読書術(時間分割)

寒い日が続くので、すっかり引きこもり生活。そんな時には読書が捗る。Kindleで電子書籍を読むようになってからは家だけでなく、ちょっとしたスキマ時間に読む機会が増えたように感じる。色んな読書術があるけれども、今日は自分が試していることを紹介したいと思う。

それは読書時間を細切れに分割するというもの。

一回の読書時間は30分にセットしてしまう。
人間の集中力は何時間も続かない。自分は30分くらいがひとつの区切りかなと感じている。なので、30分経ったら一旦終了。で、違う本に切り替える。
ビジネス関連の本を読んでいて、次は小説とかジャンルも全然違うものに。
やってみると分かるけれども、意外と違和感なく入り込めた。今は2冊を交代で読んでいる。
30分読み、他の本に替える。また30分読み、他の本に替える。これを繰り返すとと2時間くらいは集中して読み続けることが出来ている。

この読み方をはじめて良かったこと。
・集中力が続く
・スキマ時間を使いやすい
・読了後、すぐに次の本に入れる

反対によくないこと。
・小説なんかだと30分は短すぎる
・忙しない

まだ、やり始めたばかりなので、色々と試しながら改善していこうと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!
2
人生万事塞翁が馬。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。