考える人|新潮社
「荒海に小舟」の時代をどう生き抜くか(No. 961)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「荒海に小舟」の時代をどう生き抜くか(No. 961)

考える人|新潮社

考える人 メールマガジン
2022年5月12日号(No. 961)

『犬は歌わないけれど』&『平成のヒット曲』刊行記念対談
水野良樹×柴那典「ヒットは難しいけれど」

音楽ユニット「いきものがかり」の水野良樹さんが、コロナ禍の日常からメンバーの脱退、歌への想いを綴ったエッセイ集『犬は歌わないけれど』。音楽ジャーナリストの柴那典さんが平成30年間のヒット曲を分析した論考『平成のヒット曲』。両書の刊行を記念して、旧知の二人がヒット曲の条件からコロナ後の音楽までを語ります。

前篇

後篇

アクセスランキング

■1位 稲田俊輔「お客さん物語」
12.説教をしたがるお客さん(2)――人生初の出禁

■2位 稲田俊輔「お客さん物語」
11.説教したがるお客さん(1)――誰が為の説教か

■3位 五木寛之×中島岳志特別対談 親鸞思想の危うさをめぐって
ファシズムと宗教

最新記事一覧

■橋本陽介「ふしぎな中国語――日本語からその謎を解く」(5/2)
第21回 中国語の「一つの文」とは

中国語特有の「読点でつながった長い一文」に出くわしたとき、どのように訳せばよいのか? この流れる水のような「流水文」のヒミツに迫ります。

■稲田俊輔「お客さん物語」(5/3)
12.説教をしたがるお客さん(2)――人生初の出禁

他人の店でエラそうに説教する同業者、そして稲田さんはいかにして人生初の「出禁」を喰らうに至ったのか?

■南直哉「お坊さんらしく、ない。」(5/9)
十三、ゼロ思考――万事を休息せよ

GW明けに問う、休む覚悟。「万事を休息せよ」というその心は?

■白石正明「荒海に小舟の時代に」――東畑開人『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』書評(5/10)

「荒海に小舟。まさにこれが本書の基底的イメージである」――。東畑開人さんの『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』の書評を、医学書院の白石正明さんにご執筆いただきました。白石さんは東畑さんの『居るのはつらいよ』の担当編集者です。

■村井理子「村井さんちの生活」(5/11)
「お客さん」になった義母

息子さんたちが無事に高校入学、新学期のバタバタに義理のご両親の介護も同時進行。大わらわの日々でしたが、ふと気づくと認知症のお義母さんが随分と穏やかに――。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■考える人
https://kangaeruhito.jp/

■note
https://note.com/kangaerus

■Twitter
https://twitter.com/KangaeruS

■Facebook
https://www.facebook.com/Kangaeruhito/

Copyright (c) 2020 SHINCHOSHA All Rights Reserved.
発行 (株)新潮社 〒162-8711 東京都新宿区矢来町71
新潮社ホームページURL https://www.shinchosha.co.jp/

メールマガジンの登録・退会
https://www.shinchosha.co.jp/mailmag/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
考える人|新潮社

もしサポートしてくださったら、編集部のおやつ代として大切に使わせていただきます!

うれしいです!今後とも「考える人」をどうぞよろしくお願いいたします!
考える人|新潮社
「考える人」は、"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)を編集理念にした、新潮社のWebマガジン。 そんな「考える人」をより親しんでいただけるよう情報発信しています! https://kangaeruhito.jp