見出し画像

SNSが野球愛を加速させる【SNS上の野球女子#00】

野球観戦にハマった野球女子が、女性にとっての野球観戦をもっと楽しくアップデートする施策を勝手に考えるチーム、「日本やきう女子機構」通称 #NFB のチームマガジンです。実際に球場に足を運びながら各球団の野球観戦を研究し、もっとこうしたい!を発信していきます。Twitterアカウントはこちら 👉 @nfb_baseball

こんにちは。学生生活も残り半年となりせっせと旅行に勤しむ宮本です。

今回、日本やきう女子機構#NFBで記事を書くにあたって【SNS上の野球女子】というテーマを設けました。この記事では、そのテーマを設定するに至った経緯について書いています。

今までジャニーズタレントや作家、アーティストをいろいろ応援してきた私ですが、全部インターネットによって愛を深めてきたといっても過言ではありません。野球女子もきっと、SNS上で野球愛を深めているに違いない…!!

インターネットがファンの熱狂を加速させる

私が中学生(2012~2015)の頃、周りではアメーバブログ(以下アメブロ)が流行っていました。私もその波に乗りひっそりとブログを開始。内容は主に当時熱狂的に好きだった嵐の話でした。

アメブロにも、ツイッターでいうフォロー・フォロワーのような関係(アメンバー)があります。
寝ても覚めても嵐のことを考えていた私は、アメブロ上で次々と嵐ファン仲間を増やしていきました。

学校から帰宅したらまずコメントまわり。(挨拶まわり的なテンション)
同世代の嵐ファンのブログを読んで「わかる!!!!まじ昨日のMステのあの歌詞での松潤の横顔!!!やばかったよね!」「ぎゃーーー♡私もドラマ情報朝見つけて学校でずっとそのこと考えてた!!」など意気揚々と書き込みます。

そしてその高ぶった感情をエンジンに、自分のブログでもひたすら嵐のどの辺がかっこよかったのか面白かったのか、はたまたいかに自分は嵐のおかげで幸せに生きることができているかなど、14歳という若さで幸せを定義し嵐の素晴らしさを延々と語っていました。(これらのブログは数年前に黒歴史と認定され全て闇に葬られました)

※中2のとき撮影した勉強してなさそうな勉強机

なかには直接会うに至ったアメブロ上の友達もいます。
田舎で暮らしていた中学2年生にはあまりにも眩しく映る東京生まれ東京育ちの松潤ファンとは、一緒にコンサートに行くだけでなく松潤のライブ衣装の自作までしました。

嵐の看板広告があるわけでもないド田舎で、私が嵐を7年間好きでいられたのは、同じ好きという気持ちを共有する仲間とその気持ちを確認しあえる場所があったからだと思います。
間違いなくインターネットは私の嵐への愛を加速させた場所でした。

SNS世代ならではの野球の楽しみ方

嵐の話ばかりですみません、野球の話を!します!
もともと野球好きな両親や野球部所属の弟がいる家庭で育ちましたが、私がプロ野球をちゃんと見るようになったのはここ数年。

友人に「巨人の小林って大学同じじゃない?」と言われ「え、プロ野球選手輩出してるんだ」と見てみたのがきっかけでした。(しかもイケメン)(しかもネタ性に富みすぎている)(そしてイケメン)

好きになった理由がドドドドドミーハーなのもあり小林推しまっしぐらの時期を経て、今は巨人に限らず他の球団を観に行くことも多く、ここ最近はもっぱら巨人亀井と日ハム栗山監督(というか栗山監督の育てる日ハム)、ホークスのマスコットふうさんが気になって仕方ありません。

こまみさんが先日記事で公開されていたやきう女子の分類で言うとファン女子と母の間を行ったり来たりをしています。あとマスコット女子(?)

野球を観るようになって感じたのは、インターネット(特にSNS)には野球のいろんな楽しみ方が溢れているということです。

ツイッターでは野球専用アカウントで仲を深めたファンが現地で会う約束をしているのを見かけますし、現地に行けない人たちが中継を見ながらまるで現地で応援しているかのような熱狂ツイートをつぶやき続けます。

画が得意な野球ファンが選手同士のやり取りを描いてファンを悶絶させているなんてこともあります。

インスタグラムにはファームまで行って撮った選手の写真に溢れていて、自分流にユニフォームをアレンジし観戦を楽しんだ様子もたくさん。

そして野球ネタの宝庫、なんJ(2ちゃんねるの掲示板)。
なんJで生まれたネタは野球ファンの共通言語として野球ファンの結束力を高めてくれているような、いないような。とにかく野球を面白く楽しませてくれる場所の1つです。

SNSが野球愛を加速させる

これらは、どれもファンが野球への愛を深めていくきっかけになっていると思うのです。
SNSで自分の好きなことを発信できる今の時代の野球応援は、中継中のテレビを囲む昔の応援の仕方と少し違うはず。

そんな野球ファンのSNSの使い方を調べることは、今後私が野球はもちろん、その他の趣味においても「健全に楽しく推しを応援していく」上で大変参考になるに違いありません。間違いない。

ということで、しばらくこのテーマで書いてみることにしました。調べるというのは大げさで、私がSNSをやっていて思ったことをつらつら書くくらいのテンションでやりたいです。(じゃないと続かない)

それが私だけでなく誰かの野球応援ライフに役立てられたらこの上ない喜びですし、この蓄積がいつか新しい野球応援の在り方の提案に繋がればそれはもう願ったり叶ったりです。

ゆるゆる、でもがしがし頑張るぞ〜

1記事めは来週、「TL上にオリジナルの球場を作る」というテーマで、野球専用ツイッターアカウントをもつ野球女子が、快適な野球応援ライフを勝ち取る話をしたいと思っています。

NFBにはもっと野球愛に溢れていて野球を見る視点も面白いメンバーの方々がたくさんいます!是非チェックしてみてください~!!また一緒に観戦してくれる人もいたら是非DMで~~!!Twitterアカウントはこちら 👉 @nfb_baseball

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!また次の記事書くのも頑張れそうです!
16
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。