考えていること

44

理系ライターという生き方

※この原稿はわたしが所属する理系ライター集団チーム・パスカルのメンバーによる「理系ライターという生き方」という本の一部として2017年に書いたものを2020年のわたしが加筆・修正したものです。「理系ライターの生き方」全文はチーム・パスカルのHPから読めます。

------------------------------------

 自分は他の人とは違う特別な人間なのではないか。そんな思いに取

もっとみる
嬉しい!
15

才能や能力を増やす、ただ唯一の方法

本日2つ目のnote。1日に2記事も書くなんて、初めてなのだけど、それくらい1つ目の記事を書いて出てきた結論がわたしの中で衝撃的だった。

才能や能力は自分のためだけに使っていると、ただただ消費されるばかりで、ゆっくりと枯渇する。でも人のために何の見返りも期待せずに使うと持続する。たぶん、それだけじゃなく、育ってパワーアップして増える。

今までやってきたことを振り返ってみると、仕事としてやってき

もっとみる
いいことありますように!
34

毎日夢をかなえていく

コロナ禍自粛期間、サナギ化していたわたしは、サナギの中でどろどろに溶けて再生して、地を這う青虫から蝶になったのでした。この大変化の過程は、マガジンをさかのぼって読んでもらえばわかるけれど。ともあれ、わたしの今年の夢は「文学界新人賞を受賞する」から「毎日心地よくご機嫌に暮らす」になったわけで。

青虫だったわたしから見れば、これはもう大いなる堕落である。人生なめてんの? そんなこと言ってて将来困って

もっとみる
。゚(゚´Д`゚)゚。ありがとうございます…!
27