第21回 小澤康基さん(紀伊國屋書店徳島店)
歌集の棚から_バナーヨコ

第21回 小澤康基さん(紀伊國屋書店徳島店)

アイロンの形に焦げたシャツを見て笑ってくれるあなたがいない 『つむじ風、ここにあります』木下龍也

 数ページ前まで笑わされていたのに、油断していると唐突に、いつかの記憶を鷲摑みされるような、そんな感覚。ユーモアと死。一冊の歌集のなかで、こんなにギャップがある歌人はそうはいない。
 ひとつの短歌の中にもその傾向は窺える。取り上げた歌も冒頭はユーモアたっぷり。そして、そこからの落差。もちろん色々な解釈が可能だ。「あなた」は近所に出かけているだけかもしれない。だが、一度、「死」という単語が頭にちらつくと、もう駄目だ。「あなた」はもういない、二度と会うことはできない、というストーリーから抜け出せなくなってしまう。
「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」
 木下龍也の歌集を読むと、伊坂幸太郎『重力ピエロ』のこのセリフを思い出す。
(「ほんのひとさじ」vol.13より)

小澤康基(紀伊國屋書店徳島店)

画像1

歌集の棚から 過去の記事

第1回 吉村まどかさん(くまざわ書店サンリブもりつね店)

第2回 竹田信弥さん(双子のライオン堂)

第3回 吉田慎司さん(がたんごとん)

第4回 中村勇亮さん(本屋ルヌガンガ)

第5回 鎌田裕樹さん(恵文社一乗寺店)

第6回 永山裕美さん(梅田 蔦屋書店)

第7回 小谷裕香さん(本の学校今井ブックセンター)

第8回 城下康明さん(ひとやすみ書店)

第9回 新井見枝香さん(HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)

第10回 磯上竜也さん(toi books)

第11回 砂川昌広さん(とほん)

第12回 三井洋子さん(文教堂書店赤羽店)

第13回 関口竜平さん(本屋 lighthouse)

第14回 樽井将太さん(古本屋 百年)

第15回 波多野つくしさん(オリオン書房ノルテ店)

第16回 花田菜々子さん(HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)

第17回 佐藤直子さん(東京大学生協本郷書籍部)

第18回 渡慶次美帆さん(くじらブックス)

第19回 大塚真祐子さん(三省堂書店成城店)

第20回 平野佐保さん(リーディングスタイルあべの)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
出版社の書肆侃侃房のウェブ連載マガジン「web侃づめ」です。近刊・新刊の情報もお知らせしていきます。 http://www.kankanbou.com/