見出し画像

カラテワールド

僕はカラテが嫌いだ。

人を殴るなんて野蛮だし、何故こんなものが必修科目なのかがわからない。

国語算数理科社会カラテ。

このカラテさえなければ有名中学にだって行けたんだ。

でも仮に僕が良い中学校に入れていたところで、どうせまたカラテの壁にぶち当たる。

高校大学就職昇進。

これら全ての関門でカラテは必ず試される。

そうなれば僕はどこかで負け、底辺として生きていくことになる。

バカバカしい。

だから僕は家出して、自分からドロップアウトしたんだ。

カラテ強者だった父さん母さんに恨みがない訳じゃないけれど、それでも家を出る時には後ろめたい気持ちになった。

どこかに居場所を見つけたら二人に連絡をしようと思った。

けれど、そんな場所はどこにもなかった。

カラテポリスに補導されないため、僕は公園で寝泊まりすることにした。

そこで僕は、カラテの妖精タデシに出会ったんだ。

「お願い。カラテワールドを助けて!」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

メイクマネー、したいのさ。

6