グッドイートカンパニー ✕ カンカク

Building the next Ordinary. “テクノロジーとクリエイティブの力で、新しいライフスタイルを創り出す” というミッション実現のため、オンラインとオフラインをつなぐ事業を展開しています。

グッドイートカンパニー ✕ カンカク

Building the next Ordinary. “テクノロジーとクリエイティブの力で、新しいライフスタイルを創り出す” というミッション実現のため、オンラインとオフラインをつなぐ事業を展開しています。

    最近の記事

    Web売上が5倍に! オンライン生まれのオリジナルカレーパン店頭デビューの舞台裏

    こんにちは。グッドイートカンパニーのマーケター 山之口です。私はGOOD EAT CLUBのCRM施策や店舗開発などを中心にマーケティングを担当しています。今回はGOOD EAT CLUB初のOMO施策としてオンライン限定商品の店頭販売を試みた、オリジナルカレーパン『カレーパンの正解』のポップアップ開催について、振り返ってみたいと思います。読んでいるうちにきっとお腹が空いてくるかもしれませんが、ぜひ最後までお付き合いいただけたら嬉しいです! オリジナルカレーパンを作ろう

    スキ
    14
      • お問い合わせからコアなファンを創り出す──グッドイートカンパニーがこだわる「CSとしての心構え」

        “We”、日本語に訳すと「私たち」。自社だけでなく、生産者や消費者などを“グッドイートをつないでいく私たちの仲間”と称し、日々CS業務に取り組んでいるメンバーが西村愛さんです。 彼女はカフェ・カンパニーの1号店で働いたほか、代表の楠本修二郎さんの秘書やイベントのプロデュースなどを経験。その後、立ち上げ期からグッドイートカンパニーに参画し、現在はCS(カスタマーサポート)として問い合わせ対応や購買体験の向上などに取り組んでいます。 リモートワークやフレックスタイムなどの制度

        スキ
        8
        • 117兆円の食産業のコミュニティ化──グッドイートカンパニーが目指す、「おいしい未来」の創造

          日本の食を愛する、すべての人の思い・体験・技術を未来につなぎ、世界中へ拡げる──そんなビジョンのもと、2021年1⽉に始動したのがグッドイートカンパニーです。同社を率いるのが、「WIRED CAFE」をはじめとするカフェの企画・運営や商業施設などのプロデュースを手がけるカフェ・カンパニー代表の楠本修二郎です。 20年以上にわたって、外食産業に関わり続けてきた楠本がなぜ、新たに会社を立ち上げることにしたのか。またグッドイートカンパニーが掲げる「愛すべき食を未来へつなぐ」とは具

          スキ
          14
          • AndroidエンジニアがiOSの開発に挑戦──2人のエンジニアが語った、ユニークな取り組みの舞台裏

            AndroidエンジニアがiOSの開発にも挑戦する──グッドイートカンパニーへのM&Aが発表される前、カンカクではユニークな取り組みが行われました。 一般的にはAndroidエンジニアはAndroidの開発に専念するのが基本ですが、なぜiOSの開発に取り組むことにしたのでしょうか。その裏側について、Androidエンジニアのharuさん、iOSエンジニアのredさん(@redryerye)に話を聞きました。AndroidエンジニアがiOSの開発にも挑戦することの意義、メリッ

            スキ
            6
            • ジンに魅せられ、カンカクに参画──クラフトジンブランド「HOLON」を立ち上げた、PMのキャリア

              “ととのえる”時間に寄り添うをコンセプトにした、カンカク発のクラフトジンブランド「HOLON(ホロン)」。心と身体の調和をテーマに、味わいを保ったまま口あたりのよさを引き出すため、ジンとしては低アルコールである約35〜40度ほどの商品を展開。炭酸水などで割るとアルコール度数およそ5〜7%ほどで楽しめるのが特長となっています。 そんなHOLONの企画・プロデュースを担当しているのが堀江 麗(@bellerei)です。OisixやRettyでのインターンを経て、Google J

              スキ
              15
              • 代々木上原で発見! おいしい未来につながる場所 〜GOOD EAT VILLAGE訪問記〜

                こんにちは。カンカク広報の田山です。あっという間に5月も後半に入り、初夏のような気持ちのいいお天気の日も増えてきましたね。コロナ禍をきっかけに取材や記者さんらとのやりとりもオンライン形式が増えた広報活動ですが、気温の上昇とともに少しずつ対面での機会も増えてきたので、ランチアポにもぴったりな注目スポットのリサーチに張り切って取り組んでいる今日この頃です。今回は、カンカクが先日M&Aによる事業参画を発表した、グッドイートカンパニー社のGOOD EAT VILLAGEを紹介したいと

                スキ
                7
                • 1人から、2人のEM体制へ──カンカクが目指す「理想のエンジニア組織」とは?

                  先日、カンカクはカフェ・カンパニーが立ち上げ、NTTドコモが出資する形で始動した会社「グッドイートカンパニー」への参画を発表しました。 そんなニュースの裏で、社内でもちょっとした体制の変更がありました。それが新EM(エンジニアリング・マネージャー)の選任です。初代EMは取締役の衣川憲治(@k_kinukawa)が務めていましたが、EM体制を変更。“2代目EM”として、新たに西脇正志(@h2z)、志甫侑紀(@shihochan_jp)の2人が選ばれました。なぜ、カンカクはEM

                  スキ
                  18
                  • 楽天、マネフォ、BCG-DVなどを経てカンカクへ──経験豊富なPMが見つけた「ここでしかできない挑戦」

                    楽天、マネーフォワード、BCG Digital Ventures──さまざまなフェーズの組織でマーケティング、事業立ち上げの経験をし、2021年1月にカンカクに参画したのが森裕子さんです。 現在、森さんはプロダクトマネジャーとして、冷凍スムージーのD2Cブランド「WAKE(ウェイク)」(※サービスサイト移行に伴い休止中)や食のコミュニティ型EC「GOOD EAT CLUB」内で新ブランドの立ち上げを担当しています。 幅広い経験を積んできた彼女がなぜ、新たな挑戦の場としてカ

                    スキ
                    15
                    • 私のGOOD EATはこれだ!カンカクメンバーが厳選した「GOOD EAT CLUB」のオススメ商品

                      私たちカンカクは、カフェ・カンパニーが立ち上げ、NTTドコモが出資する形で始動した「グッドイートカンパニー」のプロダクト企画・開発にも参画しており、自社開発のサービス以外にも、食のコミュニティ型EC「GOOD EAT CLUB」の企画・開発にも関わっています。 GOOD EAT CLUBには、食を知り尽くしたフードセレクター「Tabebito」が選んだ日本各地の知られざるおいしさや、名店の名物料理など、ここでしか買えない「GOOD EAT」がたくさんあります。 カンカクの

                      スキ
                      4
                      • 「他社にはない経験ができ、成長もできる」デザイナー2人が語った、カンカクで働く魅力

                        「テクノロジーとクリエイティブの力で、新しいライフスタイルを創り出す。」ことをミッションに掲げるカンカクにおいて、重要な役割を担っているのがデザイナーです。カンカクは完全キャッシュレスカフェ「KITASANDO COFFEE」「TAILORED CAFE」を展開していることもあり、デザイナーはウェブサービスやスマホアプリのデザインといった枠を超え、リアル店舗のデザインやクリエイティブ制作なども手がけます。 「オンラインにとどまらず、オフラインのデザインにも関わることができる

                        スキ
                        23
                        • カフェエンジニアの育休体験記

                          こんにちは。カンカクのエンジニア 山下(@shoy75)です。初めての育児休業から復帰して丸3ヶ月が経ったので、少しだけキャリアをたどりつつ、私自身の育休体験をテーマに振り返ってみたいと思います。お付き合いいただけたらうれしいです。 大企業からスタートしてカフェエンジニアへ大学院卒業後は、アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズへ入社しました。5年ほどのあいだにECサイトの運用やプロジェクトマネジメントなどの経験を重ねて、スタートアップへ転職。 そこでのちにカンカク

                          スキ
                          26
                          • 大好きな食x福岡で “最高の体験” づくり──カンカクPMのワークアズライフな挑戦

                            カンカクでは現在、全社のリモートワーク率がおよそ90%となっています。 他社と同様にコロナ禍が後押しするかたちで、フルリモートでの組織づくり(※店舗スタッフは除く)が進んだ中、2021年11月には、福岡からフルリモートでメンバーがジョインしました。 今回は、フルリモート第1号社員で、PM(プロジェクトマネージャー)の竹内 優作にカンカクでのフルリモートワークの可能性についてインタビューしました。 福岡からフルリモート第1号でジョインしたPMーでは、簡単に自己紹介をお願いし

                            スキ
                            13
                            • フリーランス、就職を経てカンカクへ──複数のプロダクトに携わる、若手エンジニアの活躍

                              カンカクでは、若手メンバーが多く活躍しています。フロントエンドエンジニアとして働く、井上恵太(@KeitaBangkok)もそのひとりです。 彼は大学を休学し、東南アジアを拠点に独学でプログラミングを学び、フリーランスのウェブエンジニアとして働いていたキャリアを持つ人物。帰国してから、一度国内の企業に就職し、2021年4月にカンカクに入社しました。 さまざまな経験をしてきた井上のキャリアを紐解きながら、カンカク入社の経緯、フロントエンドエンジニアとして働く楽しさについて迫

                              スキ
                              25
                              • タスクを洗い出し、効率化の仕組みも設計する──カンカクのリアル店舗を“裏”から支えるPdMの存在

                                私たちカンカクの事業に欠かせないものが“リアル店舗”です。2019年8月に北参道にグランドオープンした完全キャッシュレスカフェ「KITASANDO COFFEE」を皮切りに、約2年弱で「TAILORED CAFE」も含めて合計5店舗を展開しています。 リアル店舗をオープンするにあたって、重要な役割を担っているのがPdM(プロダクトマネージャー)です。新店舗の開店に必要なタスクの洗い出しと管理、ディレクション、セキュリティ意識向上のための周知・徹底などを行っています。また、S

                                スキ
                                15
                                • 「今から一番面白いフェーズに入る」──1号社員から見た、カンカクの“これまで”と“これから”

                                  テクノロジーとクリエイティブの力で、新しいライフスタイルを創り出す──このミッションのもと、カンカクは完全キャッシュレスカフェ「KITASANDO COFFEE」「TAILORED CAFE」やスペシャルティコーヒーのサブスクリプション「TAILORED CAFE online store」、夜パフェのブランド「parfait✕parfait」、クラフトジンのブランド「HOLON」などを展開しています。 また、昨年からカフェ・カンパニーが立ち上げ、NTTドコモが出資する形で

                                  スキ
                                  29
                                  • 6台のiPadのために作ったデジタルメニューアプリの裏側

                                    こんにちは。カンカクの元Software Engineerの松館(@d_date) です。店舗にお越しいただいたみなさまはお気づきでしょうか? 以前紙だったメニューをiPadにリプレイスしました。各店舗に1台ずつ(執筆時点)配置しているので、計6台のために開発しました。 この記事では、テクノロジーとクリエイティブの力で、新しいライフスタイルを創り出すことを標榜するカンカクが、紙のメニューをわざわざリプレイスしたことについて、その裏側を書いてみたいと思います。 ステータス

                                    スキ
                                    13