横書き「生ぐさボウズ」

287
固定された記事

自分の弱さにつまづいてかいしゃをやめたはなし

僕は会社をやめて、29年生きてきてはじめて、自分で人生を歩みだした気がしています。

会社をやめたとき、自分の中の「自分」をできるだけ深く見つめようとしました。その時のことを、できるだけ赤裸々に書いた文章です。

正しいことは書いていないと思います。

一人でも、読んでくださる方がいれば、うれしいです。

(これは3/29に投稿済みの記事を、キナリ杯にあわせ、再投稿したものです。多くの方に届くかも

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^

フワッと死ぬ(スピッツ)

20210416

このところ、スピッツにハマっている。

YouTubeのオススメにでてきて、懐かしいなあと思いながら聴いて、リピートしている。

多分、僕が生きていて一番最初に好きになったミュージシャンは、スピッツだったように思う。定期的にブームがきて、くり返し聴いてる。

4,5歳の時に『空も飛べるはず』や『ロビンソン』を歌っていた。

「THE夜もヒッパレ」っていう歌番組だったかを、親がカ

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^

おばけかナニカ

20210414

ラップのリリック、詩を手書きするって習慣をやめてみた。

訓練、制作すること自体を楽しめない感じがして、このところ億劫になっていた。それで一旦休憩にした。

その代わりとは言ってはなんだけど、舞踏の稽古法の様子を撮影してみた。

その稽古自体は、ここ1ヶ月ほどだろうか、毎朝やっているので特別新しい習慣ではない。

ただそれを撮影してその様子をみる、ってのをやりはじめてみた(その

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^

生きる質感

20210410

「ういの夢は植物屋さんと(『魔女の宅急便』の)キキになることなの!」と娘が言いはじめた。

キキになるってのは昔から言っていたけれど、植物屋さんが加わった。

このところ、娘は毎日のように、植物を育てる動画をyoutubeをみて、家にある植物に触れている。

動画の中での進行役が、パンダのぬいぐるみってのがとても大きいのだとは思うけれど、随分と気に入っている。

それで、自分も

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^

筆で書く

20210408

このところ、書がまた楽しくなった。

臨書ではなくって、フリースタイルのような形で書いている書の、取り組む感じが変わってきた。

目を瞑って、筆と紙が触れる感覚をただ味わう。

それが随分と気持ちがいい。

書く言葉、文字はすでに頭にある。幼い頃から受けてきた教育の賜物として、特別難しく考えなくても、こう書けばいいっていう書き順と形。

それを目を瞑って、一画ごとに分解していく

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^

親子

20210405

自分の中で抱えてる、向き合ってる問題群は、親からきてるなとしみじみ思う。

きてるというか、親との関係を通して我が身に燻っていたものというか。

うつ病だった父親。

うつ病になるまで働かなければいけなかった父親の身体。

うつ病で寝てた父親を許せず、怒鳴っていた母親。

隣にいる人がしんどいってことが受け容れられない身体。隣の人の身体よりも、社会的な都合を優先させようとした母

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^

家事

20210402

親子で瞑想をやりにきてくださってる方がいて、お二人と話をする機会があった。

娘さんが先にきてくださり、ご自身で習慣として瞑想に取り組んでいた。その影響をうけてか、後からお母さんもきてご一緒した。

「瞑想してて、気持ちいいんですけど、自分で何が変わったとかよくわからないんですよねえ」と娘さんが笑って言う。

「瞑想をするようになってやさしくなったよ」とお母さん。

瞑想に取り

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^

生ぐさボウズ

20210331

事実を、淡々と、書く。

僕がやってる、およそ1000字程度の文章ってのはそういうことだなと、急にそんな感慨がやってくる。

読んでくださってる人は、何を小難しいことを日々書いているいるのだろうとか、思ってくれる方もいるのかもしれない。

ただ、自分の中での意識上の操作は、事実を書く以外にやっていない。やれていない。

小難しく見えるのであれば、それは僕の事実の捌き方、その所作

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^

寿留女

20210327

最上和子さんの、舞踏の稽古の真似事を、このところやってみてる。

真似といっても、直接体験したことがあるわけじゃない。
押井学・最上和子『身体のリアル』に書いてあることと、ワークショップを紹介したブログの内容を、見よう見まねならぬ、言葉から真似してみてる。

とりあえず、30分の床稽古を、折をみてはやっている。

10分横になり、10分かけて立ち上がり、10分かけて歩く(本当は

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^

生まれ直す

20210324

先日、娘がうまれた助産所に行った。

お久しぶりな面々と話をしているうちに、娘が生まれた時に、僕は泣いていたことを思い出した。

助産師さんが忙しなく動く中、お布団に横になった妻が、娘を産んだ。

その隣で、僕はただ泣きながら、いた。マジで何の役に立つこともなく、いただけだった。

妻が、娘を無事出産してくれたのは、朝4時くらいで、夜中の12時くらいから本格的な陣痛がはじまった

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^

等身大

20210322

自分で、たいそう、不思議になる。
なぜこうも日々、筆をもって書いているのか。

書をはじめて1年と3ヶ月。

どういう方向に進むんだろうかとわからないことは多々ある。
そんな不可解な中でも、筆をとる時間は楽しい。

書をみて感動してはじめたわけではない。なんとなく、書だなと思って、書道教室を探した。

言葉を扱いながら、身体も一緒に。
もしくは身体が先行しながら言葉が出てくるよ

もっとみる
ありがとうございます。風通しのよい幸せが訪れますように^ ^