リレーの順番を決めるのは、どんな手を使っても構いません。「どうしても次の書き手が見つからないので、書いてくださいませんか?」という全身全霊のアピールで自分の好きな作家さんへ頼み込んでみましょう。noteには魅力的な作家さんが山ほどいます。お願いしてみるいい機会です。#野暮 #野望
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

内面の探求が好きでnoteにたくさん書いていきたいです。 サポートしてもらえたら、とてもうれしいです。

ありがとうございます😊💕
4
1984年生まれ。 昼間は会社員。夜は小説を完成させることと向き合い中。 fumisakanoe@gmail.com
コメント (10)
6人目の方だけに向けて書いているわけではなくて、今後書きたいと思う人、やりたいと思う人が増えてくれたらいいなという個人的な思いも込めて書いてました。(なので、マガジンには入れなかった)

あ、それなら書いてみようかな!やってみようかな。と思う人がいたらいいかなと。
(今回そんな伝え方じゃいないよ!っていうご意見だとも理解できたので、真摯に受け止めます。)
今の私の判断としては、何をどうするかは、ご本人が困っているかどうかが私にはわからないので、ご本人が何らかの形で私に何か伝えてくださるまでは、そっとしておきたいですし、どんなやり方でも…というのは、その人にとっての1番いい方法(それは、まさしくないみ様の仰るような追記するカタチでも全く構いません。)で大丈夫です。という意味なのですけど、そう書けばよかったですね。
本当ごめんなさい。
企画は初めてなので、とても勉強になりました。もっと慎重に書きますね。また何かあれば教えてください。
たゆ・たうひと様

確かに、断られたらさみしいですよね。
断られてさみしい、次がみつからない、困っているというお声が入ったら、私は出来るかぎり、その方をフォローするつもりですが、それは基本的には私に伝えてくださった時でいいかなと思っていました。

けれども、頼んだり、頼まれたりすること自体、気まずくなってしまう可能性があり、参加者に1人で悩ませてしまっていたり、負担に感じさせる部分、大きいのかな。


コンプレックスをテーマとして大々的に書くことは、私はいまだに難易度が高いと思っていましたが、さらにそれを引き受ける方も今度は自分が誰かに引き継がなくてはいけませんし。色々難しい企画にしちゃったかな…^^;

noteは、自分でいつでも好きな内容で好きに発信できる環境です。あえて今回の企画をやる意味は、なんらかのハードルを越えたい方にとっては、とてもいいと思うのですよ。
何を難しく感じるかもおそらく人によって違うと思うので、それすらも楽しんで欲しいところではあります。
ノエ様🌟お返事ありがとうございます。

ノエ様も声掛けしてくださってお返事待ちとの事、安心しました。

私達、参加者にはルール変更等の権利があるなどとは、滅相も無い事と思っております。

あくまでも今回、ご提案ですのでどうぞ今後ともよろしくお願いします。
七番手でバトン受けとりました「なさじ」です。
これから書き始めます。よろしくお願いします(^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録