図1

SNSでは今、ピエロがアツい

SNSをどうやって運用したらフォロワーが増えるのかって、みなさんめっちゃ興味あると思うんですよ。

「大事なのはフォロワーの数じゃない」みたいな言説もありますけど、まあたくさんの人にフォローされてチヤホヤされたいじゃないですか。自分に正直になりましょうや。

で、フォロワーが多い人って色んなパターンがあると思うんですよ。

・仕事や日常に役立つ有益な情報を発信してくれる人
・ツボにはまるネタツイを日夜提供してくれる人
・逐次報告される生き様がかっこいい人
・前向きになれる一言をくれる人
・リプ欄でめっちゃ絡んでくれる人気者な人
・実社会で名を馳せた、とにかくスゲェ憧れの人

とかとか。「フォロワーの多い人」を目指すためには色んなアプローチがありえるわけです。

数百円の有料noteとかで紹介される方法論は、「有益な情報」タイプとか「人気者」タイプですよね。

なんですけど、ここ最近、上に挙げたどれとも違うやり方でSNSの覇権を握りつつある人たちがいるなぁと思ったんです。

それが、タイトルで述べたピエロってやつですわ。


わかりやすい事例となる2人をご紹介しますね。


ケース1:元青汁王子

@misakism13

一人目は、元青汁王子。ネットを通じた青汁の販売で年商130億円の売上を立てた会社の元代表で、今年の3月に脱税容疑での逮捕が報道され、それに際して色々なものを失ってしまったかわいそうな人です。

逮捕以前のSNS上でのキャラクターは「みんなが憧れるイケイケ経営者」だったわけですが、

逮捕をきっかけにSNSから一時姿を消します。その2ヶ月後である2019年5月。しおらしい振る舞いでSNS上に再び現れます。

不祥事を起こしたら問題のあった部分について非を認めて平謝りする。正解とされる対応ですよね。脱税という大きめの罪なので、ツイッターやインスタの住民の中には荒れて噛みつく人もそれなりにいましたが、基本的には「まあそこまで言うなら許してやるか」みたいなスタンスの人が多かったように思います。

ここまではまあ、ありそうな話なんですが、彼が狂い始めたのは5月の下旬ごろ。「焼き鳥屋で修行してイチからやり直します」と言いだしたあたりでしょうか。

で、極めつけは7月上旬、「彼女ができました」と言いだしたあたり。

この時点で安いメロドラマの風体を漂わせていますが、ここからさらに芝居がかった展開へとアクセルを踏んでいきます。

(リプ欄では「大好きな彼女へ」の宛名書きにリアリティがなさすぎる、とツッコミが入ってました。確かに)

(あと、よく見ると涙がこぼれた跡がある。芸が細かい)

破局。バッドエンドです。

ちなみにこの一連の流れは、ツイッターとインスタで全く同じ内容で投稿されています。

彼女に振られた報告を2つのSNSに同時投稿するあたり、心の余裕が有り余ってます。

ストーリー中盤くらいのタイミングでは、こんなリークもありました。

よかった…失恋を通じて人生に絶望した高額脱税者はいなかったんだね…。

余談ですがツイッターよりもインスタのほうが、終盤まで「残念だけどその人のことは諦めて新しい恋を探しなよ!」と本気で心配してる人の割合は多かったですね。


一連のいきさつはこんな感じです。

これの何がスゲェのか、という話は次のケースを見てから解説します。


ケース2:陽キャラ

@waiwai1400

ツイッター、YouTube、TikTokで陰キャラを叩きまくる陽キャラです。

この記事を書くにあたってGoogle先生から色々と教えてもらって初めて知ったんですが、彼はチャンネル登録者数4万人超のカードゲームYouTuberらしいですね。道理で動画編集がうまいわけだ。

なんですが、「陽キャラ」としてのアカウントはどれも彼のチャンネル本体と結びついていなくて、単なる「一匹の野生の陽キャラ」に見えます。

実際、各SNSのコメント欄では彼を「本気で陰キャラを叩く陽キャラ」だと思っている人も多いです。

金髪、ピアス、キャップに加えて顔の造形も整ってるので、たしかに陽キャラと言われればそう見えないこともない…ような気もする。


彼は青汁王子よりもシンプルでわかりやすいので、説明はこのくらいにします。


どっちもピエロだよね

この2人に共通しているのは、フォロワーから見下されて叩かれているということです。

ハタから見ると「こいつ冗談で言ってるんだよな…いやでも、もしかして…」ってな感じのギリギリのラインを突いてるので、まあ察しの悪いSNSの有象無象から見ると「ただのバカ」に映るわけですわ。

彼ら2人はどちらも短期間でフォロワー数が爆伸びしてるんですが、その背景には「こいつバカだよね」って言いふらしたい心理が働いてるんじゃないかなぁと思うんですよね。

その心理は、「こんなことが有益だから共有したい」とか「こんなものが素敵だから共有したい」っていう心理よりも強いんじゃないかと。なもんで、短期間でどんどん拡散していく。で、バカにし続けたい心理でフォロワーもどんどん増えていく。

何が言いたいかと言うと、SNSで下克上をかましていくためには、スゴい人になって尊敬されるよりもバカにされたほうがいいんじゃないか、ということです。

なので皆さん、バカのフリをしましょう。


おわり。


追伸:

「自分のことをバカにするフォロワーが増えても意味ないんじゃないの?」と思ったそこのあなた。多分大丈夫です。バカのフリをすることができる人の頭の良さというのは見る人が見ればわかるものですし、そういう人に発見されることができれば、その出会いは自然とあなたを引き上げてくれるはずです。

ぼくフォロワー少ないんで説得力ないかもですが、まあ多分。


今度こそ終わり。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1エンゲージメント
19
たいしたものです。