見出し画像

有賀薫のプロフィール

スープ作家の有賀 薫(ありが かおる)です。

2011年より約8年、3000日にわたり、365日、毎朝のスープ作りを行っています。おいしさに最短距離で届くシンプルなスープです。
『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』で、第5回料理レシピ本大賞入賞。cakesで『スープ・レッスン』はじめ、多数のウェブ連載のほか、雑誌、テレビなどの媒体でレシピや食の情報を発信中。

スープからはじまり、ライフスタイルにも目を向けています。日経新聞とnoteのコラボするNサロンでは『家庭料理の新デザインゼミ』担当しました。2019年春、作ると食べると片づけるが一緒にできるごはん装置『ミングル』を自宅に試作。「令和の家ごはん」について考えています。

日本をスープの国にする野望を持っています。スープの国とは、手抜きや時短など後ろ向きな発想をしなくても、人々が簡単にシンプルに、豊かな食生活が送れる国のこと。ご一緒いただけるパートナーの方はぜひお声がけください。

仕事に関するメールはこちらへ。数日たっても返事がこない場合はnoteのコメント欄でお声がけください。
soupkaoru●gmail.com (●を@に変えて) 

+++経歴

1964年東京生まれ。新卒で(株)バンダイ(現在バンダイナムコ)に入社、ガンダムをはじめとするプラモデルの営業企画に携わる。その後、フリーのライターに。企業媒体や雑誌の取材記事、カタログ雑誌のコラムやコピーなど、さまざまなライティングに携わる。2013年、家庭で作っていたスープの写真を展示した『スープ・カレンダー展』を開き、スープ作家へシフト。

リクルートワークス研究所の研究プロジェクト「人生100年時代の学び方」サイトで「人生100年時代 学びの進化モデル」として取材を受けています。より詳しい経歴にご興味のある方は、こちらでどうぞ。
http://www.works-i.com/research/learning/sinka/ariga/

++著書 

『365日のめざましスープ』(SBクリエイティブ)6刷
『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)9刷
『忙しい現代人のための 手軽でおいしいスープ入門』(cakesスマート新書)
『スープ・レッスン』(プレジデント社)5刷
『おつかれさまスープ』(学研プラス)4刷
『朝10分でできる スープ弁当』(マガジンハウス)10刷
『3000日以上、毎日スープを作り続けた有賀さんの がんばらないのにおいしいスープ』(文響社)3月12日発売

画像1

++各種媒体記事

++連載
(ウェブ)
cakes『スープ・レッスン』
dancyu 『スープをじっくりつくる、手軽につくる』
PINTSCOPE(ピントスコープ)『心においしいスープと映画』
エシカルはおいしい!!『有賀薫のスープでエシカル』
アイスム『耳で楽しむおいしいスープレシピ』

(紙媒体)
季刊LO+『スープ精進』(NPO法人ロータスプロジェクト刊)

++単発での取引先実績
企業・団体:味の素/コイケヤ/ アミューズ/小田急不動産/さいたま市/など
雑誌:料理通信/クロワッサン/an・an/クウネル/ESSE/HERS/日経ウーマン/女性自身/女性セブン/PHPスペシャル/文藝春秋/生活考察/ほか多数
テレビ・ラジオ:日本テレビ『ヒルナンデス』NHK『シブ5』『ひるまえほっと』『NHKスペシャル』TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』ほか多数

++SNS

note : @kaorun https://note.com/kaorun 総合情報
Twitter:  @kaorun6  https://twitter.com/kaorun6 日々のつぶやきとコミュニケーション
Facebook:  https://www.facebook.com/kaorun6 仕事のお知らせ(友達申請は基本的に直接お目にかかった方に限らせていただいています)
Instagram: @arigakaoru スープログ 
      @minglelife2019 ミングル生活 

++noteについて

このnoteでは、毎朝のスープの写真をまとめた『スープ・カレンダー』や、簡単なスープレシピ、スープや食のコラムを中心に、私のスープや料理に関する記事をご覧いただいたり、ときどき開催するイベントのお知らせなどを見ていただけます。

また、『新しいカテイカ』マガジンでは、家事を現代に合わせてアップデートする考え方を、仲間たちと一緒に作っています。

++活動記録

2011.12.26 家族の朝食にスープを作り始める
2013.04 神楽坂・フラスコにて1年365日のスープ写真を展示した『スープ・カレンダー展』開催
2014.04  豆本作家・五十嵐彪太との共同企画で豆本『スープ・ファンタジー』を制作・販売
2014.07  中目黒古書店・dessinにて、架空のスープレシピ本の原稿を展示する『スープ・レシピ』展開催
2014.11 スープの実験室『スープ・ラボ』開設。昆布、塩、トマト、だしパック比べ、豆、バター、レシピ比較など、様々なスープの実験を行う
2016.01   絵本作家・きくち ちきをゲストにむかえたライブペインティングとスープの会『スープのたね』を開催
2016.03  書籍『365日のめざましスープ』刊行
2016.06  cakes連載『スープ・レッスン』スタート
2017.06  デモ形式のスープ教室『リアル・スープ・レッスン』開始
2018.02 書籍『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』刊行
2018.03  俳人あかばねめぐみとのコラボ展『さくらさくらすうぷな風の吹くまつ毛』開催
2018.07 『忙しい現代人のための 手軽でおいしいスープ入門』刊行
2018.09 『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』で、第5回料理レシピ本大賞入賞

画像2

2018.09 『スープ・レッスン』(プレジデント社)刊行
2018.11 『おつかれさまスープ』(学研プラス)刊行
2019.02 noteと日経新聞コラボ『Nサロン』にて“家庭料理の新デザイン”ゼミ担当
2019.04 自宅に、新ごはん装置・ミングル試作
2019.10 『朝10分でできる スープ弁当』(マガジンハウス)刊行
2020.03.12 朝のスープ3000日。『3000日以上、毎日スープを作り続けた有賀さんの がんばらないのにおいしいスープ』(文響社)刊行

画像3




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございました。日本をスープの国にする野望を持っています。サポートがたまったらあたらしい鍋を買ってレポートしますね。

うれしいです。おいしいっスープがつくれそう。
59
スープ作家。365日、毎朝スープ。簡単スープで、料理の楽しさと豊かなくらしを伝えます。旬の野菜をたっぷり食べて、料理が身につくcakes連載『スープ・レッスン』https://cakes.mu/series/3722

この記事が入っているマガジン