たまには深夜に集中するのもありですね  No.995
見出し画像

たまには深夜に集中するのもありですね  No.995


皆さん睡眠ってしっかりとれてますか?

私は基本的に朝は5時半起きなので、6時間の睡眠を確保するために11時半には寝たいのですが、なかなかその時間には寝られず、気が付けば12時を過ぎている事がほとんどです。

ですので、いつも睡眠不足な感じで、昼ご飯を食べた後は気が付けば15分程昼寝をしています。

ホント眠くなってどこでも寝るのですが、昼寝が出来ないと、午後からが集中できず仕事のペースがガクッと落ちてしまいます。


寝る習慣がなかった時はそれなりにやっていたので、これも習慣なのだと思いますが、昼寝をすると午後からのパフォーマンスが圧倒的に違うんですよね。

そんな感じで、普段から早寝早起きをしているので、あまり徹夜したり深夜遅くまで仕事をするのは得意ではありません。

普段から出来るだけ予定を明確にして、予定内に仕事が終わるように段取りをしています。


しかし先日納期が迫った課題があり、3日ほど睡眠を削って課題に取り組みました。

普段なら寝てしまうのですが、今回は指導員の方が一緒に付き合っていただけたので、朝方までやっていました。

普段一人なら絶対に寝てしまう時間ですが、誰かに付き合っていただけるという強制力は本当に強力ですね。

そんな話を都さんとしました。



久しぶりの深夜の取り組みでしたが、めちゃめちゃ集中できて課題がはかどりました。

いわゆるゾーンに入ってる感じですね。ほかに遮るものが無いので課題がかなり進みました。


今回はちょうど3連休中で、ディライトもあまり忙しくなく日中の仕事が立て込んでなかったので丁度良かったのもあります。

結局3日間の睡眠時間の合計が8時間だったのですが、その3日間は日中に昼寝を2回づつして、その合計が2時間15分でした。1日の睡眠時間が3時間ちょっとで住んでいる計算なので効率は良いのかもしれませんね。

深夜が活用できれば生産性は上がりますが、長く続くと結局どこかに睡眠不足のしわ寄せが行きます。1日3時間睡眠でOKとかの、ショートスリーパーの方ってホント羨ましいですね。

今回私も思ったのは毎日は出来ませんが、たまには夜に集中して取り組むのも良いかもしれないということです。


人によって集中できる時間は違い、明確に朝方の方や夜型の方もいらっしゃり、人によって自分が一番効率よくできる時間があると思います。

皆さんも自分がどんな状態なら一番集中できるか知っておくのは良いと思います。

更にこだわりその際に、どんな飲み物でどんな音楽でどんな状況ならさらに集中できるかを試しておくとゾーンに入りやすくなります。

私は外なら洋楽のBGMを聞きますが、自宅なら無音が一番集中できます。飲み物はブラックコーヒーが定番ですね。


ちなみに私は夜更かしのお供はモンスターエナジーM3です。

これ常用すると絶対にダメな奴だと思いますが、ここ一番で頑張りたいときには最高で、少量でお腹が張らずめちゃめちゃ目が覚めます。

最近500mlくらいあるエナジードリンクもありますが、なんか体に悪そうで谷亮に飲む気にはなりません。

その点、これは少量でよいので、眠気覚ましにおススメですよ。その分濃いのですが...



今日の一言
自分が一番効率よい時間を見つけて仕事に取り組む
成長するための実践行動
・自分が一番効率よく仕事に取り組める時間を知る
・飲み物やBGMなどいろいろなパターンを試してみる
・一番効率よくなる状態を再現できるようテンプレート化する

------------------------------------------------------
SNS YouTubeやってます。
下記リンクよりつながってください

Facebook 
Twitter 
YouTube 
株式会社井上感動マネジメントHP 

#井上感動マネジメント #二代目社長の伴走者 #経営理念クリエイター #ライフスタイル #ビジネス #あり方 #モンスターエナジー #ゾーンに入る #ショートスリーパー #効率の良い時間   #仕事時間

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
二代目社長の伴走者 井上 剛典

よろしければサポートお願いいたします。サポートいただいたお金は日々のビールやおつまみにありがたく使わせていただきます。間違っても募金箱や賽銭箱に入れませんのでご安心ください。

押してしまいましたね~(^^) 押しに行きますよ
実家の倒産・自分の会社の乗っ取りを経て「二代目社長の伴走者」として、経営者にとにかく寄り添うサポートを行っています。皆さんのQOL(=人生の質)が向上する情報を毎日配信中。コンサルとコワーキングスペースの運営の二足のわらじで皆さまが幸せになるお手伝いをします