第3回公演『ありったけサンセット』
見出し画像

第3回公演『ありったけサンセット』

お久しぶりです。かるがも団地の日野林です。

大好きな友達でも、何度か事情で予定をキャンセルするとなんだか会いづらくなって疎遠になってしまうじゃないですか。
まさにそういう感じで、noteの更新を再開するタイミングを見失い続け、
前回の更新からかなり間が空いてしまいました。
これは純度100%の言い訳です。

本日は、タイトル通り
我らかるがも団地の第3回公演『ありったけサンセット』の公演情報をお知らせします。

★‐★‐★‐★‐★‐★‐★‐★


かるがも団地第3回公演
『ありったけサンセット』

作・演出:藤田恭輔

◆あらすじ◆
スポーツ用品メーカーに勤める朝倉航は
次の当てもないまま会社をクビに。

社宅を追い出されて路頭に迷う中、
再会した大学の先輩・稲村が営む
逗子の民宿に転がり込むことになりまして。

冬の静かな海辺の町を舞台に、
社会になじみたい/なじめない人々が織り成す
やさしいロングバケーションコメディ。

―歩こう、歩こう、わたしは限界。

◆出演◆
森田はるき
冨岡英香(もちもち)
助川紗和子(知らない星)
板場充樹(劇団猿博打)
石幡奈津子(たまの民)
大西薫
日野林琴乃(かるがも団地)
宮野風紗音(かるがも団地)
藤田恭輔(かるがも団地)

◆日程◆
2020年2月28日(金)~3月2日(月)
全7ステージ

2月28日(金)     19:30
2月29日(土) 14:00/18:00
3月1日(日)   14:00/18:00
3月2日(月)   13:00/17:00

◆会場◆
新宿眼科画廊スペース地下
(JR新宿駅東口より徒歩12分/地下鉄東新宿駅より徒歩6分/
地下鉄新宿三丁目駅より徒歩7分)

◆チケット◆
一般:¥2800
学生:¥2500
・前売/当日共通価格
・全席自由
・当日精算

【ご予約はこちら↓】
https://www.quartet-online.net/ticket/karugamo03
※上記URLがつながりづらい場合、
下記アドレスからもご予約いただけます。
「お名前(ふりがな)、観劇希望回、枚数、返信先アドレス」を
本文にご記入の上お送りください。
MAIL:karugamodanchi@gmail.com

◆スタッフ◆
音響・宣伝写真:藤田恭輔
舞台監督・照明・宣伝美術:日野林琴乃
ものづくり・アイデアウーマン:秋葉彩弓(劇団森/ニッチクラフト)
記録撮影:蓮池みゆき
協力:もちもち・知らない星・劇団猿博打・たまの民
主催:かるがも団地

★‐★‐★‐★‐★‐★‐★‐★

旗揚げ公演となった『羽生くんが来た』と同じ
新宿眼科画廊での公演です。

あの時はスペースOという真っ白な明るいスペースでしたが、
次はスペース地下という少しシックな空間です。

『羽生くんが来た』『なんとなく幸せだった』(第二回公演)と
青春をほろ苦く描いてきたかるがも団地ですが、
今回はいわゆる「王道」の人生から外れかけている大人たちを、やさしく、ときにズバズバと描きます。

必死で生きているがゆえにレールを外れてしまった人々の、「いったん休み」の日々。今少しお休み中の方も、休みたいけど休めない方も、満員電車にちょっと疲れちゃった方も、是非見に来ていただきたいです。

お待ちしております!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
都内を中心に活動する劇団です。劇団だけど、写真を撮ったり、文章を書いたり色々なものを作っています。 メンバー▷藤田恭輔・古戸森陽乃・宮野風紗音 /Webサイト▷https://www.karugamodanchi.com /はじめての方はプロフィールの劇団紹介記事をチェック!