考えていること

44

すごい人になりたいという呪いから解き放たれて名のない人として小さく生きていく

23歳の大学院生のときに初めて接客のバイトをした。それまでは家庭教師や塾講師しかしたことがなかった。イタリアン料理のお店でウェイトレスになった。「いらっしゃいませ」と発話するのも初めてで初日は緊張で倒れそうだった。お客さんはみんな、わたしが大学院生であることなど知らず、いち店員としてわたしに給仕された。1年で店がなくなってしまったけれど、とても楽しかった。

大学院の博士課程を修了して、小説家を本

もっとみる
嬉しい!
38

約束

今朝の未明に祖母が亡くなった。数日前にごはんを食べなくなったと聞いていた。もう95歳で、延命措置は望んでいないということだったので、食べなくなったらもうすぐなのだろうと思って覚悟していた。

覚悟していたのに、動揺して、仕事が手につかなくて、夫が起きてきてから、うまく話せなくて、元気を出して言わないと言えないような気がして全然違う話題を振って、そうしたら切り出しにくくなって、そういうぐるぐるをつづ

もっとみる
わたしも好き!
22

植物を育てるように物語をつむぐ

植物を育てようと思い立ったのは、自粛生活を満喫している友人と動画通信で話して触発されたから。彼女はレモンを収穫していた。次はバナナに挑戦するのだという。

過去に何度か育てたことはある。いつも忙しさに追われて放置してしまい、枯らして、苦い思い出で終わってしまう。でも、ずっと家にいる今ならできそうな気がする。それで、放置されていたプランタの土をかき回して前の植物の根を取り除き、引出しに眠っていたベビ

もっとみる
。゚(゚´Д`゚)゚。ありがとうございます…!
14

幸せを自給自足できるようになりたい

ベランダの天井にアシナガバチが巣を作り始めた。まだ女王バチ1匹だけで、ハチよりも小さな巣。人を積極的に襲うハチではないし、害虫を食べる益虫という面もあるのは重々承知しているけれど、洗濯物を干すたびにハチに怯えるのは困る。第一、君は、ここの家の家賃を払っていないではないか。間貸しするわけにはいかない。

調べてみると、冬眠明けの女王(女王だけが越冬するそうだ)は大人しいから殺虫剤でやっつけろと書いて

もっとみる
。゚(゚´Д`゚)゚。ありがとうございます…!
17