5万の情報商材販売を完全返金&ご祝儀付きで販売して、みんなハッピーになれるか試してみました。前編

こんにちは。メルマガが好きでメルマガのお仕事を色々させてもらっているシノブと言います。いつも下の名前を名乗る不躾な輩だと思われるんですけど、上の名前がシノブです。(・∀・)

2015年1月からブログとメルマガを始めて、2015年12月にメルマガで160万月くらい売上を上げまして、以来メルマガをはじめとするリストマーケが好きで色々やっています。独自コンテンツの販売で言うと、2018年は6月に636万、7月には149万の売上をそれぞれメルマガであげました。6月のは友人と共同ですが、いずれもハウスリストのみでございます。

法人のコピーのお仕事もさせて頂いてまして、大きなクルマのメーカーのウェブページのコピーライティングしたり、公式メルマガの原稿書いたりもしております。Twitterでもたまにつぶやいております~。

情報商材に完全返金とご祝儀を付けて販売してみました。

2018年7月に販売したコンテンツなんですが、実はそれは試験的に完全返金とご祝儀を付けて販売したものでして、どんだけ売れて、どんだけ返金が来たのか、それら諸々をこのnoteで公開していきます~。同じ様にコンテンツ販売している方やメルマガマーケッターの方々のセールスの参考になればなと思っております。

販売した商材は「せどりの仕入先リスト」

せどりっていう「小売店から買って小売する」ビジネスがあるんですが、そのビジネスでお金を稼ぐために必要な要素の1つに「仕入先」があります。その仕入先のリストを50件くらい束ねて、さらに実際に仕入れをしている様子を動画に撮影してそれも付けて49,800円/個で30名限定で販売しました。

サポートとして購入者の方には無期限&無制限でメールでの質問を受け付けています。見つけた商品を本当に仕入れて大丈夫かどうかの判断などは、今もメールを頂いており、返信しています。

完全返金とご祝儀付きのセールスの意図は「筋を通したい」

情報商材ってさ、まぁイメージ悪いと思うんですよね\(^o^)/情報商材=ネットビジネス=詐欺みたいな。あまり良いイメージは漂っていないと思うんですよ。そこに対して、購入者に安心してもらえて、なおかつ筋を通せるコンテンツの作り方・売り方が出来ないかなって思ったのがキッカケです。

ビジネス系の情報商材とかコンテンツ売るなら「成果の手綱」を握れると良いと思う。

情報商材で以下の2点を満たしてしまっていると、購入者の満足感を満たしにくいものになってしまうと思うんです。

①「情報」とか「ノウハウ」に価値を置いてしまっていること。
②購入者との期待値のすり合わせを丁寧に行わないこと。

上記を満たして、セールスもゴリゴリにかけることが、詐欺とか負のイメージを持たせる一因になってると思うんですよね。そういうコンテンツ作りやセールスだと短期的に破滅します。

そうではなく「行動」と「成果」に価値をつけるような商材やコンテンツを作れば良いんだろうなって考えています。情報やノウハウだけを提供しても、結局行動しないと稼げませんよね。一方で、ちゃんと行動すればどんなビジネスでもある程度お金は稼げると思うんです。そういう意味では目標管理とか行動管理までして「成果の手綱」をコンテンツ販売者がしっかり握って、ちゃんと購入者の成果にコミットするようなコンテンツが今後高く売れるような気がしています。実際ライザップとかもそのモデルですよね。痩せるためのノウハウや情報、トレーニングの環境を売っているのではなく、「痩せる」という結果に価値を付けてます。一般的なパッケージで2ヶ月で大体40万弱のコンテンツがどんどん売れているわけです。

成果の手綱握らないし、よっしゃここはイッパツ、完全返金付けてみよ

でも今回販売するのは「成果の手綱」は握らないコンテンツです。この商材自体は販売するのはこれで5回目でして、毎回沢山の方にご購入頂けて嬉しい一方で、購入した人にお話を聞いてみると「実は買って満足しちゃって・・・」とか「忙しくて・・・」とかで実践していない人が多い。というか体感5割くらいは、買った後にあまり使えていない方が多いようでした。(※もちろんしっかり行動して成果を出してくれている人もいます。コンテンツ自体はしっかりと作っており、自信をもって販売しております。)

こういう言い方はあれですけど、このコンテンツは基本的には売り切り型のコンテンツなので手離れもとても良い。メールでのサポートはするけど、行動管理はしません。だからこそ、今回試験的に完全返金をつけてみました。

自信を持って作ったコンテンツだけど、万が一行動しても成果が出なかったら、そのケツはもう僕が持とうと。コンテンツを作る時間はもちろん結構かかったけど、元々、手離れも利益率も良いコンテンツなので、いっちょやってみっかとなりました。

そしてさらに、購入金額以上に仕入れが出来たら、ご祝儀として1万円キャッシュバックという特典も付けました。行動管理はしませんけど、せめて少しでも行動のモチベーションになればなと思ってつけました。

完全返金の条件はほぼ無し

完全返金の対象になる人は、購入からの3ヶ月間で、そのコンテンツの購入代金分の仕入れが出来なかった人です。返金の条件は「アンケートの回答」のみ。アンケートの内容によって返金の有無は変わらず、ほぼ無条件での返金制度にしました。

「行動した結果、稼げなかった人」を対象にと考えたんですけど、アンケートを取ったところで、それはこちらで判断出来ないんですよね。なので返金条件にも「1日○○時間以上のリサーチ」等の行動責任は明確に設けず、自己申告を信じることにしました。(その分、ちゃんと偽らずにアンケート答えてねっていう風にしました。)

売上の合計は1,494,000円

1つ49,800円のコンテンツが30個売れまして、合計の売上は1,494,000円。(販売手数料込にするともうちょっと減ります)大体150万くらい売れています。この商材を販売するのはこれで5度目くらいですが、毎回たくさんの人にご購入頂けております。(こういうセールスの各係数(メルマガの開封数とかクリック数とか、CVRとか)を知りたい人っていますか?いらっしゃれば別途noteに書きますのでTwitterでメッセージ下さい~)

こっちがPayPal決済のキャプチャ。セールスかけて販売を開始したのが2018/7/20でした。

こっちが銀行振込分のキャプチャ(赤枠の2件)

自分で言うのもあれですけど、メルマガってやっぱり最強のツールだなって思います。今はLINE@もあるし、コミュニケーションツールとしての最前線にはいないですけど、原始的なだけに変化にもめっちゃ強い。モノを売るツールとしてめちゃくちゃ強い。

最終的に返金は4件、ご祝儀申請は1件来た

最終的に返金は4件、ご祝儀申請は1件きまして、合計の返金金額は209,200円でした。上記の画像はそれぞれ返金した画像です。売上に対する返金金額の割合は合計で14%でした。

ここからは返金申請してきた人に回答頂いたアンケートの内容を少しお話していこうと思います。情報商材やコンテンツを販売している人で、完全返金を検討している方の参考になれば幸いです。

返金期間は2018/10/1~2018/10/31日までの1ヶ月間。
4件目の返金申請が来たのが10/25で、残りの1週間肝を冷やしてました(゜∀。)
※ちなみにこの記事を書いている2018/11/14の時点では、返金期間経過後の申請は来ていません。

めっちゃ長くなったので今回は一旦ここまでにします。ただ果たしてこれ需要あるのかな・・・笑これを前編として、後編では「返金申請した人のアンケート結果」や今回の「メルマガでのセールスの各係数(配信数、開封数、クリック数など)」を公開していこうと思います~。ただ需要なければ自分の心の引き出しにそっと閉まっておこうと思うので、後編がみたいという方はTwitterアカウントのフォローと、以下のTweetのリツイートをお願い致します~(゜∀。)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3