself. 
(私は彼に期待を寄せているのは彼自身だと思います。)
I had depressions and I was numb too for a long time and the biggest enemy always was myself because I was never satisfied with myself and ever had the biggest expectations for me, so I can realy understand what this lyrics are about in the way I think its ment.
(私は失望し、私も長いこと感覚が麻痺していました。そして私の最大の敵はいつも私自身でした。なぜなら一度も自分に満足したことがなく、いつも自分に最大限の期待をしていたからです。だから、この曲の歌詞も先に述べたような形であれば、とても理解ができます。)

https://www.lyricinterpretations.com/linkin-park/numbより(括弧内は私がざっくり訳したものです。)

なるほど!と思いまして。
Youを「私」、もっと言うと「理想の私」と捉えると、全体的に腑に落ちるのではないかなと思い立ちました。

ここでMVの描写を考えます。
絵を描くのが好きな主人公。
それを諌める教師、理想を押し付ける親、煙たがる同級生。

以上の描写を絡めて、
「社会的にこうあるべき(=理想の)私」
とも置き換えられるかなと。

という訳で、その前提で全文訳してみます。


I'm tired of being what you want me to be
私はあなたの理想どうりになることが嫌になった。
Feeling so faithless, lost under the surface
自分が信じられない、本心がどこにあるのか分からない
I don't know what you're expecting of me
あなたが私に何を期待しているのか分からない
Put under the pressure of walking in your shoes
あなたの理想どうりの私であれ、というプレッシャーにさらされて

(Caught in the undertow, just caught in the undertow)
(理想と気持ちが逆行してる、気持ちが理想を押し流してるだけだ)
Every step that I take is another mistake to you
私の歩み全てが、あなたにとっては間違いなんだろう
(Caught in the undertow, just caught in the undertow)
(理想と気持ちが逆行してる、気持ちが理想を押し流してるだけだ)

I've become so numb, I can't feel you there
私はすっかり麻痺してしまった、理想だった私はどんなだったろうか
Become so tired, so much more aware
疲れてしまった、自覚しているよりもとてつもなく
I'm becoming this,
わたしはなる、
all I want to do
わたしはただ、
Is be more like me and be less like you
より私らしくなりたい。理想だった私からは遠ざかりたい。

Can't you see that you're smothering me?
理想で私が息苦しくなっているのが分からない?
Holding too tightly, afraid to lose control
気持ちを強く縛りすぎている、コントロールを失うのが怖くて
'Cause everything that you thought I would be
Has fallen apart, right in front of you
だってこれまであなたがなりたいと思ったものは全てあなたの目の前で零れ落ちていったから。

(Caught in the undertow, just caught in the undertow)
(理想と気持ちが逆行してる、気持ちが理想を押し流してるだけだ)
Every step that I take is another mistake to you
私の歩み全てが、あなたにとっては間違いなんだろう
(Caught in the undertow, just caught in the undertow)
(理想と気持ちが逆行してる、気持ちが理想を押し流してるだけだ)
And every second I waste is more than I can take
そして私はあなたのために、あまりに多くの時間を無駄にしてきた

I've become so numb, I can't feel you there
私はすっかり麻痺してしまった、理想だった私はどんなだったろうか
Become so tired, so much more aware
もう嫌なんだ、自覚しているよりもとてつもなく
I'm becoming this,
わたしはなる、
all I want to do
わたしはただ、
Is be more like me and be less like you
より私らしくなりたい。理想だった私からは遠ざかりたい。

And I know I may end up failing, too
分かっている。今の私が目指すモノもいつか失敗するかも知れないことを。
But I know you were just like me with someone disappointed in you
でも同時に知っている、理想の私も、私に失望した私から生まれた事を

I've become so numb, I can't feel you there
私はすっかり麻痺してしまった、理想だった私はどんなだったろうか
Become so tired, so much more aware
もう嫌なんだ、自覚しているよりもとてつもなく
I'm becoming this,
わたしはなる、
all I want to do
わたしはただ、
Is be more like me and be less like you
より私らしくなりたい。理想だった私からは遠ざかりたい。

I've become so numb, I can't feel you there
私はすっかり麻痺してしまった、理想だった私はどんなだったろうか
I'm tired of being what you want me to be
私はあなたの理想どうりになりたくない。
I've become so numb, I can't feel you there
私はすっかり麻痺してしまった、理想だった私はどんなだったろうか
I'm tired of being what you want me to be
私はあなたの理想どうりになりたくない。

という感じですかね。

「いやいや、そうはならんやろ!」という箇所だらけかと思いますが笑

いくつか補足させてください。

・Put under the pressure of walking in your shoes
あなたの理想どうりの私でいろというプレッシャーにさらされて

早速引用

walk (a mile) in your shoesは「あなたの靴で歩く」から転じて、「あなたの身になって、人生を体験してみる」こと。
https://hairtoty.hatenadiary.jp/entry/2017/04/15/001500より

知らなかった!笑
https://english-info.com/612.html
こちらに由来も書いてあって分かりやすいです。

こちらのブログの意味を引用すると「人の立場に立つ」ですね。

「『理想の私』の立場になるというプレッシャーの下に置かれる」→「あなたの理想どうりの私でいろというプレッシャーにさらされて」という解釈です。

・Caught in the undertow, just caught in the undertow
理想と気持ちが逆行してる、気持ちが理想を押し流してるだけだ

undertowは「引き波」と「隠された真意」の両方をかけているのかなと思います。引き波も英英の意味を引用すると「水面の下で、表面の流れとは違う方向に進む水の流れ」です。

「相反する2つの気持ち」を表現しているのでは?と解釈。「理想の私」と「それに抗いたい私(の気持ち)」が入り交じっているのかなと。

で、後半"just"が入ってるんですよね。
「ただ/だけ」「ちょうど(今)」とか色々意味があると思うんですけど、前者以外は解釈が難しいかなと。

PVの設定を借りると
「アーティストになりたい。でも本当は『かくあるべき私』も分かってる。きっと『アーティストになりたい』という気持ちは、それに反発したいからそう思っているだけだ」という解釈になるのかな、という思考の結果です。

・Every step that I take is another mistake to you
私の歩み全てが、あなたにとっては間違いなんだろう
And every second I waste is more than I can take
そして私はあなたのために、あまりに多くの時間を無駄にしてきた


これは
「私の"every step"があなたにとって間違いであるように、
あなたの理想のための"every second"は私にとっては"waste(=無駄)"な時間であり、それはこれ以上耐えられるものではない」という解釈です。

・And I know I may end up failing, too
分かっている。今の私が目指すモノもいつか失敗するかも知れないことを。
But I know you were just like me with someone disappointed in you
でも同時に知っている、理想の私も、私に失望した私から生まれた事を

前半はともかく、後半は飛躍しすぎですね笑

冒頭、私は同じ箇所を「私は知っている、あなたも私のように、あなたに失望した人へ、同じように思っていた事を」と訳しました。

「あなたに失望した人」も今の前提では「あなた」であり「私」です。また、"You were just like me"の"me"はどんな状態か。「理想の私が嫌になって、別の私になろうとしている私」です。

これらから「『理想の私』も元は『私に失望した(嫌になった)私』がなろうとしていた姿に過ぎない」というメッセージと捉えられます。

これらから、

And I know I may end up failing, too
But I know you were just like me with someone disappointed in you

「『次の理想(MVのアーティストなど)』が失敗に終わるかも知れない事は分かってる。
でも、同時に『元の理想(MVの社会的にこうあるべき姿など)の私』も最初は、それまでの自分が嫌で目指したモノに過ぎなかったって事も分かってる。」

という意味かなと。

これだけだと、結構悲観的にも読めますが、歌い方的にはかなり力強いですよね。だからここは前向きなメッセージがあるのではないかと思います。

「いつか夢は潰えるかもしれない。でも『理想だった私』も、今私がこの夢を持ったきっかけと同じように、元々の自分から変わりたくて思い描いた姿だ。(だから夢が潰えたら、その時また別の理想が生まれるかもしれない。前に進むしかない)」

ここまで来ると妄想の域ですね。
完全に自分に重ね合わせたオ○ニーです笑

という訳で、リンキンの"Numb"の"You"って誰を指しているんだろう?という所からここまで来ました。

結構、聴く人の主観で聴こえ方が変わる曲だと思います。

私は今回、「自身の葛藤の曲」と捉えるのが一番しっくり来るなと思いましたが、親への曲解釈も基本はしっくり来てます。

恋人への曲だと感じた人もいました。

ただいずれにしろ、「解放されたい」という部分は共通してるんじゃないでしょうか。



これでまとめた、ということで笑

最後まで読んでくださった方はありがとうございます!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かしい
ユーモア欠落症。基本自分語り。 特に生産性もなく、毒にも薬にもならないクソ記事を書いていく予定。